*

映画『スティーブ・ジョブズ』にドラマを期待してはいけない。映画的表現・技巧・演技を楽しむ映画なのだから。

 Steve jobs movie

 

スティーブ・ジョブズ THE MOVIE を観た。

 

監督が「スラムドック・ミリオネア」のダニー・ボイルときくだけで、期待は高まる。

反面、どうやって、あの人生を描くのかめちゃくちゃ不安でもある。

 

だって、伝記映画って難しいと思う。

その人間の人生をたった2時間に収めるなんて、とても困難にちがいない。

 

そんな伝記映画には2つのパターンがあると思う。

一般的なのは、幼少から大人、成功し、そして死ぬまで

という時系列にする方法、

そして、過去と現代を行ったり来たりする方法。

 

果たして、「スティーブジョブズ」はどういう方法を使うのか、とても興味があった。

 

この映画は、私の期待を良い意味で裏切る、思いもしなかった新鮮な切り口を使っている。

 

ジョブズといえばプレゼン。

この映画は、ただそれだけに絞った。

幼少期からの成長やサクセスストーリーなんか全部ぶった斬った。

 

初代Mac、NEXT、iMac

その3つのプレゼン発表直前のわずか数十分の間に、ジョブズの人生を凝縮させたのだ。

 

登場人物も絞った。

ジョブズの娘リサ、スティーブ・ウォズニアック、ジョブズを辞任に追い込んだジョン・スカリー、マーケティング担当の女性ジョアンナ・ホフマン

をピックアップし、全員その数十分にぶち込んだ。

 

プレゼン発表前の慌ただしい所に、めくるめく登場人物が入れ替わり立ち替わりめまぐるしく展開していく。セリフの量・情報量も半端ないが、それを説明と感じさせない自然かつ巧妙なセリフ回し、たった数十分のプレゼンの舞台裏で、ジョブズの人生を凝縮して描くことに成功している。

すごい脚本だ。

さりげなく、iPod、iPhoneの登場を予感する箇所もあり、ニヤリとするところが随所にある。

 

ただ、注意して欲しいのが、大河ドラマのような普通の伝記映画を期待してたり、ワクワクするようなサクセスストーリーを期待してはいけない。ドラマを期待すると絶対に失望する。

 

この映画は、映画というより舞台に近い。

ジョブズの人生を制約のある限られた舞台という場所に凝縮し、それに違和感を感じさせない脚本の技量と、舞台劇のような俳優対俳優の白熱の演技を楽しむものである。

 

そして、長大な話をいかにコンパクトにエンターテインメントにまとめるかという映画学校、脚本家養成スクールの教科書になりえそうな映画といえよう。

 

 

しかし、しかし、 

このような映画ファンを唸らす匠な映画なのですが、

So What?

な感覚はいとめません。

 

映画的テクニック、演技力は凄いんだけど、熱量や魂というものを感じることができなかったです。

結局ジョブズを題材にして何を伝えたかったの?

と冷めた自分がいました。

 

昨年のアカデミー作品賞「バードマン」のように生粋の映画ファンが好きそうな技巧派な映画なんだけど、僕の中では印象に残らない。まだ3年前の映画「スティーブ・ジョブズ」の方が、単純なんだけど心には残る。

 

もっと監督の主張・解釈がゴリゴリきてもよかったと思うけど、まだ亡くなってそんなに経ってないし、生前のジョブズを知ってる人もたくさんいるし、世界中にカルトなファンがいるのだから、こういう形でスマートにまとめるしかできなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

スティーブ・ジョブズ

作家や批評家たち 予言者を自認するものよ 目を見開きたまえ 時代をよく見るんだ 早急な物言い

記事を読む

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

no image

おおかみこどもの雨と雪

話題のアニメ 「おおかみこどもの雨と雪」を見た。 私は映画にいちいち意味を求めるクセがあるけど、 こ

記事を読む

オーケストラ! (le concert )

映画ファンで良かった。と心から思える映画。 鑑賞後、こんなに幸せな気持ちになれたのは、 「スラム

記事を読む

桐島、部活やめるってよ

僕は映画が好きだ。 2時間の間、主人公に感情移入することで、 せちがない現実を忘れることができる

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343648総閲覧数:
    • 79今日の閲覧数:
    • 145昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑