*

映画『ゲット・アウト』を観て

公開日: : 映画感想文 ,

 

Getout 2

 

 

先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。


ポスターから察するに、残酷拷問ホラー映画のように見える。

残酷な映画は好きじゃない僕は、当初アウトオブ眼中、ノーマークだった。

 

しかし、僕がフォローしてるTwitter民の間では絶賛されていた。

僕に嗜好が近い方達が絶賛するのならばと、恐る恐る観にいった。

 

 

 

 

で、

観終わって、

 

「いやー、やられた!」

 

って膝を打ちたくなったほど、

ほんと、よくできた話だった。

 

 

 

 

 

黒人の青年が、初めて白人のガールフレンドの実家に訪問するというストーリー。

典型的な白人の家庭。

その設定だけでも、何かが起こる悪い予感がする。

 

最初から、どこか何かがおかしい、何とも言えない違和感、不気味な雰囲気、不穏な空気が流れていく。

とはいえ、どことなくユーモアがあり、コメディな部分もあったりと、観客を窒息するほど息苦しくはさせない。

 

そして、最後の30分前くらいに、すべての謎が分かった時の「あっ」というアハ体験と、身も毛もよだつ恐怖感。

 

一応、ホラー映画に分類されるようだが、直接的なグロい描写はない。

1箇所だけ、グロい行為を連想させる場面はあるが、地上波でもカットされないレベルだと思う。

繰り返すが、ポスターを見る限りでは残酷ホラーのように見えるが、そんなことはない。

 

グロいシーンは無くとも、すごく怖い。

ホラー映画の怖さ、面白さって本当はこういうものなんだと思う。

 

そして、前半にうまく散りばめられた伏線や疑問点を、一気に後半30分くらいで回収する脚本の巧みさ。

 

豪華スター、超絶CGを使わなくても、脚本のうまさに、地味な設定でもこれだけ面白いものができる。

 

 

また、人種問題を扱った社会派映画という側面もあり、リベラルを気取ったオバマ支持者が、トランプ支持者に変わったのは、こういう人たちなんだろうなって、アメリカの闇の深さも伺える。

そっちの方が何倍も怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

白いリボン

2009年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。 うーん、なんというか。 ひとことでいうと、 「不穏

記事を読む

no image

愛、アムール

昨年のカンヌのパルムドール受賞作品、今年の米アカデミー賞外国語映画賞の 「愛、アムール」 を観ました

記事を読む

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。   黒人を毛嫌いしていたイタリア系

記事を読む

インセプション

デカプリオ、渡辺謙主演の 話題の映画「インセプション」観た。 いやー、ラストシーンがよかった。

記事を読む

ネコを探して

フランスのドキュメンタリー映画 予告編の「ネコかわいい」っとした雰囲気とは違い、ピリっと皮肉のきい

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

フィンランドのフードデリバリーWoltが広島にやってきた

    今日は初めて最近広島でサービス開始したフィンランドのフードデリ

SORACOMでお手軽電子工作 〜SORACOMと私〜

   2020年1月31日 「SORACOM ユーザーグループ広島」が

初めてのXRLT ~AR草刈り機で登壇したよ

    2020年2月のTsukuba Mini Maker Fair

広島のレモンの島のハッカソンからメイカーフェアに至るまで

  2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Tsuk

「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」に出展しました

    2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Ts

→もっと見る

    • 888946総閲覧数:
    • 164今日の閲覧数:
    • 789昨日の閲覧数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑