*

映画『家族を想うとき』を観て

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、

先進国と言われる国々の国内格差は広がったと言われる。

 

富むものは、より富を築き、

そうでない者は、貧困のスパイラルへと。

 

私は人並みの暮らしをしていて、ブラック企業などの実態、子供の貧困などを「大変だな」と思ってるけど、それは安全地帯から眺めているだけ。真に実感はない。

 

しかし、いつそれがどうなるか分からない。

 

人生100年、

死ぬまで働くライフシフト、

黒字でも40歳代以上は容赦無くリストラされる。

 

そんな時代。

 

49歳の私のような者が、仕事を失えば、

一気に転落する事は間違いない。

 

 

ブラック企業なんか辞めればいいじゃん。

生活保護受ければいいじゃん。

まだ消耗しているの?

若い頃勉強しなかったツケ・自業自得だろ。

 

と、いうようなことを

成功者と言われる人、インフルエンサーやその信奉者の意識高い系の人たちは簡単にいう。

 

成功している人たちは、もちろん努力はあるが、「たまたま」なケースも多いし、彼らのいうことは生存者バイアスだと思う。

 

家族のために、ブラック企業で働かざるをえない人たち、貧困に陥るギリギリのところで踏ん張っている人たちがたくさんいる。

 

そんな人たちに、安易なことは言えない。

 

 

 

 

 

ケン・ローチ監督の新作『家族を想うとき』を観た。

Thums fb

 

主人公は宅配業者、妻は訪問介護の仕事。

朝から晩まで働き、家族の時間がほとんど取れない。

子供は思春期で問題を起こすが、父親は仕事でそれどころでない。

家族の幸せのためにブラック宅配業で働いているのに、働けば働くほど家族はバラバラになっていく。

 

主人公の息子が「こんな社会どこかがおかしい」と言う。

 

そう、何かがおかしい。

 

 

 

 

ただ、もっとおかしいのが、日本かもしれない。

 

この映画の家族はブラック企業と言いながら、一応土日は休みだし、勤務時間はだいたい朝7時から夜9時までだ。

 

多くの日本人にとっては、普通の企業でも、これは珍しいことではない。むしろ当たり前。

 

ほとんどの日本人は世界的に見たら凄いブラック企業に勤めているけど、その自覚はあまりない。

 

日本は、ケンローチ監督の世界よりも酷いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

インセプション

デカプリオ、渡辺謙主演の 話題の映画「インセプション」観た。 いやー、ラストシーンがよかった。

記事を読む

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観て

  「理力」   僕がはじめてスターウォーズに触れたのは、小学生低学

記事を読む

映画「それでも夜は明ける」と現代の奴隷

黒人監督の作品として初のアカデミー作品賞をとった 「それでも夜は明ける」 を観ました。 よく分

記事を読む

ポール・ポッツの半生を描いた映画『ワンチャンス』から、才能を殺さないための大切なことを学ぶ。

        37歳でテレビのオーディション番組出演をキッカケにオペラ歌手デビューしたポー

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 828499総閲覧数:
    • 475今日の閲覧数:
    • 935昨日の閲覧数:
    • 5現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑