*

映画『この世界の片隅に』を観て

公開日: : 最終更新日:2017/01/21 クラウドファンディング, 広島, 映画感想文 , ,

 

 A0087957 9455471

 


こうの史代原作の漫画を映画化した「この世界の片隅に」を観ました。

原作漫画の大ファンですので、制作が発表されて以来、ずっと楽しみにしてきました。

 

この作品は、太平洋戦争時の広島県呉市、広島市の一般庶民の生活を、一人の女性とその家族の視点から淡々と描きます。

戦時中の広島が舞台ということなので、えてして戦争の悲惨さを強調した反戦映画、お涙頂戴の感動作品となりそうなところですが、全くそんなことはありません。

主義主張、感動の押し売りは全くなく、日常生活をコミカルにほのぼの描いているだけです。その辺の戦争映画のようなPTA推奨的な鬱陶しさはありません。

ドジでおっとりした性格の主人公すずさんの日常生活にほのぼのする一方で、そのほのぼのした生活がいつかは戦争で破壊されていくのだろうという不安が交錯します。

日常生活を徐々に非日常が侵食していく様子、突然非日常が現れる様子を見るにつけ、現代に生きる私たちの日常も非日常と背中合わせだということを感じます。

 

 

とはいえ、全体的にはほのぼのムードな映画です。

戦時中ですが、一般庶民は普通に生活しています。

普通の生活を淡々と描くだけなのですが、時代考証を徹底的に追求していること、背景、人物などの動き・描写がリアリティ溢れているので、まるで自分が当時の呉で生活してるのではないかと思えるくらい、物語の世界にどっぷりと没入してしまいます。

そして、空襲のシーンの描写が凄まじいです。

焼い弾が生きているかのようにうごめく描写、爆弾の破片の危険さを意識させる描写、今までたくさんの映画を見てきましたが、これほど空襲シーンを恐ろしく感じたのものはなかったです。

それに音響が凄いので、自分があたかもその場にいるかのような臨場感を感じます。

だから、DVDではなく、絶対に映画館で見るべきです。



 

 

その他、印象的なシーンはたくさんあるのですが、私は玉音放送のあった日にご飯を炊くシーンが印象的です。

終戦の日も、日常生活に変わりはありません。

終戦の日も、ご飯を炊くことに変わりはありません。

今日も、明日も、明後日も、1年後も、何年後も、ご飯を炊くというようなセリフがあったように覚えています。

ご飯を炊くことは今に続いていて、すずさんが昭和20年8月15日に炊いたご飯は、平成28年に私たちが炊飯器で炊くご飯につながっています。

 

また、この作品は、たくさんのエピソードが時系列につながっており、エピソードの最初に、「9年1月」、「21年1月」というように、元号を外した年月のタイトルが表示されます。

つまり、ここで起きていることは特別なことではなく、戦時中も現代も市井に生きる人々の生活に大きな変わりはなく、このような事態はいつどこで誰の身に起こってもおかしくないということを表しているのではないでしょうか。

この世界の片隅で起こってることは、時代を超えて場所を超えて、誰の身にも起こりうることなのです。

 

 

 

最後に後悔したこと。

この作品は、大手の映画会社から敬遠され、資金調達が難航し、一時は作品の完成すら危ぶまれたそうです。

しかし、クラウドファンディングで多くの資金を調達したおかげで、日の目を見ることができました。

エンディングテロップにクラウドファンディングの支援者の名前が流れます。

それを見るにつけ、こんなに素晴らしい映画のクラウドファンディングを見逃していたことを後悔しました。

 

 

 

とはいえ、こんなに素晴らしい映画なのに、今のところ公開されている劇場は少ないです。


ぜひ、劇場に足を運んで、この映画の素晴らしさを広めましょう!






PS.

映画館でもらったキャラメル

CxmkP68UUAAa9 s











 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

資本主義の焼け野原を見てきました。 ちょっと前の日経ヴェリタスで紹介されてた アカデミー賞長編ドキュ

記事を読む

「硫黄島からの手紙」にみるリーダーの要件

今日は終戦記念日なので、テレビの洋画劇場で、 クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙

記事を読む

サロンシネマに移転後初めて行きました

      おととい、サロンシネマに移転してから初めて行きました。   先日ブログでご紹介した『フラ

記事を読む

オーケストラ! (le concert )

映画ファンで良かった。と心から思える映画。 鑑賞後、こんなに幸せな気持ちになれたのは、 「スラム

記事を読む

映画「それでも夜は明ける」と現代の奴隷

黒人監督の作品として初のアカデミー作品賞をとった 「それでも夜は明ける」 を観ました。 よく分

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

深圳に行ってきた 2017.11(その3:工場、施設見学)

    中国の深圳に行ってきました。   2017年11月10日(金)

深圳に行ってきた 2017.11(その2: Maker Faire 深圳とJapanese Meetup)

  先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   2017年

深圳に行ってきた 2017.11(その1:プロローグ)

    先週末、中国の深圳にプライベートで行ってきました。   201

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その2:BMI計算アプリを作ろう)

    前回のハンズオン(その1)では、Hello World を

【初心者用ハンズオン】 iPhoneアプリを作ろう! (その1:Hello Worldを表示し、それを自分のiPhoneで実行)

    「【初心者用ハンズオン】iPhoneアプリを作ろう!」 htt

→もっと見る

    • 242128総閲覧数:
    • 269今日の閲覧数:
    • 265昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑