*

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

 

 

 

 

「ルビンの壺」という絵がある。

 

Rubin2

 

物事は、見方によって、全く別物に見えるということ。

 

 

 

 

 

 

 

韓国映画「哭声/コクソン」を観た。

 

※これから先は、ネタバレに近い記載あり。


 

韓国の田舎町で、一家惨殺事件が相次ぐ。

皆、山奥に暮らす得体の知れない「日本人」が関わっているのではないかと疑う。

 

実は犯人は日本人では無くて、その日本人が韓国人の偏見によって犠牲者になるような映画なのかなあ

と思ってたが、そんな単純な映画ではなかった。

 

 

20170313105530

 

 

本作品の前半は、ダラダラ、コメディっぽい展開で、やや退屈。

その退屈な日常が徐々に侵食されていき、後半の怒涛の展開につながっていく。

 

どんでん返しが2度用意されていて、その都度、物事の見方が全く変わる。

世界の見え方が変わる。

「ルビンの壺」のように。

 

 

ラスト間際、主人公が究極の選択を強いられるシーン。と同時に別々の場所にいる主要登場人物をつなぎ合わせ、全員の意識を1つの所へ収斂させていくところ。

ここの演出は神ってる。

過去の偉大な映画「ゴッド・ファーザー」や「ダーク・ナイト」のクライマックスに匹敵する演出に、客席でいつの間にか前のめりになっていた。

 

ラストは、結局「ラスボスは○○でした」と、分かりやすく提示してるように見えるけど、本当にそうなのか確信が持てない。

実は・・・・

って色々な解釈が成り立って、鑑賞後もあれこれ考えてしまう。

 

映画をたくさん見てると、変に映画評論家を気取って、「結末が読めて甘い!」など偉そうなことを言ってしまいがちだけど、そんな人たちもやられること間違いない。

映画にやられたい人、集合!

 

 

最後に、謎の日本人役の國村隼の不気味な存在感が、すごかった。

それだけでも必見だ。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ホビット 思いがけない冒険

ファンタジー映画は世の中にゴマンとあるけれど、 未だに「ロード・オブ・ザ・リング」を超える映画はない

記事を読む

天使と悪魔

キリスト教のことをよく知らないので、この映画の見所を理解しているとは言えなく、コメントのしようがない

記事を読む

no image

プレデターズ

昨夜、仕事帰りにシネコンに行き、そのときのJust in Timeの映画を観た。 それが、本日ご紹介

記事を読む

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

no image

英国王のスピーチ

(ネタバレ注意) アカデミー賞作品賞をはじめ主要4部門を独占した話題の映画「英国王のスピーチ」を観た

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「つくるけぇ!」に出展しました

  10月8日に、東広島市の道の駅「湖畔の里 福富」で開催された「つく

『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』を読んで

    「測ることができるすべてのものを測れ。測ることができないもの

レッドハッカソンひろしま2017

        ※本ブログに掲載の写真は #レッドハッカソン で投稿

カープ優勝、おめでとう

  9月18日 2年連続8度目の優勝!   37年ぶりの連覇!

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。  

→もっと見る

    • 230416総閲覧数:
    • 26今日の閲覧数:
    • 168昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑