*

40歳でTOEICテスト455点だったオッサンが約1年で730点に至るまで(プロローグ)

公開日: : 英語学習

いきなりですが、
私の英語勉強を振り返ろうと思います。
まず、英語の必要性を感じ、
2010年1月31日に試しに受けたTOEICのスコアは455点でした。

で、英語をあきらめ、その後勉強をしなかったのですが、
意を決して、2010年7月19日から英語の勉強を本格的に始めました。
そして、勉強開始後1年と3ヶ月後、10月30日のTOEICで730点をとり、ついにBランク入りを果たしました。

そこで、私の勉強法をブログで公開しようと思ったのですが、
たったTOEIC730点でわざわざ公開するのもどうかと思ってました。

しかし、最近TOEICのスコアを新卒採用や昇進の条件にする会社が激増してきました。
ユニクロことファーストリテイリングの新卒の条件は700点以上
ソフトバンクの新卒は730点以上
なんとサムスンの新卒なんか900点以上です。
こちらのサイト参照
http://www.toeicclub.net/requirement.html
TOEICが全てでは無いですが、TOEICの点が良いに越したことはないのは確かです。

だから、英語はしゃべれなくてもいいので、とりあえずTOEICのスコアを700点以上欲しいというニーズは多いのではないか、
たとえば、
来年の就活のために700点以上が欲しい学生の方。
今まで英語とは無縁だったのに、急に会社からTOEICのスコアを求められだした中高年の方。
そういった方向けに、
私の経験談もきっと役に立つのかもしれない、
十分価値があるのかもしれない
と思い、
先日Twitterで大量のツイートをし、
「40歳でTOEICテスト455点だったオッサンが約1年で730点に至るまで」
という題名で、トゥゲッターにまとめました。
これがそれです↓
http://togetter.com/li/226061

まあ、これを読んだら、それで十分なんですが、
このトゥゲッターの内容をもうちょっと掘り下げて、このブログで連載していこうと思います。

それでは、次回に続く。。。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ついに TOEIC 730点!(2011.10.30受験分)

留学経験もなく、 海外滞在経験もなく、 仕事で英語を使うこともなく、 英語とはまったく縁のない

記事を読む

no image

フィリピンのオンライン英会話について

去年の7月から「レアジョブ」という会社のSkypeを使ったオンライン英会話を始めました。 レアジョブ

記事を読む

no image

オンライン英会話の教科書

先日、Twitter社がIPOを申請しました。 それの少し前に私のTwitter友達の @self_

記事を読む

【レアジョブのマザーズ上場記念】オンライン英会話のすゝめ

172/365 I Want to See the World / martinak15  

記事を読む

no image

英語を勉強しなければいけないある1つの理由

私はトーストマスターズという団体に所属してます。 トーストマスターズとは? 以下Wikipediaよ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て

          今年のアカデミー賞作品賞を受賞した 「シェイプ・

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウ

→もっと見る

    • 282782総閲覧数:
    • 145今日の閲覧数:
    • 209昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑