*

『クリード チャンプを継ぐ男』を観て、本当の敵は自分自身なのだと改めて思う

 

  

 

昨年の紅白歌合戦は明らかに40代の中年をターゲットにしてたかのようでした。

トリがマッチと聖子ちゃん、そしてレベッカ、X JAPAN などなど

まさにゴキブリホイホイならぬ、40代ホイホイでした。

従来の紅白を見る層にくらべ、テレビを見ない世代なので、視聴率は振るわなかったようですが、黒柳徹子の「ザ・ベストテン」な感じに郷愁を感じた40代も多かったのではないでしょうか。

 

映画界も40代ホイホイが続いています。

「マッドマックス」「ターミネーター」「スターウォーズ」

私が40代だからそう感じるだけなのかもしれません。

いや、40代は企業の中での意思決定に大きな影響力のある世代ですし、購買力の高い消費者と見るのが妥当なのでしょう。

 

そして、今度は「ロッキー」です。

ロッキーは、ライバルだったアポロ・クリードの息子のトレーナーとして戻って来ました。

おりしも、本日、アカデミー賞の前哨戦であるゴールデングローブ賞で、シルベスター・スタローンはこの映画で助演男優賞を受賞、70歳寸前のスタローンの自然体の地味な演技に注目です。

 

 Creed 01

 

スターウォーズの新作では想像主であるジョージ・ルーカスは降板し、最強のファンであるJJエイブラハム監督が過去のスターウォーズの良いところを存分にリミックスした内容として仕上げ、昔のファンの喝采を浴びています。

この作品も、スタローンが作った物語ではなく、父親がロッキーの大ファンだったという若干29歳のライアン・クーグラー監督が、ロッキーという設定の中で創作した新しい物語をスタローンに持ち込み、スタローンに絶賛されたといいます。

こういった原作者ではなくファンが新しい物語を創作するという漫画の同人誌的な作品が増えていくのかもしれません。

 

 

本作は、アポロの息子をロッキーが指導するというロッキーファンにはたまらない設定を、奇をてらわずシリーズの定番を踏襲した丁寧な作りと、過去の名シーンへのオマージュに、40代のロッキー好きのおっさんは安心して楽しめると思います。

 

難点をいうと、スターウォーズの新作もでしたが、敵役に迫力を感じなかった点でしょうか。

昔はソ連というわかりやすい強大な敵がいたから、映画の中の敵も強大さを誇張していましたが、最近は敵がはっきりしません。国内にいる一般人が突如、敵に変貌します。

それが対戦相手の風貌にも現れていると考えるのは、考えすぎでしょうか。

 

この物語では対戦相手にはほとんどスポットライトが当たっていません。

ロッキーはクリードに「敵は自分の中にある」のようなことを何度も繰り返し言っています。

 

最大の敵は自分自身であること

自分を克服すること

素直になる勇気を持つこと

 

それがテーマのような気がします。

 

 

ロッキーは、最愛の妻エイドリアンに先立たれ、「ロッキーの息子」という重圧から息子は父親を避けカナダに移住しています。

ボクシングの世界チャンピオンという栄華を極めたはずですが、決して幸せとはいえない孤独な老後を過ごしています。

ロッキーは、クリードと口論になったあとに、「なんであんなことを言ったんだろう」と後悔します。

本心でないことを口にしてしまい関係を台無しにしたことが何度もあり、それが今の孤独な老後につながっているのではないかと想像させます。

ロッキーは本心が言えない自分を克服できていません。

 

本当の敵は自分自身なのだ

 

人生の辛酸を嘗め尽くしたロッキーの言葉だからこそ重みがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

オーケストラ! (le concert )

映画ファンで良かった。と心から思える映画。 鑑賞後、こんなに幸せな気持ちになれたのは、 「スラム

記事を読む

映画『メッセージ』を観て、言語と思考について考えた。

        「メッセージ」という映画を観た。   突然、世界中にエイリアンの乗る

記事を読む

ココ・アヴァン・シャネル

昨年はココ・シャネル生誕125周年ということで シャネル関係の映画が目白押し。 知っているだけで

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

007 スカイフォール

私は自称映画ファンの癖に映画館で007の映画を観るのは今回が初めて。 あのダラダラ感、ご都合主義感

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355203総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑