*

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。

(チャールズ・チャップリン)

 

 

 

少子高齢化。

日本の未来を考えると暗い話ばかり。

日本の人口が1億人を割ったらどういう世界が待っているのだろうか。

高齢者ばかりで、若者がいない社会というのは、どんな社会なのだろうか。

 

 

 

 

 

山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を観た。

 

Kt01

 

 

三世代同居の家族を軸に、暗くなりがちな高齢者社会の歪み(無縁社会、老老介護、高齢者運転など)を綾小路きみまろの漫談ばりに、高齢者をネタにしたコント炸裂の大爆笑の映画だ。

 

 

 

映画を、社会問題に光をあてる手段として使う人がいる。

芸術表現に昇華する人もいる。

ただの娯楽だという人もいる。

 

確かに、

わざわざ映画館に行ってまで、暗い・辛い思いをしたくないのは当然だ。

 

山田洋次監督は恐ろしい。

悲劇的なお話なんだけど、それを大爆笑の喜劇にしている。

 

無縁社会、高齢者、人の死を、不謹慎ギリギリのところで、笑いのネタにする。

それを、三世代が幸せに同居してるというファンタジー、専業主婦が普通に存在しているというファンタジー、そういった戦後日本が理想としていたファンタジーを軸に据えることで、現実世界から目を背けさせてくれる。

 

 

観客はおそらく50歳代以上の人ばかりだった。

きみまろの漫談のように、「高齢者あるある」って感じで、劇場は大爆笑に包まれていた。

日々の辛さを忘れさせてくれるかのようだ。

 

 

明日も人生を頑張ろうという生きる糧を与えてくれる。

映画には、そんな力があると、僕は信じてる。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『沈黙‐サイレンス‐』を自分を含めた全てのダメ人間とプライドに囚われた全ての人間に捧げる。

      ネタバレあり     昨日、居酒屋で隣のカップルがこんな会話をしていた。 「外国人と日本

記事を読む

映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のディカプリオの迫真の演技に人生にサバイブすることを教わる

          レオナルド・ディカプリオが初めてオスカーをとった話題の映画「レヴェナン

記事を読む

ポール・ポッツの半生を描いた映画『ワンチャンス』から、才能を殺さないための大切なことを学ぶ。

        37歳でテレビのオーディション番組出演をキッカケにオペラ歌手デビューしたポー

記事を読む

闇の列車、光の旅

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。 どうすること

記事を読む

no image

スティーブ・ジョブズ(映画)

スティーブ・ジョブズ THE MOVIE を観ました。 学生時代に始まり、ウォズとガレージでアップ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「つくるけぇ!」に出展しました

  10月8日に、東広島市の道の駅「湖畔の里 福富」で開催された「つく

『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』を読んで

    「測ることができるすべてのものを測れ。測ることができないもの

レッドハッカソンひろしま2017

        ※本ブログに掲載の写真は #レッドハッカソン で投稿

カープ優勝、おめでとう

  9月18日 2年連続8度目の優勝!   37年ぶりの連覇!

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。  

→もっと見る

    • 230416総閲覧数:
    • 26今日の閲覧数:
    • 168昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑