*

フィジカル・ビットコイン「悟コイン」をゲットしました。

 

 

フィジカル・ビットコイン「悟(さとり)コイン」をゲットしました。

 

これは、三重県のベンチャー企業「来夢」によって6月1日から販売されるコインです。

このコインはビットコインをリアルにしたもので、1枚につき0.001BTC(約48円)の価値があります。

 

IMG 1801

 

 

 

以下、悟コインのWEBサイトより

https://satoricoin.jp/question.php

体験学習をコンセプトにした、ノベルティ・景品的な、僅か税込500円で購入できる、正真正銘のビットコインです。0.001btc分の価値が装備されています。ビットコインは、座学的に頭で学ぼうとするよりも、実際に「使った方が」はるかに理解がしやすい金融ツールです。しかしながら、ビットコインを入手するには取引所を通してしか実質手段がないのが現状です。入手したいビットコインが僅かであっても、取引所に身分証明書を提示したり、時間がかかったりと、煩わしさが生じます。その敷居の高さを極力低くしたのが悟コインです。ビットコインに興味はあるけど、なるべく簡単に、気軽に試してみたい方にはぴったりです。悟コインを入手したら、スマホにビットコイン用ウォレットをインストールして、価値を取り込み(スイープ)、お知り合いに送金して、ビットコインの凄さを実際に体験してみましょう!

 

 

来夢では、現在1万枚の悟コインを無料配布しています。

6月1日以降は500円で販売されます。

 

無料配布は5月31日までですので、興味ある方はこちらのサイトへ急げ!

https://satoricoin.jp/

 

 

50円分のビットコインが500円もするなんてと思うかもしれませんが、これはネタ商品ですので、真面目に考えても仕方ないです。

 

悟コインのWEBサイトで言ってるように、ノベルティとか景品に使ってみたら面白そうですよね。

 

 

 

 

ではでは。

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

『ビットコインはどのようにして動いているのか?』を読んで、ブロックチェーンの仕組みを大雑把にまとめてみた

最近「フィンテック」なる言葉をよく聞くようになりました。 金融(Finance)と技術(Techn

記事を読む

所要時間30秒でビットコインをはじめよう!

    金融界ではフィンテックが流行ってるようです。 その中でも、仮想通貨ビットコインに使われ

記事を読む

チュニジアが世界初の仮想通貨技術を用いた自国通貨を発行する世界初の国になるらしい

    なんと、チュニジアが自国通貨に仮想通貨の技術を採用するとネットで知り、真偽のほどをソースを辿

記事を読む

ビットコインのETF誕生まで秒読み段階

Bitcoin Wallpaper (2560x1600) / PerfectHue    

記事を読む

ビットコインのデビットカードを利用してみた。

      わが国でもフィンテックブームによって、ビットコインが注目されています。 しかし、使える店

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 500140総閲覧数:
    • 504今日の閲覧数:
    • 2457昨日の閲覧数:
    • 13現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑