*

『家族はつらいよ2』を観て、高齢化社会を笑い飛ばせ

公開日: : 映画感想文 ,

 

 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。

(チャールズ・チャップリン)

 

 

 

少子高齢化。

日本の未来を考えると暗い話ばかり。

日本の人口が1億人を割ったらどういう世界が待っているのだろうか。

高齢者ばかりで、若者がいない社会というのは、どんな社会なのだろうか。

 

 

 

 

 

山田洋次監督の「家族はつらいよ2」を観た。

 

Kt01

 

 

三世代同居の家族を軸に、暗くなりがちな高齢者社会の歪み(無縁社会、老老介護、高齢者運転など)を綾小路きみまろの漫談ばりに、高齢者をネタにしたコント炸裂の大爆笑の映画だ。

 

 

 

映画を、社会問題に光をあてる手段として使う人がいる。

芸術表現に昇華する人もいる。

ただの娯楽だという人もいる。

 

確かに、

わざわざ映画館に行ってまで、暗い・辛い思いをしたくないのは当然だ。

 

山田洋次監督は恐ろしい。

悲劇的なお話なんだけど、それを大爆笑の喜劇にしている。

 

無縁社会、高齢者、人の死を、不謹慎ギリギリのところで、笑いのネタにする。

それを、三世代が幸せに同居してるというファンタジー、専業主婦が普通に存在しているというファンタジー、そういった戦後日本が理想としていたファンタジーを軸に据えることで、現実世界から目を背けさせてくれる。

 

 

観客はおそらく50歳代以上の人ばかりだった。

きみまろの漫談のように、「高齢者あるある」って感じで、劇場は大爆笑に包まれていた。

日々の辛さを忘れさせてくれるかのようだ。

 

 

明日も人生を頑張ろうという生きる糧を与えてくれる。

映画には、そんな力があると、僕は信じてる。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『百円の恋』を観て思う。負けたのは戦ったから。

    終わったのは始まったから 負けたのは戦ってたから 別れたのは出会えたから   ~クリープ

記事を読む

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売された。 価格は2万円代、もはやV

記事を読む

no image

ワールド・オブ・ライズ

レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ そしてリドリー・スコット監督といえば、もう観るしかない。

記事を読む

no image

歩いても歩いても

世間は盆休みモードで、田舎に帰省している人も多いことでしょう。 盆休みの雰囲気を感じる中、 ふと、以

記事を読む

風立ちぬ

先日引退を表明された宮崎駿監督の 『風立ちぬ』を観ました。 素晴らしい。 心が優しくな

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

    IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試して

2週間後にVJをやらざるを得なくなった時に読むブログ(TouchDesignerでVJに挑戦)

  たった2週間でVJだと。 VJ舐めんな。 Touch Design

NT(なんか作ってみた)と MG(迷ったらゴー)で、 走りながら学ぶ

    2月23日「オープンセミナー広島2019」での私の登壇内容をブ

「オープンセミナー広島2019」で登壇しました。

    2月23日(土)に「オープンセミナー広島2019」で登壇しまし

映画『ファースト・マン』観たけど、観てない。

          『ファースト・マン』観た。     すごく良い映画

→もっと見る

    • 394447総閲覧数:
    • 178今日の閲覧数:
    • 1260昨日の閲覧数:
    • 5現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑