*

「ディスコ プログラミングコンテスト@広島」潜入レポート

 

 

2017年7月8日

「ディスコ プログラミングコンテスト@広島」に参加して来ました。

 

ディスコ?

ウェーイ!

 Disco

 

じゃなくて、

 

ディスコは、広島県呉市創業の半導体製造装置メーカーです。

 

ホームページ

https://www.disco.co.jp/jp/

 

IMG 5001

 

 

 

今回のプログラミングコンテストについては、こちら

https://www.disco.co.jp/procon/index.html

 

 IMG 5004

 

 

 

なんと、1等は20万円で、推薦者にも2万円がもらえます。

 

おそらく、ディスコさんの狙いは、

IoT時代、優秀なエンジニアにディスコという会社をアピールする目的なんでしょうね。

 

あと、僕の想像では、

推薦者にも賞金が出ると言うことは、

「毎日毎日、家事もせず、家族サービスもせずに、パソコンばかりやってるくらいなら、たまにはそれを家族に役立たせなさいよ!」

と、奥様から通報させることで、普段、公の場に出たがらないプログラマーを発掘したいという目的もあるんでしょうね。

 

 

 

そういう私は、趣味でやってるなんちゃってプログラマーなので、絶対に優勝なんか無理ですが、今はIT系のイベントなんかを企画する部署にいるので、参考にしようかと思って、潜入した次第です。

 

でも、会場は山奥です。公共交通機関はありません。

一番近い駅からでもタクシーで30分はかかります。

本当に人が集まるのでしょうか?

  

 

と、人ごとながら心配しましたが、

なんと、50人近くのプログラミングの腕自慢が集まって来ました。

 

パッと見、皆、凄腕のプログラマーって感じのギークだらけでした。

 

Computer hacker white syuudan

 

会場はこんな感じ。

IMG 5010

 

 

お菓子・パン・おにぎりなどの軽食、飲み物は食べ放題❤️

19748491 1360922420622955 5026370400253224141 n 2

 

 

 

 

 

それでは、簡単にルールを説明します。

 

制限時間 2時間。

問題数 5問。

回答とソースコードをその場でメール。

一番得点が大きい者が優勝。

同点の場合は、早く正解した方が上位。

言語はC、C++、Java、VBAのいずれか。

単独でコンパイルできること。標準ライブラリ以外使用不可。アルゴリズムを使って問題を解くこと。WEB、書籍の閲覧は可。

 

 

僕は、15年前にJavaでゲームを作ったことはありますが、それ以来やってないです。

個人的に今からのIoT時代はC言語かPythonだと思ってるので、C言語でチャレンジすることにしました。

で、コンテスト1週間前からドットインストールというインターネット講座で突貫工事でお勉強しました。


http://dotinstall.com/

2017 07 09 22 33 31


 

C言語は、とてもシンプルな言語なのですが、文字列の考え方とかポインタとかが他の言語と違って独特です。(っていうかこちらが先なんだけど)

 

 

 

さて、コンテスト開始!

 

と同時に、会場中、すごく早いタイピングの音が響き渡ります。

なんか、すごい場所に来たんだと実感します。

圧倒されました。

 PAK145152501 TP V

 

 

 

 

ちなみに、こんな感じの問題が出ました。

(これだけでは何のこっちゃでしょうが)


Q1:次の言葉が格納されている配列の番号は?

Q2:次の語群でしりとりをしてください。

Q3:次の迷路の最適なコースは?

Q4:一番囲んでいる面積が大きい壁の数は?

Q5:次のパズルの空欄を埋めるのに必要なピース数は?

 

 

で、私は1問目を必死で45分で解きましたが、

2問目でつまづいたまま、タイムアップ!

 

 

惨敗です。

 

 

 

採点の間は、約1時間の工場見学。

 

工場はすごく清潔で、整然とされていました。

社員の方から1つ1つ丁寧な説明を受け、その中でも皆が一番注目してたのが、ロボット。

顧客からの注文に応じて何百もある部品から必要な部品を集めることをルンバみたいなロボットが縦横無尽に動いて黙々とやっていました。

さながらYouTubeで見たアマゾンの倉庫みたいな風景に戦慄を覚えました。

スマート工場って、本やネットで頭でっかちな知識はありますが、百聞は一見にしかず。

スマートものづくりの一端を垣間見れて有意義なひと時でした。


 IMG 4999

 

 

 

 

 

工場見学が終わり、結果発表。

 

1位から3位まで皆全問正解でした。

と言うことは、タイムで決まります。

 

 

なんと1位の人は、わずか50分で全問正解。

 

一体、この人たちの頭の構造はどうなってるんだろう。

 

こういう人たちに、ビジネス感覚を身につけさせたら、凄いことになるんでしょうね。

(すでにビジネスやってる人かもしれないけど)

 

将来ITを使った起業を考えてますって自信満々な人で、プログラミングができませんっていう人が意外に多いと聞きます。

まるで、

「バンドメンバー募集! 俺ボーカル!」

って感じらしいです。

 

プログラミングコンテストに参加する人たちは、失礼を承知で言うと、非リア充、コミュ障な感じの人が多く見られます。

綺麗なプレゼン能力、口だけ達者なリア充な自称イノベーターにいいところを全部持っていかれないように、プログラミングコンテストで優績をおさめるようなギークたちに光が当たってほしいと思います。

世界を席巻してるIT企業のトップはみんな元ギークばかりです。

 

 

 

個人的に、今回は、見事惨敗でした。

なめていました。

 

初めてのプログラミング言語だったからと言うことを言い訳にしておきます。

問題の感じはつかめたので、次回はリベンジしたいと思います。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

【iPhoneアプリ開発備忘録】Unityで作ったアプリにiAdを実装する方法

        UnityにiAdを実装する方法を 何回やっても毎回忘れるので、自分用に備

記事を読む

【iPhoneアプリ開発備忘録】 Xcode6 Validate時のエラー「iTunes Store operation failed. No suitable application records were found.」

    アプリが完成、あとはアップルに申請するだけ。   しかし、これからがいつも簡単には終わりませ

記事を読む

【Ruby on Rails 備忘録】Errno::ECONNREFUSED: Connection refused – connect(2) for action mailer の解決方法

      Ruby on Railsで WEBサービスを作成中。   コメントがあったら

記事を読む

【GitHub初心者用備忘録】最低限知っておくべきコマンド

    たまに、クラウドソーシングで外国人に仕事を頼むときにGitHubを使うのですが、いつもよく

記事を読む

素人のオッサンが作ったiPhoneアプリのコードを公開するシリーズ第1弾「Mind-Reading」

  私は今まで4作のアプリをApp Storeで公開しています。 https://

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

中国のITサービスを体験してみた(その1:スマホ決済 WeChat Pay)

     お盆休みに中国の深センに旅行してきました。 そのついでに、最

「Makers Faire 東京 2017」に参加しました

        2017年8月5日・6日と東京ビッグサイトで開催され

選択するのが面倒な現代人へ 〜僕のチャットボットとアプリを紹介

        消費者は買い物をするとき、選ぶのが面倒だと感じている

とびしま海道をブラタツヤ

  タツヤがブラブラするからブラタツヤ。  (某国営テレビの番組とは関

広島にビットコインが使えるラーメン屋さんがあった

    2017年7月14日の中国新聞にこんな記事があった。    

→もっと見る

    • 215249総閲覧数:
    • 179今日の閲覧数:
    • 278昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑