*

【Python 備忘録】pycURLのインストールができない場合の解決方法

 

ここに記載の事例は、あくまで私個人の備忘録です。

私個人の環境での話ですので、これが本当に正しいかは自信がありませんので、自己責任でお願いします。

 

 

 

私の環境

Python 2.7.9

raspbian 8.0

 

 

 

この本を読みながら、ラズパイを勉強中。

 

 

この中の

3-2「水温センサーを使って水温を測定」

温度センサーの情報をLINEにプッシュ通知することに挑戦中

 

 

PythonからLINEのAPIを叩くため、

pycURLというライブラリをインストールする必要があり、

 

$ sudo pip install pycurl

 

とすると、

以下のエラーが

 

Downloading/unpacking pycurl

Downloading pycurl-7.43.0.tar.gz (182kB): 182kB downloaded

Running setup.py (path:/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py) egg_info for package pycurl

Traceback (most recent call last):

File “<string>”, line 17, in <module>

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 823, in <module>

ext = get_extension(sys.argv, split_extension_source=split_extension_source)

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 497, in get_extension

ext_config = ExtensionConfiguration(argv)

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 71, in __init__

self.configure()

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 107, in configure_unix

raise ConfigurationError(msg)

__main__.ConfigurationError: Could not run curl-config: [Errno 2] No such file or directory

Complete output from command python setup.py egg_info:

Traceback (most recent call last):

File “<string>”, line 17, in <module>

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 823, in <module>

ext = get_extension(sys.argv, split_extension_source=split_extension_source)

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 497, in get_extension

ext_config = ExtensionConfiguration(argv)

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 71, in __init__

self.configure()

File “/tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl/setup.py”, line 107, in configure_unix

raise ConfigurationError(msg)

__main__.ConfigurationError: Could not run curl-config: [Errno 2] No such file or directory

 

—————————————-

Cleaning up…

Command python setup.py egg_info failed with error code 1 in /tmp/pip-build-hvlFb7/pycurl

Storing debug log for failure in /root/.pip/pip.log

 

 

 

ググって出てきたスタックオーバーフローによると、

https://stackoverflow.com/questions/23937933/could-not-run-curl-config-errno-2-no-such-file-or-directory-when-installing


 

以下のコマンドで解決しました。(理由は分かりません)


$ sudo apt-get install libssl-dev libcurl4-openssl-dev python-dev

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

「伊那市LoRaWANハッカソン」に参戦!

  ※ 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉の使い方がおかしいところが多々ある

記事を読む

【GitHub初心者用備忘録】最低限知っておくべきコマンド

    たまに、クラウドソーシングで外国人に仕事を頼むときにGitHubを使うのですが、いつ

記事を読む

「Google AIY Voice KIT」で、スマートスピーカーを作ってみた(その1)

  Google Home、Amazonアレクサ、LINEクローバとか、スマートスピーカーが、そろそ

記事を読む

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」ばかりで実行力のないTatsu

記事を読む

MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる

もう何十年も前からのことだけど、 日本の人件費は高い、電気代も高い、税金も高い、何するにしても高い

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その1:スタートアップ企業・イノベーション施設視察)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーン主催のT

お勉強がてらブロックチェーンについてワンペーパーでまとめてみた

    最近、職場でデジタルに詳しいと勘違いされているTatsuyaで

【備忘録メモ】TensorFlow実行環境構築(Win10)

自分用メモとして、TensorFlowの実行環境の構築手順を残す。  

【備忘録メモ】深圳SiPEED社のAIoT開発ボードMAiX BiTの顔検出のデモを試してみた(Mac)

    昨日妻が東京に旅行に行ったとき、秋葉原のShigezoneと

G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデアソンに参加

    先週6月2日、G20福岡のプレイベントのデジタルビジネスアイデ

→もっと見る

    • 604586総閲覧数:
    • 457今日の閲覧数:
    • 2093昨日の閲覧数:
    • 11現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑