*

あなたの銀行口座は時代遅れになる。Your bank account: The next thing to go obsolete

公開日: : 最終更新日:2018/03/10 Tech, スタートアップ , , ,

CNNマネーに興味深い記事があったので、超訳してみました。

Your bank account: The next thing to go obsolete

http://money.cnn.com/2015/06/08/technology/abra-bank/index.html?sr=fbmoney0608bankaccount0400story

ついに、私たちは銀行と別れる時が来たのかもしれない。

銀行は地球上の全員のものではない。

世界の半分は口座すら持ってない。

地球上のほとんどの人は貧しく、近所に銀行なんかない。

新しいスタートアップ「Abra」は、実際の銀行を通さずに、銀行業務ができる。

電話の中に銀行があり、専用アプリを使って、出金、預金、送金をすることができる。

ATMも店舗も不要だ。

(このサービスは、銀行口座が必要なSimple、Venmo、PaypalChase Payとかのような最近のイノベーションとは違う。)

スクリーンショット 2015 06 10 0 09 40

銀行業務はテキストメッセージを送ると同じくらい簡単であるべきだとの思いで、このサービスは生まれた。

「こんなに世界はつながっているのに、電話で簡単に他人にお金を送れないことに、私はおかしいと思ってたんだ。」

Abraの創業者Bill Barhydtは語る。

彼はサンフランシスコのゴールドマンサックスのエンジニアだった。

「世界の5%から10%の確かな収入のある人間にとっては、伝統的な銀行業務は素晴らしいものだ。しかし、この惑星では、ほとんどの人間にとって銀行は無縁だ。」

Abraの仕組みを紹介しよう。

100ドル必要だとする。

まずAbraのアプリを開き、GPSを使って近くにいるテラーを探す。

テラーはコンビニエンスストアの店員と同じくらい誰でもできる仕事になる。

テラーはAbraのバックグランドチェックを受けているから安心だ。

(この仕組みはUberの仕組みに似ている)

テラーを見つけたら、どこかで落ち合い、双方ともQRコードをゲットし、取引を認証するためにスキャンする。

認証されたら、テラーはあなたに100ドル送る。

預金も同様、この逆だ。

テラーは、テラー自らが設定した手数料を得る。

(Abraは1.5%程度を推奨している)

Abraは取引額に対して0.25%の手数料を得る。

これがこの会社の唯一の収入だ。

Abraは現在ベータ版だが、数週間以内にアメリカとフィリピンでサービスを開始する予定で、すでに1万人のテラーがサインアップしている。

そして、来年には世界中でサービスを開始する予定だ。

創業者Barhydtは、Abraを利用する人に1つアドバイスを送る。

“Don’t lose your phone.”

Abraのサイト

https://www.goabra.com

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

43歳の素人プログラマーのオッサンがUnityでゲームを作ってみた(第3弾:ゾンビ系ゲーム「TERADA HAZARD」)

    中年の素人のオッサンがUnityという開発ツールを使って、

記事を読む

海外旅行中に便利だったアプリ

          せっかくなので、この間のインド旅行でよく使ったアプリを紹介します。     ホー

記事を読む

インドのスマホ Micromax

    この間のインド旅行で、ニューデリーで購入したスマホをご紹介します。     Micromax

記事を読む

no image

リーン・スタートアップ

私はベンチャー企業の成功物語が好きだ。 スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、本田宗一郎、ジェフ・ベ

記事を読む

ティム・クックの告白に思う

"Tim Cook 2009 cropped" by Tim_Cook_2009.jpg:

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 344234総閲覧数:
    • 142今日の閲覧数:
    • 203昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑