*

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。

(チャールズ・チャップリン)

 

 

 

少子高齢化。

日本の未来を考えると暗い話ばかり。

日本の人口が1億人を割ったらどういう世界が待っているのだろうか。

高齢者ばかりで、若者がいない社会というのは、どんな社会なのだろうか。

 

 

 

 

 

山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を観た。

 

Kt01

 

 

三世代同居の家族を軸に、暗くなりがちな高齢者社会の歪み(無縁社会、老老介護、高齢者運転など)を綾小路きみまろの漫談ばりに、高齢者をネタにしたコント炸裂の大爆笑の映画だ。

 

 

 

映画を、社会問題に光をあてる手段として使う人がいる。

芸術表現に昇華する人もいる。

ただの娯楽だという人もいる。

 

確かに、

わざわざ映画館に行ってまで、暗い・辛い思いをしたくないのは当然だ。

 

山田洋次監督は恐ろしい。

悲劇的なお話なんだけど、それを大爆笑の喜劇にしている。

 

無縁社会、高齢者、人の死を、不謹慎ギリギリのところで、笑いのネタにする。

それを、三世代が幸せに同居してるというファンタジー、専業主婦が普通に存在しているというファンタジー、そういった戦後日本が理想としていたファンタジーを軸に据えることで、現実世界から目を背けさせてくれる。

 

 

観客はおそらく50歳代以上の人ばかりだった。

きみまろの漫談のように、「高齢者あるある」って感じで、劇場は大爆笑に包まれていた。

日々の辛さを忘れさせてくれるかのようだ。

 

 

明日も人生を頑張ろうという生きる糧を与えてくれる。

映画には、そんな力があると、僕は信じてる。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaのベスト映画2015

    今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。   今年はたったの10本しか劇場で観

記事を読む

映画『ゲット・アウト』を観て

      先週、『ゲット・アウト』という映画を観た。 ポスターから察するに、残酷拷問ホラー映画

記事を読む

映画「それでも夜は明ける」と現代の奴隷

黒人監督の作品として初のアカデミー作品賞をとった 「それでも夜は明ける」 を観ました。 よく分

記事を読む

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

    生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。   ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパ

記事を読む

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【平成30年7月豪雨】坂町にボランティアに行ってきました。

        8月14日、広島県の坂町で災害ボランティアをしました。

「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

8月4日、5日 昨年に続き、今年も東京ビッグサイトで開催された「Ma

【Raspberry Pi 備忘録】ラズベリーパイのSSH接続時のエラー「POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! 」「REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! 」

Mac のターミナルからラズベリーパイにSSH接続をしようとすると、

【平成30年7月豪雨】江田島にボランティアに行ってきました。

      この度の集中豪雨(平成30年7月豪雨)で私の住む広島県は多

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

→もっと見る

    • 313215総閲覧数:
    • 87今日の閲覧数:
    • 174昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑