*

サイバー国家BITNATIONのサイトでシリア難民へビットコインで寄付してみて、ビットコインの可能性を感じる

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 Bitcoin , , , ,

 

BITNATIONってところが、

シリア難民へ、ビットコインのデビットカードを配るというプロジェクトをしてるので、僕も寄付してみました。

12ユーロで1人にビットコインのデビットカードを配るという試みです。

 

BITNATIONの難民支援サイト

https://refugees.bitnation.co

 スクリーンショット 2015 09 27 22 37 48

 

 

とても素晴らしい。

 

こういうことこそ、ビットコインの本領が発揮できるものなんだと、ビットコインの未来を感じました。

 

着の身着のままで祖国を脱出してきた人にとって、安全は確保されたものの、その後の生活、とくに資金面にとても不安があるに違いありません。

とはいえ、移動中に多額の現金を持ち歩けないし、そもそも着の身着のままなので、お金を持っていません。

その点、ビットコインなら現金を持つ必要がありません。移動中にかさばらないし、盗難の心配はないし、多くの国で現地通貨と交換できます。

 

 

どうも、いまいち、何がいいのかよくわからないかもしれません。

私たちのように通貨が安定している国にいたら、実感がわかないでしょう。

 

では、想像してみましょう。

日本がシリアのような政権が支配し、たくさんの国民が虐殺される事態が起こったとします。

さあ、早く脱出しないと、いつかは自分も殺されます。

とはいえ、たくさんの現金を持って移動するのは困難です。

こんなとき、ビットコインならば、アカウントの番号さえあれば、どこでも引き出せます。

アカウント番号はすごく長いので覚えるのは大変ですが、なんとか語呂合わせで覚えましょう。

それが難しいなら、evernoteにでも保存しておけばいいでしょう。

そして、亡命先で、ビットコインを現地通貨に交換したらいい。

 

 

難民もそうですが、世界では銀行口座を保有していない成人が20億人もいます。

 

ビットコインなら、銀行はいらない。

 

インターネットという破壊的イノベーションが登場して、多くの業種がなくなりました。

同じく、ビットコインは銀行業の根幹をゆるがす破壊的イノベーションになりうるものだと思います。

 

しかし、日本では、いまだにビットコインは円天のような詐欺と同類というゴジップ記事が多いです。

そもそも、我が国でビットコイン関連のニュースはほとんど見られません。

海外のメディアでは、よくニュースになっているし、ベンチャー企業が盛り上がっています。

 

とはいえ今朝の日経新聞に1ページの特集が組まれていたことは、潮目が変わってきてる証拠かもしれません。

記事の中では、東京オリンピックが起爆剤になるかもとといってます。

 

確かにそうかもしれません。

普及するときには一気に普及するんでしょうね。

 

 

ビットコインのアカウントの作り方はこちらへ。

 「ビットコインに挑戦」

 http://tatsuya1970.com/?p=930

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ビットコインとGPSを活用した宝探しアプリ「TAKARA」が素晴らしい

    面白いアプリを発見したので、ご紹介します。     TAKARA     https://i

記事を読む

ビットコイン社長逮捕という誤った報道について

    昨日新聞をみて唖然としました。   ビットコイン社長逮捕           は?   × 

記事を読む

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウド座談会 第26回「こんなに進

記事を読む

ニュートンの復讐(ビットコインと南海バブルは今のところ同じ値動き。。。)

Mt.Goxが崩壊し、ビットコイン界隈が大混乱しています。 そんななか、大変興味深いチャートを見つ

記事を読む

ビットコインに挑戦(その3:取引所でビットコインを購入する)

    「ビットコインに挑戦」シリーズの最終回です。   「ビットコインに挑戦(その1:財布を作ろう

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

レッドハッカソンひろしま2018

      9月29日・30日に広島県・HMCN(Hiroshima

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

→もっと見る

    • 330128総閲覧数:
    • 88今日の閲覧数:
    • 245昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑