*

ビットコインのデビットカードを利用してみた。

 

 

 

わが国でもフィンテックブームによって、ビットコインが注目されています。

しかし、使える店が少ないので、まだまだ、マニアの域を出ていないのが実態です。

 

 

そんな折、ビットコインのデビットカードがあると知り、早速作ってみました。

 

イギリスの E-coin というサイトで、世界中の誰でも作ることができます。(本人確認不要)

 

スクリーンショット 2016 06 11 20 34 50

 

費用は、郵送費こみで0.03BTCくらい(約1800円)

通貨は米ドル、ユーロ、ポンドの3種類

カードブランドはマスター

 

僕は米ドルのカードを注文。

英語サイトだけど、中学生程度の読解力があれば大丈夫。

注文方法はいたって簡単。

手数料支払方法は、日本ではなぜかPaypalは使えず、ビットコインを送金。

 

4月3日にサイトで注文し、届いたのは6月8日。

2ヶ月くらいかかるので、気長に待ちましょう。

 

 IMG 1857

 

IMG 1858

 

 

カードが届くと、早速、サイトにアクセス。

なお、e-coinは近々wirexというブランドに生まれ変わるので、wirexのカードが届きます。

 

IMG 1864

 

 

Verification(認証)、

ピンパッドの登録(ATMを使わない場合は不要)

 

これでデビットカードが使える状態になりました。

 

このままではお金がないので、まずはビットコインをデビットカードに送ります。

「View Address」を押すと、15分間(多分)だけ有効な入金用ビットコインアドレスが発行されるので、ここへビットコインを送金します。

 

スクリーンショット 2016 06 11 21 28 58

 

 

 

送金が完了するとメールに通知がある親切設計。

 スクリーンショット 2016 06 09 23 46 58

 

 

このままじゃ、まだカードにお金はありません。

チャージするには 

 

LOAD CARD

Enter Amount

 

で、デビットカードにUSドルを入金

スクリーンショット 2016 06 11 21 32 55

 

 

 

 

チャージ成功!

スクリーンショット 2016 06 10 0 02 09

 

 

 

 

さて、本当に使えるのでしょうか?

 

近所のコンビニに行って、ドキドキしながら、レジにデビットカードを差し出すと、店員さんも特に

変わった様子もなく、あっけなく、普通に使えました。

 

これが履歴。

為替レートは 1USドル 108.03円(為替手数料は1円50銭から2円程度っぽい)

スクリーンショット 2016 06 11 22 02 09

 

 

 

そして、セブンイレブンのATMから日本円で現金もおろせました。

ただし、現金引き出しの手数料は6ドルもするので、注意。

 

 

 

 

この仕組みはすごい。

いろいろなことが考えられます。

 

例えば、留学中の子供への仕送り。

銀行の外国送金手数料は最低2500円くらいする。

それなら、デビットカードに入金すればいい。

 

海外出張、海外旅行は、このカード1つでオーケー。

クレジットカードはスキミングが怖いし、所詮借金。

デビットカードにビットコインをチャージすればいい。

マスター加盟店ならどこでも使えるし。

 

 

 

 

アプリもあります。

アプリ名はWirex

残高、履歴の確認、チャージ、カードの発行が可能。

 

 IMG 1861

 

 

 Wirexは今後銀行を必要としない金融サービスを拡充するらしく、その動向に注目です。

 

 

 

日本国内では、今の所、便利さを感じないけど、こういう使い方もあるんだということで、 ビットコインのデビットカードに要チェックです。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Cryptocurrency(暗号通貨)関連のニュースを超訳してみました

最近話題のビットコインなどのCryptocurrency(暗号通貨)について、 アルジャジーラに興

記事を読む

ビットコイン騒動に思う

Bitcoin, bitcoin coin, physical bitcoin, bitcoin p

記事を読む

チュニジアが世界初の仮想通貨技術を用いた自国通貨を発行する世界初の国になるらしい

    なんと、チュニジアが自国通貨に仮想通貨の技術を採用するとネットで知り、真偽のほどをソースを辿

記事を読む

フィンテックについての戯言

  最近、フィンテックって言葉をよくきく。   今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌

記事を読む

ビットコインとGPSを活用した宝探しアプリ「TAKARA」が素晴らしい

    面白いアプリを発見したので、ご紹介します。     TAKARA     https://i

記事を読む

ad

Comment

  1. 田辺 より:

    ご相談があります。

    携帯を新しくしました。

    そうしたら、初期化されてしまってAuthenticatorのアプリでもう一度バーコードをスキャンか手入力をしないといけなくなりました。

    ですが、e-coinにログインできませんので、2要素認証ができないのですが、どうすればいいのか分かりますでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「Maker Faire 台北」に出展しました(その3:純ドメな48歳オッサンが英語でプレゼン)

  その2からの続き       僕は、40歳まで自分には英語なんて一

「Maker Faire 台北」に出展しました(その2:当日の様子、STEM教育)

  その1からの続き。     MakerFaireの朝が来た。  

「Maker Faire 台北」に出展しました(その1:前日まで)

      11月上旬の週末、Makerfaire台北に出展しました。

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

→もっと見る

    • 337752総閲覧数:
    • 367今日の閲覧数:
    • 270昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑