*

「いまを生きろ」と教えてくれたあなたへ

公開日: : 最終更新日:2014/08/13 映画感想文

 

 

 

僕の人生の中で、映画館で2回観た映画が2つある。

その1つが、ロビン・ウィリアムズ主演の『いまを生きる』(原題:DEAD POETS SOCIETY)

 

Dead poets society mid

 

 

ロビン・ウィリアムズ演ずるキーティング先生は、

僕に人生の素晴らしさを教えてくれた。

 

 

自由に発想すること、

世界を違った角度で見ること、

夢を持つこと

 

の素晴らしさを教えてくれた。

 

 

 

 

今日、とても悲しいニュースが飛び込んできた。

「いまを生きろ」と教えてくれた彼が、

自殺した。

 

 

 

ロビン・ウィリアムズは俳優であって、

キーティング先生ではないことは分かってる。

でも、この映画に、どれだけ励まされたことか、

どれだけ、生きる勇気を与えてもらったことか。

 

 

 

今は、ただ、ご冥福を祈るだけ。

 

あなたは、世界中の多くの人間に、人生の素晴らしさを教えてくれた。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

アルゴ

今日、今頃になってようやく、昨年公開の話題の映画『アルゴ』を観た。 全国では10月にロードショーされ

記事を読む

人間の感覚を失う恐怖〜「サウルの息子」を観て

              numb 発音nʌ'm   (形容詞)麻痺している、感覚を失った    

記事を読む

no image

トゥルー・グリット

コーエン兄弟の『トゥルー・グリット』観た。 コーエン兄弟の映画は バイオレンス・スリラーの「ノー・カ

記事を読む

レ・ミゼラブル

(注意)ネタバレあり 私たちは、いずれ死ぬ。 生まれた瞬間から死ぬために生きている。

記事を読む

ニッポンの嘘

私の住んでる広島という地では、幼少の頃から徹底的に平和教育を実施しており、私も原爆や平和に対する思い

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355203総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑