*

映画『 ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー 』を観ました

 

 

Ogp r1 01

 

 

 

(ちょっとしたネタバレあり)

 

 

スターウォーズのスピンオフ

「ローグワン」

を観ました。

 

スピンオフだし、

出演者も地味そうだし、

特に期待せずに観に行ったのですが、

 

 

で、

 

観賞後。

 

 

語彙が少なくて恥ずかしいですが、

 

凄かった!

 

簡単にいうと、

エピソード4の空気感、普通の兵士目線で、戦争映画を撮ったらこんな感じといったところ。

 

映画で例えると、

スターウォーズ + プライベートライアン + 7人の侍

といったところ。

 

 

今回は、フォースを操る人間離れしたヒーローはいません。

ライトセーバーのチャンバラはありません。

ロボット、クリーチャーの登場は控えめで、

ヒーロー、ヒロインのロマンスはありません。

そういったファンタジー要素を取り除いてます。

人間ドラマ。

そして、重火器による戦争シーン、戦闘機のドッグファイト。

まさにスターウォーズの名前の通り、「ウォーズ(戦争)」を中心に据えており、全シリーズの中で、一番大人向きと言えるでしょう。

 

 

前半は、出演者が多く、情報量も多く、ついていくのがやっと。

会話の中の人物の名前を聞いても、

えっ、それ誰だっけ?

という感じで、少々混乱してしまいました。

正直言って、ダレました。

 

 

しかし、後半からは、一気に話が進んで行く怒涛の展開です。

 

繰り返しますが、今回の登場人物は普通の人間ばかりです。

フォースのような魔法はありません。

ピンチになっても、御都合主義よろしくのような展開はあまりありません。

だからこそ、スターウォーズ史上で1番登場人物を身近に感じることができます。

こういった名もなき普通の兵士たちの犠牲によって、エピソード4のルークによるデススター破壊に繋がってるということに感傷を感じます。

大きなことを成し遂げる人の背景には、名もなき人間たちがたくさんいるということに、感傷を感じざるをえません。

スターウォーズ全体の物語にさらに厚みを持たせたといえるでしょう。

この後エピソード4を観ると、世界観がさらに膨らむこと間違いないでしょう。

 

 

とはいえ、スターウォーズですから、あの人を忘れてはいけません。

ダースベイダーの登場シーンは短いですが、ラスト近くのダースベイダーの無双っぷりは凄まじいです。神ってます。

ダースベイダーに対しては、今まではジェダイ目線で鑑賞してたので、恐怖というものをあまり感じなかったですが、今回のようにダーズベイダーを普通の人間目線から見たら凄まじく恐いです。

まさに、ダークサイドに堕ちたシスの暗黒卿です。

殺戮シーンの凄まじさ。ダースベイダー、マジやばいです。

このシーンだけでも、劇場で観る価値アリです。

前半のタルい展開からどうなるかという心配は吹っ飛んで、そのストレスを一気に解消しました。

 

そして、ラストのラストでのスーパーサプライズ。

これにはビックリ。

 

 

ということで、

スピンオフだなんて格下に見てはいけません。

スターウォーズ全エピソードの中でも上位に入ると言っても褒めすぎではないでしょう。

 

とはいえ、今まで確立したスターウォーズの世界があるからこそ、名もなき兵士に焦点を当てた本作が成り立つのでしょう。

 

元の作品の世界観を壊さず、その世界を拡大させることに成功しました。

スピンオフとはかくあるべきなのでしょう。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

トゥルー・グリット

コーエン兄弟の『トゥルー・グリット』観た。 コーエン兄弟の映画は バイオレンス・スリラーの「ノー・カ

記事を読む

映画『フランシス・ハ』を見て、夢に向かって走ることの素晴らしさを思う

      話題のオシャレ系映画『フランシス・ハ』を観た。   ニューヨークでダンサーを夢見る27

記事を読む

レ・ミゼラブル

(注意)ネタバレあり 私たちは、いずれ死ぬ。 生まれた瞬間から死ぬために生きている。

記事を読む

PARIS(パリ)

パリに住む普通の人たちの人間模様、恋愛を描いた切なくもさわやかな映画。 パリ好きにはたまらない映画

記事を読む

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。   三途の川にある賽の河原では、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

→もっと見る

    • 306103総閲覧数:
    • 143今日の閲覧数:
    • 372昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑