*

究極のパワハラバトルアクション映画『セッション』を観て

 

Xsession e1426366843644 jpg pagespeed ic JqGBcFvZ2o

 

 

パワハラって悪いイメージがある。

 

一方で、熱血指導と紙一重だという意見も分かる。

 

パワハラ肯定派がよく言うのが、

 

「この程度で挫折したら、それまでの人間だったにすぎないってこと。

 すごい人間は、これでも乗り越える」

 

というすごい理論をふりかざす。

 

僕のような甘ちゃんは、パワハラ指導には耐えれないし、多分すぐ訴えるだろう。

 

でも、待てよ。

 

今までの人生の中で思い起こす。

 

人間的には好きではないが、この人には敵わない、すごいって思える人のパワハラ率が高いのも事実。

 

偉大な人間を育てるには、パワハラも必要なのではないか。

偉大な事業を成し遂げるには、パワハラも必要なのではないか。

 

スポーツの熱血コーチしかり、

スティーブ・ジョブズしかり。。。

 

映画『セッション』を観て、そんなことを思った。

 

 

 

教師の熱血指導に、主人公は困惑し挫折するが、がんばって成長していく。

最後は、教師に感謝して、ハッピーエンド。

 

てな、ベタな話だろうと思ってはいけない。

ことごとく裏切られる。

 

 

それにしても、

音楽って、文字どおり読めば「音を楽しむ」ことなのだけど、ここでは、苦しいだけ。

音楽がこれほどまで苦しいものだとは。

 

 

これは、音楽映画ではない。

教師と生徒のバトルアクション映画だ。

冒頭から最後まで、スクリーンから放射される熱量が半端ない。

 

最後のコンサートシーンのバトルの壮絶さは、そんじょそこらのアクション映画を凌駕する。

 

一食抜いてでも見る価値あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ホビット 思いがけない冒険

ファンタジー映画は世の中にゴマンとあるけれど、 未だに「ロード・オブ・ザ・リング」を超える映画はない

記事を読む

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

no image

第9地区

いやー、すごい映画だった。 映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。 多少グロいシーン

記事を読む

ココ・シャネル

シルバーウィークは映画と読書三昧です。 昨日に続き、今日もシャネルの映画を観ました。 昨日はフラ

記事を読む

スラムドッグ$ミリオネア

ファイナル・アンサー! 日本では「みのもんた」でおなじみのクイズ番組を使って、リアル・インドを描い

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 342635総閲覧数:
    • 112今日の閲覧数:
    • 153昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑