*

【ネタバレあり】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観て

 

Star wars the last jedi

 

 

 

ネタバレだらけですので、ご注意ください

 

 

 

僕が最初にスターウォーズを観たのは小学生のとき、当時「ジェダイの復讐」と言われたエピソード6だ。

 

それから後追いで、テレビの洋画劇場で、「スター・ウォーズ」(エピソード4)

当時はハンソロを松崎しげる、ルークを渡辺徹がしてた。

その吹き替えをベータのビデオに録画して何度も何度も観た。

「帝国の逆襲」(エピソード5)は当時5000円くらいでベータのビデオソフトを買って、これも何度も何度も観た。

このころは、本気で将来SFXの映画監督になりたいと思ったものだ。

 

 

次のシリーズ、エピソード1から3は、あまり思い入れはなかったが、

2年前エピソード7を観た時は、子供のころのあの気持ちが蘇った。

 

レイのフォースが覚醒し、最後ルークと会う。

 

そんな最高の終わり方から2年がたった。

 

 

 

 

 

「スター・ウォーズ」の最新作を観た。

 

まず断るけど、

スター・ウォーズに理屈はいらないと思う。

スター・ウォーズだから、許されることって多いと思う。

観てる最中は、ツッコミどころ満載だったけど、とても楽しく、ワクワクして観た。

今までのスター・ウォーズの面白いところを全部ブッ込んだって感じだった。

 

 

でも、心に残らなかった。

 

何でだろう。

 

 

レイがぽっちゃりして、魅力が半減したからか。

宇宙空間に投げ出されてもフォースの力で生き延びるジョジョのカーズさまより凄いレイア無双だからか。

ピンチの打開策がカミカゼを多用してるからか。

ラスボスだと思ってたスノークや重要なヒール役のファズマもあっさりと死んだからか。

 

通常、3部作の2作目って、謎が謎を呼び、次回作へ大きな期待を持って終わるはずなのに、全く謎が残ってない。

「帝国の逆襲」のような悲壮感、たくさんの謎を残して、次どうなるんだろうと言う感じがない。

 

 

 

 

 

今回のシリーズは相当なプレッシャーがあったと思う。

スター・ウォーズのコアなファンに配慮しつつ新しいファンを開拓せねばいけない。

ジョージ・ルーカスの影がずっとつきまとってたに違いない。

 

 

本作で悪役カイロ・レンはこう言った。

ジェダイもシスも反乱軍も帝国も皆滅ぶべきだと。

新しい世界を作ろう。

と、レイに手を差し伸べた。

 

これは、製作陣からスター・ウォーズのコアなファンへのメッセージだと受け止めた。

 

ヨーダは、ずっと聖地で守ってきたジェダイの書物を焼く。

モノに執着してどうする?昔にしがみつくな、これからはレイたちの時代だと言う。

壮絶な戦いの末、ルークは死ぬ。

「最後のジェダイ」とは、ルークのことなのだろう。

 

 

本作で、ジェダイという亡霊、すなわちジョージ・ルーカスという亡霊を葬った。

全てを無にして、レイとカイロ・レン2人だけにフォーカスする舞台が整った。

 

新しいスター・ウォーズに生まれ変わる予感。

 

 

そういう期待を込めて、次のスター・ウォーズに期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で言うと、   ヒュー・ジャック

記事を読む

『ベイマックス』を観て、忘れてた子どもの頃のワクワク感を思い出す。

  小学生のころ、「スターウォーズ ジェダイの復讐」(今は「ジェダイの帰還」という

記事を読む

「アナと雪の女王」を観て思う ありのままに生きることの大切さと責任の重さ、そして真実の愛

    (ネタバレ注意) 世界中で大ヒットの『アナと雪の女王』を観ました。

記事を読む

no image

ホビット 思いがけない冒険

ファンタジー映画は世の中にゴマンとあるけれど、 未だに「ロード・オブ・ザ・リング」を超える映画はない

記事を読む

キャプテン・フィリップス

「海賊王に、俺はなる」 (モンキー・D・ルフィ) 「俺は、俺の旗の下に、自由に生きる」 (宇宙

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 354348総閲覧数:
    • 60今日の閲覧数:
    • 359昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑