*

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

 

 

 

 

「ルビンの壺」という絵がある。

 

Rubin2

 

物事は、見方によって、全く別物に見えるということ。

 

 

 

 

 

 

 

韓国映画「哭声/コクソン」を観た。

 

※これから先は、ネタバレに近い記載あり。


 

韓国の田舎町で、一家惨殺事件が相次ぐ。

皆、山奥に暮らす得体の知れない「日本人」が関わっているのではないかと疑う。

 

実は犯人は日本人では無くて、その日本人が韓国人の偏見によって犠牲者になるような映画なのかなあ

と思ってたが、そんな単純な映画ではなかった。

 

 

20170313105530

 

 

本作品の前半は、ダラダラ、コメディっぽい展開で、やや退屈。

その退屈な日常が徐々に侵食されていき、後半の怒涛の展開につながっていく。

 

どんでん返しが2度用意されていて、その都度、物事の見方が全く変わる。

世界の見え方が変わる。

「ルビンの壺」のように。

 

 

ラスト間際、主人公が究極の選択を強いられるシーン。と同時に別々の場所にいる主要登場人物をつなぎ合わせ、全員の意識を1つの所へ収斂させていくところ。

ここの演出は神ってる。

過去の偉大な映画「ゴッド・ファーザー」や「ダーク・ナイト」のクライマックスに匹敵する演出に、客席でいつの間にか前のめりになっていた。

 

ラストは、結局「ラスボスは○○でした」と、分かりやすく提示してるように見えるけど、本当にそうなのか確信が持てない。

実は・・・・

って色々な解釈が成り立って、鑑賞後もあれこれ考えてしまう。

 

映画をたくさん見てると、変に映画評論家を気取って、「結末が読めて甘い!」など偉そうなことを言ってしまいがちだけど、そんな人たちもやられること間違いない。

映画にやられたい人、集合!

 

 

最後に、謎の日本人役の國村隼の不気味な存在感が、すごかった。

それだけでも必見だ。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと気に

記事を読む

ワルキューレ

ヒットラー暗殺計画という実話に基づいた映画。 ナチスも決して一枚岩でなく、ヒットラーを快く思ってい

記事を読む

映画『アクト・オブ・キリング』からインドネシアの歴史の暗部を知る

      殺人は許されない。 殺した者は罰せられる。 鼓笛を鳴らして大勢を殺す場合を

記事を読む

トロン

話題の映画「トロン・レガシー」を観る前に、 予習として、約30年前の元祖「トロン」のDVDを観た。

記事を読む

ゼロ・グラビティ

宇宙飛行士ものの映画で、まず思い出すのが、45年前のキューブリックの「2001年宇宙の旅」です。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

中国のITサービスを体験してみた(その1:スマホ決済 WeChat Pay)

     お盆休みに中国の深センに旅行してきました。 そのついでに、最

「Makers Faire 東京 2017」に参加しました

        2017年8月5日・6日と東京ビッグサイトで開催され

選択するのが面倒な現代人へ 〜僕のチャットボットとアプリを紹介

        消費者は買い物をするとき、選ぶのが面倒だと感じている

とびしま海道をブラタツヤ

  タツヤがブラブラするからブラタツヤ。  (某国営テレビの番組とは関

広島にビットコインが使えるラーメン屋さんがあった

    2017年7月14日の中国新聞にこんな記事があった。    

→もっと見る

    • 215249総閲覧数:
    • 179今日の閲覧数:
    • 278昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑