*

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。

(チャールズ・チャップリン)

 

 

 

少子高齢化。

日本の未来を考えると暗い話ばかり。

日本の人口が1億人を割ったらどういう世界が待っているのだろうか。

高齢者ばかりで、若者がいない社会というのは、どんな社会なのだろうか。

 

 

 

 

 

山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を観た。

 

Kt01

 

 

三世代同居の家族を軸に、暗くなりがちな高齢者社会の歪み(無縁社会、老老介護、高齢者運転など)を綾小路きみまろの漫談ばりに、高齢者をネタにしたコント炸裂の大爆笑の映画だ。

 

 

 

映画を、社会問題に光をあてる手段として使う人がいる。

芸術表現に昇華する人もいる。

ただの娯楽だという人もいる。

 

確かに、

わざわざ映画館に行ってまで、暗い・辛い思いをしたくないのは当然だ。

 

山田洋次監督は恐ろしい。

悲劇的なお話なんだけど、それを大爆笑の喜劇にしている。

 

無縁社会、高齢者、人の死を、不謹慎ギリギリのところで、笑いのネタにする。

それを、三世代が幸せに同居してるというファンタジー、専業主婦が普通に存在しているというファンタジー、そういった戦後日本が理想としていたファンタジーを軸に据えることで、現実世界から目を背けさせてくれる。

 

 

観客はおそらく50歳代以上の人ばかりだった。

きみまろの漫談のように、「高齢者あるある」って感じで、劇場は大爆笑に包まれていた。

日々の辛さを忘れさせてくれるかのようだ。

 

 

明日も人生を頑張ろうという生きる糧を与えてくれる。

映画には、そんな力があると、僕は信じてる。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

インセプション

デカプリオ、渡辺謙主演の 話題の映画「インセプション」観た。 いやー、ラストシーンがよかった。

記事を読む

サロンシネマに移転後初めて行きました

      おととい、サロンシネマに移転してから初めて行きました。   先日ブログでご紹介した『フラ

記事を読む

映画『チョコレートドーナツ』を観て、生きる価値について考えた

          資本主義の世の中で働いていると、 人間を優秀とかそうじゃないとか

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2016

   今年を振り返る自己満足企画第4弾。 今度は映画編です。 今年は14本

記事を読む

日本未公開の「ヒックとドラゴン2」をやっとDVDで観ました

    世界中で大ヒット、 ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション賞受賞、 アカデミー賞

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

深圳に行ってきた 2017.11(その3:工場、施設見学)

    中国の深圳に行ってきました。   2017年11月10日(金)

深圳に行ってきた 2017.11(その2: Maker Faire 深圳とJapanese Meetup)

  先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   2017年

深圳に行ってきた 2017.11(その1:プロローグ)

    先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   201

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その2:BMI計算アプリを作ろう)

    前回のハンズオン(その1)では、Hello World を

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その1:Hello Worldを表示し、それを自分のiPhoneで実行)

    「【初心者用ハンズオン】iPhoneアプリを作ろう!」 htt

→もっと見る

    • 242329総閲覧数:
    • 39今日の閲覧数:
    • 148昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑