*

究極のパワハラバトルアクション映画『セッション』を観て

 

Xsession e1426366843644 jpg pagespeed ic JqGBcFvZ2o

 

 

パワハラって悪いイメージがある。

 

一方で、熱血指導と紙一重だという意見も分かる。

 

パワハラ肯定派がよく言うのが、

 

「この程度で挫折したら、それまでの人間だったにすぎないってこと。

 すごい人間は、これでも乗り越える」

 

というすごい理論をふりかざす。

 

僕のような甘ちゃんは、パワハラ指導には耐えれないし、多分すぐ訴えるだろう。

 

でも、待てよ。

 

今までの人生の中で思い起こす。

 

人間的には好きではないが、この人には敵わない、すごいって思える人のパワハラ率が高いのも事実。

 

偉大な人間を育てるには、パワハラも必要なのではないか。

偉大な事業を成し遂げるには、パワハラも必要なのではないか。

 

スポーツの熱血コーチしかり、

スティーブ・ジョブズしかり。。。

 

映画『セッション』を観て、そんなことを思った。

 

 

 

教師の熱血指導に、主人公は困惑し挫折するが、がんばって成長していく。

最後は、教師に感謝して、ハッピーエンド。

 

てな、ベタな話だろうと思ってはいけない。

ことごとく裏切られる。

 

 

それにしても、

音楽って、文字どおり読めば「音を楽しむ」ことなのだけど、ここでは、苦しいだけ。

音楽がこれほどまで苦しいものだとは。

 

 

これは、音楽映画ではない。

教師と生徒のバトルアクション映画だ。

冒頭から最後まで、スクリーンから放射される熱量が半端ない。

 

最後のコンサートシーンのバトルの壮絶さは、そんじょそこらのアクション映画を凌駕する。

 

一食抜いてでも見る価値あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

    生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。   ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパ

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

肩肘はらずにユルく生きてもいいじゃん 〜映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を観て

          どんなに趣味がない人間といえども、好きな曲の1曲は必ずあると思う。 好きな曲を何

記事を読む

少女は自転車に乗って

「少女は自転車に乗って」という映画を観た。 自転車を買うために奔走する女の子のお話。 それって、

記事を読む

天使の分け前

ケン・ローチ監督の最新作 「天使の分け前」を観ました。 ウイスキーは、樽熟成して味わいが

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 321991総閲覧数:
    • 139今日の閲覧数:
    • 154昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑