*

上田宗箇 武将茶人の世界展

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 ART , ,

このTatsuya’s Blogは、一応読書の備忘録が目的でスタートしました。
毎回、小難しいことを書いてるので、私はマンガなんか読まない人だと思われそうですが、このブログを始める約3年前までは、よくマンガを読んでました。
とくに、「週刊モーニング」を毎週愛読してました。
マンガってバカにしてはいけません。
良質なマンガは、幅広い知識と好奇心を呼び起こすキッカケとなります。
茶道のことは、まったく興味のなかった私でも、モーニングに連載されているマンガ『へうげもの』のおかげで、戦国時代の武将と茶道の関わり方や、千利休、古田織部、上田宗箇などのことが、なんとなく頭に入ってました。
独特な構図、個性的で迫力のある絵なので、好き嫌いが別れるタイプのマンガですが、私は好きですね。

マンガ『へうげもの』での
古田織部(左)と上田宗箇(右)
(お土産のポストカードより)

さて、そういうわけで、今日は、茶道のたしなみのまったくない私が、マンガで読んだことがあるという理由で、ひろしま美術館で開催中の『上田宗箇 武将茶人の世界展』を観にいきました。

見所は、和風堂の茶室が再現されており、そこでお手前する様子。
茶道のことがよく分からない私にも、その奥深い世界観と緊張感が伝わってきました。

そして、茶碗、茶道具、名物の数々。
マンガ『へうげもの』で古田織部がみせる驚嘆の表情が目に浮かびます。
古田織部の茶碗って、キレイに整ってない。歪んでるんですね。
その歪みが、ひょうげてて、なんという深遠なる趣き、宇宙を感じます。

そして、上田宗箇の有名な茶碗「さても」
(お土産のポストカードより)

なんというか、鋭いですね。
刀で一刀両断、槍で一突きという「武」を感じます。
茶碗から緊張感がみなぎってるようです。

てなわけで、茶道のクールさのほんの一瞬をかいまみた休日でした。

さて、茶道のことはさっぱり分かりません。
茶道もそうだけど、芸術のこともよく分かりません。
でも、分からないら、なおさら、美しいモノをたくさん見ないといけないんだと思います。
センスがある人、発想力のある人、右脳力が強い人って、「美」に触れた回数が多く、脳が無意識にそれをインプットしてるからなんだと思います。
パリッ子がみんなお洒落なのは、パリ自体が巨大な美術館だから。
小さな頃から当り前のように美に触れてるからなんだと思います。

なーんて、
ファッションセンスゼロの私が、何を偉そうに。
でも、ムダな努力かもしれないけど、
分からないからこそ、分からないなりに、時間が取れればできる限り美術館には行くようにしてます。

美が分かる人間になりたい。
ではでは。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

ピカソと20世紀美術の巨匠たち

今日は広島県立美術館に行きました。 「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」 ピカソ、マディリアーニ、キ

記事を読む

no image

透明ランナーは走り続ける

広島市現代美術館で開催中の 小沢剛「透明ランナーは走り続ける」を鑑賞した。 http://www.

記事を読む

no image

ルーヴル美術館展

京都、大阪で開催中のルーヴル美術館展に、1泊2日で行ってきました。 2年前にパリのルーヴルに行った

記事を読む

杉本博司 アートの起源/宗教

今日は、香川県の丸亀の猪熊弦一郎現代美術館に行きました。 丸亀駅前にドバーンと建ったこの建築物に圧

記事を読む

「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってきた

        先日、「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってきた。     チームラボ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってきた

        先日、「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってき

映画「アリータ: バトル・エンジェル」を観た

          日本の漫画「銃夢」のハリウッド映画版の「アリータ:

iPhone X バキバキに割れた

    先日、自分のiPhone Xの画面を割ってしまった。  

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

    IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試して

2週間後にVJをやらざるを得なくなった時に読むブログ(TouchDesignerでVJに挑戦)

  たった2週間でVJだと。 VJ舐めんな。 Touch Design

→もっと見る

    • 403662総閲覧数:
    • 205今日の閲覧数:
    • 1699昨日の閲覧数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑