*

映画『 ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー 』を観ました

 

 

Ogp r1 01

 

 

 

(ちょっとしたネタバレあり)

 

 

スターウォーズのスピンオフ

「ローグワン」

を観ました。

 

スピンオフだし、

出演者も地味そうだし、

特に期待せずに観に行ったのですが、

 

 

で、

 

観賞後。

 

 

語彙が少なくて恥ずかしいですが、

 

凄かった!

 

簡単にいうと、

エピソード4の空気感、普通の兵士目線で、戦争映画を撮ったらこんな感じといったところ。

 

映画で例えると、

スターウォーズ + プライベートライアン + 7人の侍

といったところ。

 

 

今回は、フォースを操る人間離れしたヒーローはいません。

ライトセーバーのチャンバラはありません。

ロボット、クリーチャーの登場は控えめで、

ヒーロー、ヒロインのロマンスはありません。

そういったファンタジー要素を取り除いてます。

人間ドラマ。

そして、重火器による戦争シーン、戦闘機のドッグファイト。

まさにスターウォーズの名前の通り、「ウォーズ(戦争)」を中心に据えており、全シリーズの中で、一番大人向きと言えるでしょう。

 

 

前半は、出演者が多く、情報量も多く、ついていくのがやっと。

会話の中の人物の名前を聞いても、

えっ、それ誰だっけ?

という感じで、少々混乱してしまいました。

正直言って、ダレました。

 

 

しかし、後半からは、一気に話が進んで行く怒涛の展開です。

 

繰り返しますが、今回の登場人物は普通の人間ばかりです。

フォースのような魔法はありません。

ピンチになっても、御都合主義よろしくのような展開はあまりありません。

だからこそ、スターウォーズ史上で1番登場人物を身近に感じることができます。

こういった名もなき普通の兵士たちの犠牲によって、エピソード4のルークによるデススター破壊に繋がってるということに感傷を感じます。

大きなことを成し遂げる人の背景には、名もなき人間たちがたくさんいるということに、感傷を感じざるをえません。

スターウォーズ全体の物語にさらに厚みを持たせたといえるでしょう。

この後エピソード4を観ると、世界観がさらに膨らむこと間違いないでしょう。

 

 

とはいえ、スターウォーズですから、あの人を忘れてはいけません。

ダースベイダーの登場シーンは短いですが、ラスト近くのダースベイダーの無双っぷりは凄まじいです。神ってます。

ダースベイダーに対しては、今まではジェダイ目線で鑑賞してたので、恐怖というものをあまり感じなかったですが、今回のようにダーズベイダーを普通の人間目線から見たら凄まじく恐いです。

まさに、ダークサイドに堕ちたシスの暗黒卿です。

殺戮シーンの凄まじさ。ダースベイダー、マジやばいです。

このシーンだけでも、劇場で観る価値アリです。

前半のタルい展開からどうなるかという心配は吹っ飛んで、そのストレスを一気に解消しました。

 

そして、ラストのラストでのスーパーサプライズ。

これにはビックリ。

 

 

ということで、

スピンオフだなんて格下に見てはいけません。

スターウォーズ全エピソードの中でも上位に入ると言っても褒めすぎではないでしょう。

 

とはいえ、今まで確立したスターウォーズの世界があるからこそ、名もなき兵士に焦点を当てた本作が成り立つのでしょう。

 

元の作品の世界観を壊さず、その世界を拡大させることに成功しました。

スピンオフとはかくあるべきなのでしょう。

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

セントアンナの奇跡

スパイク・リー監督の最新作「セントアンナの奇跡」 スパイク・リーの出世作「ドゥ・ザ・ライト・シング

記事を読む

【快挙?】 3年連続 私の年間映画1位とキネマ旬報年間1位が同じ

  2月12日に、歴史あるキネマ旬報の2017年のベストテンの表彰式がありました。   キネマ旬報ベ

記事を読む

ゼロ・グラビティ

宇宙飛行士ものの映画で、まず思い出すのが、45年前のキューブリックの「2001年宇宙の旅」です。

記事を読む

『クリード チャンプを継ぐ男』を観て、本当の敵は自分自身なのだと改めて思う

       昨年の紅白歌合戦は明らかに40代の中年をターゲットにしてたかのようでした。 トリがマッ

記事を読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート

(注意)ネタバレあり マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の 「ウルフ・

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て

          今年のアカデミー賞作品賞を受賞した 「シェイプ・

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウ

→もっと見る

    • 282317総閲覧数:
    • 99今日の閲覧数:
    • 331昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑