*

フィンテックについての戯言

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 フィンテック, 雑感 ,

 

最近、フィンテックって言葉をよくきく。

 

今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌でもフィンテックの大特集。

 

 12376018 893860053995863 2860969895659393782 n

 

てなわけで、今回はフィンテックのついて戯言を綴る。

(日経ビジネス、エコノミストの内容とはまったく関係ない)

 

さて、銀行は上から目線で、いかにIT企業を取り込むかを議論しているが、ここが大きな勘違いであり、逆に銀行はIT企業に取り込まれることを心配しなければいけないと思う。

 

「イノベーションのジレンマ」

にあるように、知らない間に、聞いたこともないような企業に突然オセロのようにひっくり返されるだろう。

 

ITをたんなる業務効率化、今ある業務の代替手段、IT企業はしょせんシステムの受託業者という古い考えでは、もはやフィンテックの流れについていけないだろう。

 

業務からシステムを開発するのではなく、最新のテクノロジーから、何ができるかを考えることが重要だと思う。

 

 

AI、ロボットから何かできないか?

ドローンって使えないかな?

ブロックチェーンを使って何かできないか?

APIを公開して、よりよいサービスを開発できないか?

……。

 

前例がないから他行の動向を見てから。。。

まずは金融庁にお伺いを。。。

 

今までどおり、政府から言われることを座して待ち、忠実に政府のいうことを遂行するだけでは、

「政府にお伺いしてたら時間が勿体無いので、とりあえずやってみるべ」

というIT企業に破壊的イノベーションで焼き尽くされるだろう。

 

 

銀行の役目はどうなるのだろう。

 

送金業務はビットコインや、LINEやFacebookのメッセージアプリでできるし、

決済はPaypalやスクエアなどにとってかわるだろう。

融資業務は、クラウドファンディングがある。

 

ネットによって証券業界のリテールが壊滅したように、

馬車業界が自動車業界に駆逐されたように、

本屋がアマゾンに、、、

CDがitunesに、、、

タクシー業界がUberに、、、

 

 

歴史は繰り返す。

 

おそらく、銀行の店舗のほとんどが不要となり、銀行は「IT企業が提供するサービスの事務をする会社」、「顧客データ、取引データの保管会社」という位置付けになると思う。

 

さらに、ブロックチェーン技術によって、国が通貨を発行する必要がなくなったとき、一体どんな社会が待っているのだろう。

 

インターネットが全世界の人間の格差を解消しつつあるように、今度は現金の呪縛から逃れることができるかもしれない。

 

 

 

マーク・ザッカーバーグは最近、自分の全財産のほとんど5兆円もの寄付をすると発表した。

自分の子供の未来のために。

 

この行動を、当然だ、クールだ、と共感できるか、

もったいない、と思うかで、どちら側の人間かわかると思う。

 

IT業界は、常に世界をよりよくするために、プロダクト、サービスを開発してきた。

儲けは二の次で、彼らは、世界に良いインパクト、サプライズを提供するために仕事をしてる。

そんな大きな使命を持った連中たちに、GREEDと称され、短期的利益に走る金融業界が対抗できるのだろうか?

 

 

我々は時代の転換期に生きている。

とてもおもしろい時代に生きている。

 

20年若ければと、よく思う。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

今更「クラウドファンディングって何?」って聞けない人のために、僕が利用したことのあるクラウドファンディングのご紹介

  ここ数年で急速に一般化したクラウドファンディングですが、たまに「クラウドファンディングって何?

記事を読む

no image

2011年を振り返って

今年もあと数時間を残すのみ。 Tatsuyaの今年を振り返るシリーズの最後に、重大ニュースで締めくく

記事を読む

三菱東京UFJ銀行のハッカソンに応募するも、戦わずして敗退する。

    最近、多忙で現実の時間にブログが追いついてないTatsuyaです。 多忙といっても、毎日が楽

記事を読む

no image

新入社員に送るアドバイス

4月最初の週末です。 新入社員の皆さんは緊張の連続からほっと一息ついているところでしょうか。 花見の

記事を読む

90年代最強のロックバンドのドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」を観て、ロックンロールについて思いつくままに書いた。

        1964年、ビートルズが「抱きしめたい」で初めて全米チャート1位となった。 それから

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355206総閲覧数:
    • 64今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑