*

オリジナル暗号通貨 TATSUYAコインを発行しました。~Bitcoin2.0 誰もが通貨を発行できる世の中になってきた

 

すごいことをしてしまった。

 

冗談のように聞こえるかもしれませんが、さきほど、私は、自分のオリジナル暗号通貨を発行したのです。

 

これが、私のオリジナル暗号通貨

 

TATSUYAコイン

 

 Tatsuya coin

 

ださっ

 

他に思いつかなかったので、自分の名前そのままにしてしまいました。 

 

とりあえず、20,000 TATSUYAほど発行しました。

まだ1回も取引されていないので、値段はついてません。

 

お1人だけ 10 TATSUYAほど送金したので、現在世界で2名がこの通貨を保有してます。

以下の画像のように、誰がいくら保有してるかアプリで一目瞭然です。

19990TATSUYAは私が保有してます。

 

 

 アセット

 

 

これは、冗談でもなんでもなく、れっきとしたブロックチェーンに支えられている暗号通貨です。

 

ブロックチェーンを、通貨だけでなく他の用途にも応用することを目的とした技術・プロジェクトのことを総称してBitcoin2.0と呼ばれてます。

 

Bitcoin2.0の中には、ユーザ-が独自通貨を発行することを可能にするプロジェクトもあり、今回はカウンターパーティというプラットホームを使い通貨を発行しました。

カウンターパーティのスマホアプリ IndieSquare を使えばビットコインを持っていたらだれでも簡単にオリジナル通貨を発行することができます。

 

 

スクリーンショット 2016 02 11 12 11 19

 

https://wallet.indiesquare.me

 

作成方法はまた別のエントリーでご紹介しますね。

 

 

 

さて、カウンターパーティの特徴として、Proof of Burnシステムという技術が挙げられます。

暗号通貨を新しく作るために、1からブロックチェーンを構築するのは大変なので、すでにあるビットコインのブロックチェーンを利用して新しい通貨を作ります。

ビットコインを燃やし(Burn)、そのかわり新しい通貨を発行するという仕組みらしいです。(違ったらご指摘ください)

ビットコインを信用の基盤とした通貨、まさにビットコイン本位制といえるかもしれません。

 

というわけで、だれでも簡単に暗号通貨ができるのです。

 

 

これが一体何の役に立つのかは、具体的なイメージは湧きませんが、

ブロックチェーンの新たな可能性を感じます。

 

インターネットは、情報の壁をぶっ壊し世界中の人間をフラットにしつつあります。

ブロックチェーンは、国家が独占していた通貨というものを市民に取り戻そうとします。

 

通貨を個人が発行できる時代。

国家から個人へ主権が変わる時代。

 

そういった面白い時代になる予感がします。

 

 

 

PS.

 

TATSUYAコインがほしい人は、

IndieSquareのアカウントIDをTwitter@tatsuya1970またはFacebookでご連絡ください。

 

もちろん、無料ですよ。

将来、爆上げするかもしれませんので、今のうちにどうぞ。

 

 

ちなみに、私のIndieSquareのIDはこちらですので、オリジナル通貨作った方がおられましたら、気が向いたら送ってやってください。

1LqdgfFbAMP2NCfGdgjUTohQSsL1FPv3iL


 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

フィジカル・ビットコイン「悟コイン」をゲットしました。

    フィジカル・ビットコイン「悟(さとり)コイン」をゲットしました。   これは、三重県のベンチ

記事を読む

フィンテックについての戯言

  最近、フィンテックって言葉をよくきく。   今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌

記事を読む

ビットコイン騒動に思う

Bitcoin, bitcoin coin, physical bitcoin, bitcoin p

記事を読む

ビットコインのデビットカードを利用してみた。

      わが国でもフィンテックブームによって、ビットコインが注目されています。 しかし、使える店

記事を読む

ビットコインに挑戦(その3:取引所でビットコインを購入する)

    「ビットコインに挑戦」シリーズの最終回です。   「ビットコインに挑戦(その1:財布を作ろう

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ウォール街の超高速取引を描いた『フラッシュ・ボーイス』を読んで

  「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画が好きだ。 僕が小学生の頃に始ま

僕のブログを人工知能に学習させて、人工知能に文章を書いてもらおうと悪戦苦闘した記録

    ハリーポッター全巻を人工知能に学習させて、ハリーポッターの新作

携帯電話の利用料金 高額請求にビビる 〜1ヶ月の携帯電話利用料金が380万円!!

          11月に中国に行った時の携帯電話の利

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターか

『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない』を読んで

  昨年の年末に、この記事が炎上したのは記憶に新しい。     深セ

→もっと見る

    • 254407総閲覧数:
    • 134今日の閲覧数:
    • 230昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑