*

オリジナル暗号通貨 TATSUYAコインを発行しました。~Bitcoin2.0 誰もが通貨を発行できる世の中になってきた

 

すごいことをしてしまった。

 

冗談のように聞こえるかもしれませんが、さきほど、私は、自分のオリジナル暗号通貨を発行したのです。

 

これが、私のオリジナル暗号通貨

 

TATSUYAコイン

 

 Tatsuya coin

 

ださっ

 

他に思いつかなかったので、自分の名前そのままにしてしまいました。 

 

とりあえず、20,000 TATSUYAほど発行しました。

まだ1回も取引されていないので、値段はついてません。

 

お1人だけ 10 TATSUYAほど送金したので、現在世界で2名がこの通貨を保有してます。

以下の画像のように、誰がいくら保有してるかアプリで一目瞭然です。

19990TATSUYAは私が保有してます。

 

 

 アセット

 

 

これは、冗談でもなんでもなく、れっきとしたブロックチェーンに支えられている暗号通貨です。

 

ブロックチェーンを、通貨だけでなく他の用途にも応用することを目的とした技術・プロジェクトのことを総称してBitcoin2.0と呼ばれてます。

 

Bitcoin2.0の中には、ユーザ-が独自通貨を発行することを可能にするプロジェクトもあり、今回はカウンターパーティというプラットホームを使い通貨を発行しました。

カウンターパーティのスマホアプリ IndieSquare を使えばビットコインを持っていたらだれでも簡単にオリジナル通貨を発行することができます。

 

 

スクリーンショット 2016 02 11 12 11 19

 

https://wallet.indiesquare.me

 

作成方法はまた別のエントリーでご紹介しますね。

 

 

 

さて、カウンターパーティの特徴として、Proof of Burnシステムという技術が挙げられます。

暗号通貨を新しく作るために、1からブロックチェーンを構築するのは大変なので、すでにあるビットコインのブロックチェーンを利用して新しい通貨を作ります。

ビットコインを燃やし(Burn)、そのかわり新しい通貨を発行するという仕組みらしいです。(違ったらご指摘ください)

ビットコインを信用の基盤とした通貨、まさにビットコイン本位制といえるかもしれません。

 

というわけで、だれでも簡単に暗号通貨ができるのです。

 

 

これが一体何の役に立つのかは、具体的なイメージは湧きませんが、

ブロックチェーンの新たな可能性を感じます。

 

インターネットは、情報の壁をぶっ壊し世界中の人間をフラットにしつつあります。

ブロックチェーンは、国家が独占していた通貨というものを市民に取り戻そうとします。

 

通貨を個人が発行できる時代。

国家から個人へ主権が変わる時代。

 

そういった面白い時代になる予感がします。

 

 

 

PS.

 

TATSUYAコインがほしい人は、

IndieSquareのアカウントIDをTwitter@tatsuya1970またはFacebookでご連絡ください。

 

もちろん、無料ですよ。

将来、爆上げするかもしれませんので、今のうちにどうぞ。

 

 

ちなみに、私のIndieSquareのIDはこちらですので、オリジナル通貨作った方がおられましたら、気が向いたら送ってやってください。

1LqdgfFbAMP2NCfGdgjUTohQSsL1FPv3iL


 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

LINE Pay を開設してみた

    遅まきながら、LINE Payなるものをやってみました。   これは、LINE専用の

記事を読む

アプリで簡単、オリジナル暗号通貨の作り方

  先日のエントリー 「オリジナル暗号通貨 TATSUYAコイン を発行しました」 http://t

記事を読む

ビットコインとGPSを活用した宝探しアプリ「TAKARA」が素晴らしい

    面白いアプリを発見したので、ご紹介します。     TAKARA     https://i

記事を読む

深圳に行ってきた 2017.11(その4:深圳でみたIT関連ネタ(スマホ決済、シェアリングなど))

  2017年11月に深圳に行ってきました。   そのことについて、 このブログでシリーズでお送りし

記事を読む

ビットコインのデビットカードを利用してみた。

      わが国でもフィンテックブームによって、ビットコインが注目されています。 しかし、使える店

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 329131総閲覧数:
    • 7今日の閲覧数:
    • 283昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑