*

所要時間30秒でビットコインをはじめよう!

 

 

金融界ではフィンテックが流行ってるようです。

その中でも、仮想通貨ビットコインに使われている技術ブロックチェーンが最大の話題となっています。

 

てなわけで、つい最近までは胡散臭いと敬遠されていたビットコインもそろそろ一般人の間でも興味があるという人が増えてきてるようです。

実際、私も聞かれるようになりました。

みなさん、興味はあるけど、具体的に何から始めたらいいのか分からないようです。

そういった方のために、ビットコインの始め方をここのブログに示そうと思います。

 

 

 

まず、ビットコインを始めるにあたって、ウォレット(財布)を作る必要があります。

 

いろいろありますが、今回はなるべく簡単にできる方法ということで、スマホのアプリで財布を作ることにします。

セキュリティがしっかりしてると評判のこのアプリ

 

BreadWallet

(現在はiPhoneのみ、アンドロイド版は近日リリース予定)

 

 531687 50b6a49dbe52ebee37b0c2791b2bff56 medium jpg

 https://itunes.apple.com/jp/app/breadwallet-bitcoin-wallet/id885251393?mt=8

 

 

 

 

アプリをダウンロードしたら、言われるがまま進んでください

 

 

新規ウォレット

 IMG 1436

 

新規復元フレーズを作る

 IMG 1437

 

すると12個の単語が出てきます。

これを紙に書き留めて、どこか安全な場所に保管してください。

 IMG 1438

 

 

携帯をなくしてもこのフレーズがあれば復元できますし、

逆に誰かに知られると、ビットコインが盗まれますので、非常に重要なフレーズです。

ちなみに、私はこのスクリーンショットを撮ったあと、別のフレーズに替えてますので、ご心配なく。

 

 

さあ、これで、ビットコインのウォレットが完成しました。

30秒もかからなかったでしょう。

 

IMG 1439

 

 

 

この2次元バーコードの下にある長い英数字がビットコインアドレスです。

銀行の口座番号のようなものです。

他人から送金してもらうときは、この番号か2次元バーコードを教えてあげましょう。

 

 

さて、

今は財布を作っただけですので、ビットコインの残高はまだゼロ円です。

 

ビットコインを入手するには以下の方法があります。

 

⒈  取引所で円からビットコインに替える

⒉ 他人に送ってもらう。

 

 

一般的なのは、1番の「取引所での両替」ですが、また別のエントリーで述べます。

 

 

2番の「他人に送ってもらう」ですが、ビットコインアドレスか2次元バーコードを他人に知らせることで、銀行振込と同様にビットコインを送金することが可能です。

ビットコインアドレスは長くて人に教えるのは大変と思われるかもしれませんが、画面上のビットコインアドレスをタッチすると以下のスクリーンショットのようにコピーできますので、メールとかSNSにペーストして他人に知らせたらいいでしょう。

 

IMG 1441

 

 

 

最後に、ビットコイン持ってる知り合いがいないという方へ、

 

私の Twitter @tatsuya1970 (私の知人はFacebook、メール等で) あてに、「ビットコイン希望」というメッセージとともに、ビットコインアドレスか2次元バーコードの画像を送っていただければ、先着10名様に、10円相当のビットコイン(注)をお送りいたしますので、この機会にビットコインを持たれてはいかがでしょうか?

 

 

(注)ビットコイン10円相当額とは、厳密な数値ではなく、適当にこのくらいだろうと思ったレートで換算しますので、ご了承ください。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウド座談会 第26回「こんなに進

記事を読む

ブロックチェーンによって、近い将来、企業や国家が不要になる? ~ DAO(分散型自動化組織)に仮想通貨イーサリアムで出資してみた。

フィンテックが流行ってます。 つい最近まで詐欺のように思われていた仮想通貨がやっと市民権を得てきま

記事を読む

ビットコインとGPSを活用した宝探しアプリ「TAKARA」が素晴らしい

    面白いアプリを発見したので、ご紹介します。     TAKARA     https://i

記事を読む

チュニジアが世界初の仮想通貨技術を用いた自国通貨を発行する世界初の国になるらしい

    なんと、チュニジアが自国通貨に仮想通貨の技術を採用するとネットで知り、真偽のほどをソースを辿

記事を読む

フィンテックについての戯言

  最近、フィンテックって言葉をよくきく。   今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 328871総閲覧数:
    • 30今日の閲覧数:
    • 399昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑