*

アプリで簡単、オリジナル暗号通貨の作り方

 

先日のエントリー

「オリジナル暗号通貨 TATSUYAコイン を発行しました」

http://tatsuya1970.com/?p=6985

で、ビットコインのブロックチェーンを利用したオリジナル通貨を作ったと紹介しました。

 

 

では、実際にどうやって発行するのかをご紹介しましょう。

 

 

 

⒈  スマホアプリIndieSquareをダウンロード

 

まずは、

カウンターパーティのスマホアプリ

IndieSquareをダウンロード

 スクリーンショット 2016 02 11 12 11 19

 

https://wallet.indiesquare.me

 

 

ダウンロードしたら、IndieSquareを使える状態にします。



2.  手数料について

 

オリジナル通貨を発行するには、ビットコインとカウンターパーティ通貨建ての手数料がかかります。

 

発行手数料: ビットコイン 0.0005BTC

オリジナルの名前をつける手数料: カウンターパーティ通貨 0.5XCP

 

XCPはIndieSquareのアプリ内でビットコインと交換できます。

 

 

3. ビットコインを用意


発行するにはビットコインが必要なので、 IndieSquareへビットコインを送金します。

IndieSquareはビットコインアドレスを保有しています。

トップ画面の右上の「受取り」をタップ

スクリーンショット 2016 02 14 14 28 20

 

 

これが自分のビットコインアドレスです。

IMG 1448

 

 

自分が保有するビットコインをいくらか、このアドレスへ送付しましょう。

 

 

⒋ XCPに両替

 

下方の shapeshiftをタップするとビットコインとXCPの両替画面が現れます。

 IMG 1423

 

 

 

⒌ 発行


トップにもどり、トークン新規発行をタップします

 スクリーンショット 2016 02 14 15 11 41

 

 

 

 

以下の必要事項を入力します。

事例では、10000 TATSUYAを発行します。

コインの画像はスマホの写真から選べます。

 

IMG 1428

 

 

send をタップ

 

発行完了

 

IMG 1429

 

 

 

以上です。

 

 

オリジナル通貨を誰かに送るには、「送信」をクリックし、

先方のIndieSquareのビットコインアドレス宛へ送ります。

 

 スクリーンショット 2016 02 14 14 49 32

 

 

 

 送金できたかどうか履歴画面で確認できます。

 

IMG 1444  1

 

 

 以上です。

 

 

さあ、みなさんもオリジナル通貨をつくりましょう!

 

作った方は、ぜひ、私のアドレスへ送信してください!

1LqdgfFbAMP2NCfGdgjUTohQSsL1FPv3iL



ではでは




 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

日本初のスマホ専門証券「One Tap BUY」でフェイスブックの株を1万円ほど買ってみた。

          日本初のスマホ専業証券の「One Tap Buy」が6月1日から営業を開始しま

記事を読む

クリスマスプレゼントに株式はいかが?

  デイリーフィンテックというサイトに面白い記事があったので、はしょりまくりで超訳でご紹介します。

記事を読む

フィンテックについての戯言

  最近、フィンテックって言葉をよくきく。   今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌

記事を読む

ビットコインに挑戦(その1:財布を作ろう)

最近、ビットコインが話題です。 我が国では、ネガティブな報道が多く 胡散臭い、怪しい と思って

記事を読む

ビットコインが凄いことになってる。

  11月に入ってビットコインが凄いことになってる。 この3日間で40%近く上昇。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録メモ】「福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup」潜入レポート

  先日、このイベントに参加しました。     福岡 Machine

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売され

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

→もっと見る

    • 289290総閲覧数:
    • 24今日の閲覧数:
    • 198昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑