*

「IoT ASIA」で気になった企業リスト

公開日: : IoT, シンガポール , ,

 

 Title

 

 

 

3月21日、22日にシンガポールで「IoT ASIA」というイベントが開催されます。

http://www.internetofthingsasia.com/

 

 

その時私は、ちょうど別の用事でシンガポールにいるので、ついでに覗こうと思います。

 

 

展示企業はこちら

http://www.internetofthingsasia.com/sponsors-exhibitors

 

 

私が気になった企業を以下に並べました。

 

日本語訳は、グーグル翻訳、へんな日本語ですが意味は通じます。

グーグル翻訳便利です。

 

 

もしお知り合いがおられましたら、是非ご紹介ください!

他にも、おすすめ企業などありましたら、是非教えてください!

ここに行って、あれを聞いて来てくれ!などありましたら、ご連絡ください!

 

 

 


 

 

ABEJA (日本)

Since 2012, ABEJA has been researching, developing and commercializing AI. We have accumulated significant experience in developing and applying advanced deep learning technology to solve practical problems in multiple industries. We opened Singapore office last March with support of NVIDIA, as their first investment into Asian AI start-up. As a major Japanese AI company, we held a conference in Tokyo in February 2018, named ABAJA SIX, had 1000 participants. The conference focused on how IoT, Big Data and AI can be applied to enterprises and improves efficiency through automation, well received accolades.

For more information, visit https://abejainc.com/en/

 

2012年以来、ABEJAはAIの研究、開発、および商業化を行っています。 私たちは、高度な深い学習技術を開発し、適用して、複数の業界の実用的な問題を解決するための重要な経験を蓄積しました。 昨年3月、シンガポール事務所を開設し、アジアのAI起業への最初の投資として、NVIDIAの支援を受けました。 日本の大手AI企業として、2018年2月に東京でABAJA SIXという名前の会議を開催し、1000人の参加者を迎えました。 この会議では、IoT、Big Data、AIをどのように企業に適用し、自動化されたうえで効率性を向上させることに焦点を当てました。

 

 

ABEJA岡田CEOが語った「ゆたかな世界を実装する」AIとは

http://ascii.jp/elem/000/001/641/1641241/

 

「ABEJA Platform」を活用した業界特化型SaaS「ABEJA Insight」の提供を開始

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000038.000010628&g=prt

 

 

 

 

AImotive  (ハンガリー)

AImotive is the leading provider of vision-first, AI powered, Level 5 autonomous driving technology. We use cameras as primary sensors to mimic the visual capabilities of human drivers, resulting in technology that can readily scale and make autonomous driving a reality around the world. Our full stack suite of products includes aiDrive, aiKit and aiWare.

With over 170 associates, we are a privately held company headquartered in Budapest with offices in Mountain View, California and Helsinki, Finland. We were granted licenses to test our self-driving vehicle fleet in Hungary, Finland and the state of California.

Visit https://aimotive.com/ for more information 

 

AImotiveは、ビジョンファーストのAI駆動のレベル5自律駆動技術の大手プロバイダーです。 私たちは人間のドライバーの視覚機能を模倣するための主要なセンサーとしてカメラを使用しています。その結果、世界中の自律的な運転を容易に拡大して実現できる技術が生み出されています。 当社のフルスタック製品には、aiDrive、aiKit、aiWareが含まれています。

170人以上のアソシエイトを抱え、私たちは非公開企業で、ブダペストに本社を置き、カリフォルニア州マウンテンビューとフィンランドのヘルシンキにオフィスを構えています。 私たちは、ハンガリー、フィンランド、カリフォルニア州で、自走車の艦隊をテストするための免許を取得しました。

詳細はhttps://aimotive.com/をご覧ください。

 

 

完全自律移動運転を目指すハンガリー「AImotive」が日本進出。菱洋エレクトロと協業 AI処理を低消費電力で

https://robotstart.info/2017/12/11/moriyama_mikata-no37.html

 

自動運転車用ソフトウェアを開発するAImotive、シリーズCラウンドで3,800万米ドルを調達

http://thebridge.jp/2018/01/aimotive-raises-38-million-for-self-driving-car-software

 

 

 

 

Amaryllo International B.V.(オランダ)

Amaryllo International B.V., founded in Amsterdam, the Netherlands, is a pioneer in A.I. as a Service company. Product lines include: patented camera robot, fast facial recognition, object detection, head counting(Smart Retail Service), secure 256-bit encrypted P2P network, auto-tracking function, and flexible cloud storage to market. Amaryllo has own CES Innovation Awards for four years in a row from 2015 to 2018 and is ranked as worldwide number-one camera robot company. To reserve a private product demonstration or to receive product details, please contact Amaryllo at sales.ai@amaryllo.eu. For more product information, please visit Amaryllo website at www.amaryllo.eu.

 

オランダのアムステルダムに設立されたAmaryllo International B.V.は、A.Iの先駆者である。 サービス会社として 製品ラインには、特許取得済みのカメラロボット、高速顔認識、オブジェクト検出、ヘッドカウント(スマートリテールサービス)、安全な256ビット暗号化P2Pネットワーク、オートトラッキング機能、市場への柔軟なクラウドストレージなどがあります。 アマリロは2015年から2018年にかけて4年連続でCESイノベーション賞を受賞し、世界のナンバーワンカメラロボット会社としてランクされています。 プライベート製品のデモンストレーションを予約する、または製品の詳細を入手するには、Amaryllo(sales.ai@amaryllo.eu)までご連絡ください。 製品の詳細については、Amarylloのウェブサイトwww.amaryllo.euをご覧ください。

 

 

車や人間を識別するスマートライト

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/event/ces2018/1101531.html

 

360°自動追尾する見守りカメラ「ATOM」シリーズの新商品、屋外設置型全方位監視カメラ「ATOM AR3s」販売開始!

https://www.value-press.com/pressrelease/188679

 

 

 

 

Ambi Climate (香港)

Ambi Climate is the world’s first AI-powered air conditioner accessory. Traditional ACs only account for temperature, ignoring other key factors – humidity, sunlight, changes in outdoor weather, and your daily metabolic cycle. Through AI, Ambi Climate learns what affects you, auto-adjusting your AC, boosting comfort and saving energy. You can also enhance your Smart Home by controlling your AC via your smartphone, scheduling timers, and using integrations such as IFTTT and Amazon Alexa.

Ambi Labs is a HK IoT startup. We aim to bridge the gap between outdated appliances and technology, seamlessly creating a comfortable and energy efficient modern home.

For more information, please visi https://www.ambiclimate.com/

 

Ambi Climateは、世界で初めてAI駆動のエアコンアクセサリです。 伝統的なACは、湿度、日光、屋外気候の変化、毎日の代謝サイクルなどの他の重要な要因を無視して、温度のみを考慮しています。 AIを通じて、Ambi Climateはあなたに影響を及ぼすこと、ACの自動調整、快適性の向上、省エネルギーを学びます。 スマートフォンでACを制御したり、タイマーをスケジュールしたり、IFTTTやAmazon Alexaなどの統合を使用して、スマートホームを強化することもできます。

Ambi LabsはHK IoTのスタートアップです。 私たちは時代遅れの家電製品と技術のギャップを橋渡しし、快適でエネルギー効率の高い現代的な家をシームレスに作り出すことを目指しています。

詳細については、visi https://www.ambiclimate.com/をご覧ください。

 

 

Ambi Climate 2nd Editionがキックスターターにて公開、エアコンユーザーの常識を変える ~AIによって可能にする快適な環境と省エネ~

http://www.dreamnews.jp/press/0000153226/

 

 

 

 

Ampotech (シンガポール)

Ampotech Pte. Ltd. is a Singapore-based startup company specializing in the collection and analysis of electricity usage data from the built environment. Ampotech’s products use non-invasive sensing technology to provide circuit-level energy usage data that can be attributed to specific spaces or equipment in a facility in real-time.  Since launching in 2015, Ampotech’s products and software have been used to identify energy conservation measures for commercial and light industrial facilities, and to perform remote asset monitoring for infrastructure. For more information visit www.ampotech.com, or get in touch at info@ampotech.com to learn about our products or explore partnership opportunities.

 

Ampotech Pte。 シンガポールに本拠を置くスタートアップ企業であり、建設環境からの電力使用データの収集と分析に特化しています。 Ampotechの製品は、非侵襲的なセンシング技術を使用して、施設内の特定のスペースや機器にリアルタイムで起因する回路レベルのエネルギー使用データを提供します。 Ampotechの製品とソフトウェアは、2015年に発売されて以来、商業用および軽工業用の施設の省エネ対策を特定し、インフラストラクチャのリモート資産監視を実施しています。 詳細については、www.ampotech.comをご覧いただくか、info@ampotech.comまでお問い合わせください。

 

 

手助けだけではなく“起業文化”を作り出す――、シンガポール国立大学のインキュベーション施設を見学

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/730775.html

 

 

 

 

Ayla Networks (アメリカ)

Ayla Networks provides the industry’s first agile IoT platform, accelerating development, support, and ongoing enhancements of connected products for the Internet of Things. Empowering leading manufacturers by simplifying the inherent complexity of the Internet of Things (IoT), and enabling them to turn their products into smart connected systems and transform their businesses to compete in the game-changing world of connectivity. Delivered as a cloud platform-as-a-service (PaaS), Ayla’s IoT platform provides the flexibility and modularity to enable rapid changes to practically any type of device, cloud or app environment.

For more information, visit www.aylanetworks.com

 

Ayla Networksは業界初のアジャイルIoTプラットフォームを提供し、インターネットのための接続された製品の開発、サポート、継続的な拡張を加速します。 Internet of Things(IoT)の本質的な複雑さを簡素化し、製品をスマート接続システムに変え、ゲームを変える接続性の世界で競争できるようにすることで、大手メーカーに力を与える。 AylaのIoTプラットフォームは、クラウド・プラットフォーム・オブ・ア・サービス(PaaS)として提供され、あらゆるタイプのデバイス、クラウド、またはアプリ環境への迅速な変更を可能にする柔軟性とモジュール性を提供します。

詳細については、www.aylanetworks.comをご覧ください。

 

 

Ayla NetworksはCES 2018でIoTのビジネスバリューを紹介

https://kyodonewsprwire.jp/release/201801099645

グローバルなIoTプラットフォームプロバイダAyla NetworksがシリーズD資金調達ラウンド における6千万ドルの調達を発表

https://kyodonewsprwire.jp/release/201711067622

 

 

 

 

Centre of Innovation for Electronics & IoT (COIE)  (シンガポール)

The Centre of Innovation for Electronics & IoT was jointly established by SPRING Singapore and Nanyang Polytechnic. COI for Electronics & IoT plays the role of a national centre for electronic innovations and IoT development providing critical support to local enterprises. The Centre actively partners local enterprises, largely small and medium enterprises (SMEs), working alongside them in their journey towards business growth and competitiveness as they value-create through strategic innovation, capabilities development and productivity. The Centre also promotes the IoT Open Innovation Community as a synergistic open innovation network of industry partners and catalysts to explore, experiment, collaborate and exploit the potential of the IoT for new business innovations, opportunities and growth. To date the Community has just under 170 Members.

For more information, visit http://www.coi-electronics-iot.sg/

 

エレクトロニクス&IoTのイノベーションセンターは、SPRING SingaporeとNanyang Polytechnicによって共同設立されました。 Electronics&IoTのCOIは、地方企業に重要なサポートを提供する電子技術革新とIoT開発のための国家中心の役割を果たしています。 センターは、戦略的な技術革新、能力開発、生産性を通じて価値創造を行うビジネス成長と競争に向けて、地場企業、主に中小企業(SME)と積極的に提携しています。 センターはまた、新しいビジネス革新、機会および成長のためのIoTの可能性を探求し、実験し、協力し、活用するための、業界パートナーと触媒の相乗的オープンイノベーションネットワークとして、IoTオープンイノベーションコミュニティを推進しています。 現在までに、コミュニティは170人弱のメンバーしかいない。

詳細はhttp://www.coi-electronics-iot.sg/をご覧ください。

 

 

 

 

 

Darktrace (イギリス)

Darktrace is the world’s leading machine learning company for cyber security. Created by mathematicians from the University of Cambridge, the Enterprise Immune System uses AI algorithms to automatically detect and take action against cyber-threats within all types of networks, including physical, cloud and virtualized networks, as well as IoT and industrial control systems. A self-configuring platform, Darktrace requires no prior set-up, identifying advanced threats in real time, including zero-days, insiders and stealthy, silent attackers. Headquartered in San Francisco and Cambridge, UK, Darktrace has 32 offices worldwide. Darktrace’s investors include Invoke Capital, Talis Capital, Hoxton Ventures, Summit Partners, KKR, Softbank, TenEleven, Samsung Ventures, and Insight Venture Partners.

For more information, visit https://www.darktrace.com/

 

ダークトレースは、サイバーセキュリティのための世界有数の機械学習企業です。 ケンブリッジ大学の数学者によって作成されたエンタープライズイミュニティシステムは、AIアルゴリズムを使用して、IoTや産業用制御システムだけでなく、物理ネットワーク、クラウドネットワーク、仮想化ネットワークなど、あらゆる種類のネットワーク内のサイバー脅威を自動的に検出して対応します。 自己設定のプラットフォームであるDarktraceは、ゼロデイ、インサイダー、隠ぺいした無音の攻撃者など、高度な脅威をリアルタイムで識別する事前設定が不要です。 サンフランシスコと英国ケンブリッジに本拠を置くDarktraceは、世界中に32のオフィスを構えています。 Darktraceの投資家にはInvoke Capital、Talis Capital、Hoxton Ventures、Summit Partners、KKR、Softbank、TenEleven、Samsung Ventures、Insight Venture Partnersが含まれます。

詳細については、https://www.darktrace.com/をご覧ください。

 

 

Darktrace社ネットワーク異常検知システム「Enterprise Immune System」販売 – NECネッツエスアイ

https://news.mynavi.jp/article/20170720-a202/

ソニーライフ・エイゴン生命が、Darktrace「Enterprise Immune System」を導入

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000009956.html

 

 

 

 

E Ink Holdings Inc.  (アメリカ)

E Ink is the world’s leading innovator of electronic paper display technology (EPD), based on technology from MIT’s Media Lab. EPD is a cutting-edge innovative green product. E Ink’s EPD equips with a bi-stable technology. Images on E Ink enabledTM screens will remain even when all power sources are removed. The EPD consumes extremely low power only when images or texts are changed.

E Ink is continuously dedicated to developing innovative ePaper applications that are beyond of the traditional panel display industry. Its diversified ePaper products are applied in modern smart life including mobile and wearables, eReaders, eNotes, smart cards, luggage tag, electronic shelf labels, signage, and its color-changeable ePaper “Prism”.

For more information, visit www.eink.com 

 

E Inkは、MITのMedia Labの技術をベースにした電子ペーパーディスプレイ技術(EPD)の世界有数の革新者です。 EPDは最先端の革新的なグリーン製品です。 E InkのEPDは、双安定技術を備えています。 E Ink enabledTMスクリーン上の画像は、すべての電源が取り外されても残っています。 EPDは、イメージやテキストが変更された場合にのみ、非常に低い消費電力を消費します。

E Inkは、従来のパネルディスプレイ業界を超えた革新的な電子ペーパーアプリケーションの開発に継続的に取り組んでいます。 その多様化したePaper製品は、モバイルやウェアラブル、eリーダー、eノート、スマートカード、荷物タグ、電子棚札、サイネージ、色彩変更可能なePaper「Prism」を含む最新のスマートライフに適用されます。

詳細については、www.eink.comをご覧ください。

 

 

大日本印刷 電子ペーパー「PRISM」活用した壁装材&光シェードを開発

https://p-prom.com/product/?p=25659

 

 

 

 

 

Freewave Technologies (アメリカ)

The intelligent choice for RF industrial wireless. 

With over 20 years of RF innovation under its belt, FreeWave is the undisputed leader in industrial wireless. Millions of our best-in-class, outdoor, ruggedized radios have seen action in some of the harshest and most dangerous places in the world. Manufacturers worldwide depend on FreeWave for wireless connectivity. 

Our new Industrial IoT (IIoT) programmable ZumIQ radio platform makes Fog Computing, M2M and the Intelligent IIoT a reality. With embedded and board-level radios, FreeWave transforms your products into true IIoT solutions.

If it’s mission-critical, intelligent wireless, it’s FreeWave.

For more information, please visit http://www.freewave.com/

 

RF産業用ワイヤレスのインテリジェントな選択。

FreeWaveは、20年以上にわたるRFイノベーションの礎を築いており、産業用ワイヤレス分野で業界をリードしています。 数百万の私たちのクラス最高のアウトドアの耐久性のある無線機は、世界で最も危険で危険な場所のいくつかに行動を起こしています。 世界中のメーカーは、無線接続のためにFreeWaveに依存しています。

当社の新しいIndustrial IoT(IIoT)プログラマブルZumIQ無線プラットフォームは、Fog Computing、M2M、Intelligent IIoTを実現します。 エンベデッドおよびボードレベルの無線機能を備えたFreeWaveは、お客様の製品を真のIIoソリューションに変身させます。

ミッションクリティカルでインテリジェントなワイヤレスなら、FreeWaveです。

詳細については、http://www.freewave.com/を参照してください。

 

 

ステルス暗号化や高精度位置制御でコネクテッドカーに安心安全を提供

https://wirelesswire.jp/2017/11/62214/

 

 

 

 

 

Guangzhou Robustel  (中国)

Robustel Technologies is the leading industrial IoT/M2M Hardware and Solution Provider. Since its establishment in 2010 in Guangzhou China, Robustel has been concentrating on providing Industrial GoRugged Cellular Routers, Gateways, Modems, Cloud Platform and E2E Solutions. 

To support global business in more than 100 countries, Robustel has set up branches in Germany, Australia, Japan, The Netherlands and Hong Kong.

For more information, visit http://www.robustel.com/

 

TRobustel Technologiesは業界をリードするIoT / M2Mハードウェア/ソリューションプロバイダです。 Robustelは2010年に中国広州で設立されて以来、Industrial GoRuggedセルラールーター、ゲートウェイ、モデム、クラウドプラットフォーム、E2Eソリューションの提供に集中してきました。

ロブステルは100カ国以上でグローバルビジネスをサポートするため、ドイツ、オーストラリア、日本、オランダ、香港に支店を開設しています。

詳細については、http://www.robustel.com/をご覧ください。

 

 

PALTEK、IoT市場向けゲートウェイを提供するロバステルと販売代理店契約を締結

https://iotnews.jp/archives/12541 

PALTEK、非接触バイタルセンサーを活用した保育・介護向け見守りシステムを提供開始

https://iotnews.jp/archives/74245

 

 

 

 

 

HDE, Inc (日本)

The Concept of HDE is “Liberation of Technology”, which means to make the world better by sharing benefits of new forefront technology to our customers through adaption of those technologies into our service.

Currently we provide the SaaS named HDE One, which is a mix of IDaaS and DLP solution for Office 365 and G Suite, to more than 3 million users in Japan and Asian countries. Now we are going to introduce our NEW PRODUCT which enables office workers to manage meeting room more efficiently by using our original IoT device and cloud platform.

For more information, please visit https://www.hde.co.jp/

 

HDEのコンセプトは、「テクノロジーの解放」です。これは、これらのテクノロジーを当社のサービスに適合させることによって、お客様に新しい最先端技術のメリットを共有することによって世界をより良くすることを意味します。

現在、日本とアジアの300万人以上のユーザーに、Office 365とG SuiteのIDaaSとDLPソリューションを組み合わせたSaaSというHDE Oneを提供しています。 ここでは、オリジナルのIoTデバイスとクラウドプラットフォームを使用して、オフィスワーカーが会議室をより効率的に管理できるNEW PRODUCTを紹介します。

詳細については、https://www.hde.co.jp/をご覧ください。

 

社内公用語は英語なのに社長は和服? 世界中からインターンシップ生の応募が殺到する注目企業

https://dot.asahi.com/dot/2017102600083.html

「多様性こそが企業成長の原動力だ」、HDEの小椋社長

http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/17/070300272/070500010/

 

 

 

 

 

HokuApps(シンガポール)

HokuApps is the fastest growing rapid application development platform that empowers organizations to develop innovative technology solutions incredibly fast. Our rapid application development platform has enhanced mobile and data integration capabilities to enable companies to speedily deploy mobile and web applications. We empower organizations to usher in their digital transformation journey to better engage with customers, partners, and employees.

Dynamic, global enterprises, like Teddy Nissan, PTI QCS and Big Red, use our platform to develop business applications to delight their customers and enhance operational proficiency.

For more information, please visit https://www.hokuapps.com/

 

HokuAppsは急速に成長している急速なアプリケーション開発プラットフォームであり、企業が革新的なテクノロジーソリューションを信じられないほど速く開発できるようにします。 当社の迅速なアプリケーション開発プラットフォームは、モバイルとデータの統合機能を強化し、企業がモバイルアプリケーションやWebアプリケーションを迅速に展開できるようにします。 私たちは、組織が顧客、パートナー、従業員との良好な関係を築くために、デジタル変換の旅路を導く権限を与えます。

Teddy Nissan、PTI QCS、Big Redなどのダイナミックなグローバル企業は、当社のプラットフォームを使用して顧客を喜ばしくし、業務能力を向上させるビジネスアプリケーションを開発しています。

詳細については、https://www.hokuapps.com/をご覧ください。

 

 

Top 6 iPhone Application Development Services in 2018

http://www.menafn.com/1096546371/Top-6-iPhone-Application-Development-Services-in-2018

 

 

 

 

 

KORE Wireless Group(アメリカ)

KORE Wireless Group (“KORE”) is the largest independent provider of managed network and layered applications enablement services within the emerging Internet of Things (“IoT”) market.  With operations in the USA, Canada, Australia, Singapore, UK, Netherlands, Brazil and the Dominican Republic, KORE provides service to more than 3,500 applications providers and enterprise customers who integrate KORE services into diverse, industry-specific applications, including fleet management, healthcare, security, utilities, field services, asset management and tracking, and many more.

For more information, visit https://www.korewireless.com/

 

KORE Wireless Group(以下「KORE」)は、新たなインターネット・オブ・ソー(IoT)市場において、管理ネットワークとレイヤー化されたアプリケーション・イネーブルメント・サービスの最大の独立したプロバイダーです。 KOREは、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、英国、オランダ、ブラジル、ドミニカ共和国で事業を展開しており、3500を超えるアプリケーションプロバイダーと、KOREサービスをさまざまな業界特有のアプリケーションに統合するエンタープライズ顧客にサービスを提供しています。 医療、セキュリティ、ユーティリティ、フィールドサービス、資産管理と追跡、その他多くのサービスを提供しています。

詳細については、https://www.korewireless.com/をご覧ください。

 

 

2017年IoTはどのように変わるのか

http://readwrite.jp/news/35947/

IoTがヘルスケアを変化させる3つの例

http://readwrite.jp/news/36052/

 

 

 

 

 

LUX Photonics Consortium (シンガポール)

LUX Photonics Consortium is an initiative by Nanyang Technological University (NTU) and National University of Singapore (NUS); and is supported by the National Research Foundation, Prime Minister’s Office, Singapore.

The Consortium aims to create synergy among institutes of higher learning and the industry in developing ground breaking light-enabled technologies and be a platform for global photonics network.

Innovate the future of photonics with our premier research platform.

Visit us at http://luxphotonicsconsortium-sg.org/

 

LUX Photonics ConsortiumはNanyang Technological University(NTU)とシンガポール国立大学(NUS)のイニシアチブです。 シンガポール国家研究財団首相府の支援を受けています。

このコンソーシアムは、高等教育機関と産業界との間のシナジーを創出し、光を有効に活用する技術を開発し、グローバルフォトニクスネットワークのプラットフォームとなることを目指しています。

最先端の研究プラットフォームでフォトニクスの未来を革新してください。

http://luxphotonicsconsortium-sg.org/にアクセスしてください

 

 

 

 

PIOLINK, Inc. (韓国)

PIOLINK, Inc. specializes in the cloud data center optimization guaranteeing the best availability, performance, and security for applications also concentrating on agility and flexibility for data centers. We maximize customers’ business in the fields of telecommunications services, financial services, public services, and corporations by

providing network and security solutions.

For more information, please visit http://www.piolink.com/en/

 

PIOLINK、Inc.は、クラウドデータセンターの最適化を専門としており、データセンターの俊敏性と柔軟性にも重点を置いてアプリケーションの可用性、パフォーマンス、セキュリティを最善に保ちます。 私たちは、電気通信サービス、金融サービス、公共サービス、および企業の分野におけるお客様のビジネスを最大限に

ネットワークとセキュリティソリューションを提供します。

詳細については、http://www.piolink.com/jp/をご覧ください。

 

 

役場に採用されたネットワークセキュリティ! 地方自治体が個人情報を守るために実施する多層防御とは⁉

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000000636.html

“検知したら、即遮断”のセキュリティスイッチTiFRONTシリーズに新たなラインナップを追加“箱を開けると設定が降ってくる”「TiFRONTクラウド管理型モデル」を発表

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000000636.html

 

 

 

 

 

Republic Polytechnic(シンガポール)

The IoT Enabler Lab at Republic Polytechnic serves as a multidisciplinary research and development sandbox to allow our academics, students and industry partners to explore, experience, and develop the innovative showcase of IoT enabled solutions. Our technical investigations include industrial-grade smart sensors, mesh networking, data analytics, visualisation, machine learning and industrial IoT management platform for potential applications in healthcare, green building, supply chain management, farming and other industrial contexts. The lab allows academics from infocomm, engineering, creative design, business and other disciplines to come together to work on projects, allowing for a unique opportunity to explore, experience and innovate.

For more information about RP, visit http://www.rp.edu.sg/

 

Republic PolytechnicのIoTイネーブラーラボは、学問、学生、業界のパートナーがIoT対応ソリューションの革新的なショーケースを探索、体験、および開発するための、多分野の研究開発サンドボックスとして機能します。 私たちの技術調査には、医療、グリーンビルディング、サプライチェーン管理、農業およびその他の産業界における潜在的なアプリケーションのための産業グレードのスマートセンサー、メッシュネットワーキング、データ分析、ビジュアライゼーション、機械学習および産業用IoT管理プラットフォームが含まれます。 この研究室は、情報通信、工学、創造的デザイン、ビジネスおよびその他の分野の学者がプロジェクトに取り組むことを可能にし、探索、経験、革新のユニークな機会を提供します。

RPの詳細については、http//www.rp.edu.sg/を参照してください。

 

 

 

 

Sigfox(フランス)

Sigfox is the world’s leading IoT service provider thanks to its global network that connects billions of devices to the Internet while consuming as little energy as possible, as simply as possible. Sigfox’s unique approach to device-to-cloud communications addresses the three greatest barriers to global IoT adoption: cost, energy consumption, and global scalability.

Today, the network is present in 45 countries and on track to cover 60 by 2018. With millions of objects connected and a rapidly growing partner ecosystem, Sigfox empowers companies to move their business model towards more digital services. Founded in 2010 by Ludovic Le Moan and Christophe Fourtet, the company is headquartered in Labège near Toulouse, France’s “IoT Valley”. Sigfox also has offices in Paris, Madrid, Munich, Boston, San Francisco, Dubai, Singapore, Sao Paulo and Tokyo.

For more information, visit https://www.sigfox.com/en

 

Sigfoxは、可能な限り単純なエネルギーを消費しながら、何十億ものデバイスをインターネットに接続するグローバルネットワークにより、世界をリードするIoTサービスプロバイダです。 Sigfoxのユニークなデバイスツークラウド通信は、コスト、エネルギー消費、グローバルなスケーラビリティといった3つの大きなIoT導入の障害を解決します。

現在、ネットワークは45カ国にあり、2018年までに60件をカバーしています。何百万ものオブジェクトが接続され、急速に成長しているパートナーエコシステムにより、Sigfoxはビジネスモデルをより多くのデジタルサービスに移行させます。 Ludovic Le MoanとChristophe Fourtetによって2010年に設立された同社は、フランスのIoT ValleyであるToulouse近くのLabègeに本社を置いています。 Sigfoxはパリ、マドリード、ミュンヘン、ボストン、サンフランシスコ、ドバイ、シンガポール、サンパウロ、東京にもオフィスを構えています。

詳細については、https://www.sigfox.com/enをご覧ください。

 

 

正念場を迎えるSigfox、シェア拡大を模索

http://eetimes.jp/ee/articles/1802/14/news072.html

NICTなど、Sigfox、LoRa、Wi-SUNの3方式が同時に使えるハイブリッドLPWAテストベッドを横須賀市に構築

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1110688.html

 

 

 

 

 

Singtel  (シンガポール)

Singtel is Asia’s leading communications technology group, providing a portfolio of services from next-generation communication, technology services to infotainment to both consumers and businesses. For consumers, Singtel delivers a complete and integrated suite of services, including mobile, broadband and TV. For businesses, Singtel offers a complementary array of workforce mobility solutions, data hosting, cloud, network infrastructure, analytics and cyber-security capabilities. The Group has presence in Asia, Australia and Africa and reaches over 685 million mobile customers in 22 countries. Its infrastructure and technology services for businesses span 21 countries, with more than 428 direct points of presence in 362 cities. For more information, visit www.singtel.com.

 

Singtelは、アジアの大手通信技術グループであり、次世代通信、技術サービスからインフォテインメント、消費者および企業への一連のサービスを提供しています。 消費者にとってSingtelは、モバイル、ブロードバンド、テレビなど、完全かつ統合されたサービスを提供しています。 企業にとって、シンテルは、人材モビリティソリューション、データホスティング、クラウド、ネットワークインフラストラクチャ、分析、サイバーセキュリティ機能を補完して提供しています。 同グループは、アジア、オーストラリア、アフリカに存在し、22カ国の6億8,500万人以上のモバイル顧客にサービスを提供しています。 企業のインフラストラクチャとテクノロジーサービスは21カ国にまたがり、362都市に428以上のダイレクトポイントがあります。 詳細については、www.singtel.comをご覧ください。

 

 

Singtel and NUS to launch cybersecurity startup hub in April

http://sbr.com.sg/information-technology/news/singtel-and-nus-launch-cybersecurity-startup-hub-in-april

 

 

 

 

 

Skydisc(日本、福岡)

Skydisc from Japan provides factory data analysis using Artificial Intelligence (AI) which is alternative to Japanese manufacturing skill.

Followings are the types of services we provide:

Smart Factory

We implement Smart Factories using our sensing and analyzing technology. With the help of AI, we could do the following:

Product inspection: Graphical semi auto inspection system using AI image analysis

Improve yield ratio: AI will calculate high yield parameter of your machine

Machine maintenance: Predict failure time of machines using AI.

Smart Machine

We jointly develop a new Smart Machine that is new market by using client’s technology and out know-how.

For more information, please visit https://skydisc.jp/

 

日本のSkydiscは、日本の製造スキルに代わる人工知能(AI)を使用して工場データ分析を提供します。

当社が提供するサービスの種類は次のとおりです。

 

スマートファクトリー

我々は、センシングおよび分析技術を使用してスマートファクトリを実装しています。 AIの助けを借りて、私たちは以下を行うことができました:

・製品検査:AI画像解析を用いたグラフィカルな半自動検査システム

・歩留まり率を向上させる:AIはマシンの高歩留まりパラメータを計算します

・マシンメンテナンス:AIを使用して機械の故障時間を予測します。

スマートマシン

お客様の技術とノウハウを活かし、新しい市場であるスマートマシンを共同開発しています。

詳細については、https://skydisc.jp/をご覧ください。

 

 

AIとIoTを一気通貫で提供するスカイディスク、VCら7社から総額7.4億円を調達――工場内保全・機械保全・介護分野への技術適用・研究に注力

http://thebridge.jp/2017/10/skydisc-jpy740m-funding

福岡発IoTスタートアップのスカイディスク、設備機器の故障を事前に予測する「SkyAI」提供開始

http://jp.techcrunch.com/2017/04/13/skydisc-skyai/

 

 

 

 

 

Smarten Spaces (シンガポール)

Headquartered in Singapore, Smarten Spaces runs with a purpose to transform places of work and leisure into state of the art sustainable architectures which will enhance experience and efficiency by increasing performance and optimising cost. Using its state of the art AI and IOT platform, its goal is to provide Real Estate Developers & Enterprises with the ability to offer next generation Space that will improve productivity, reduce operational cost & offer conveniences to the end users that make every day for people using them effective and memorable. At the same time, energising and engaging the community with our End-to-End Integrated Platform for Smart Solutions.

For more information, visit https://www.smartenspaces.com/

 

シンガポールに本社を置くSmarten Spacesは、仕事とレジャーの場を最新の持続可能なアーキテクチャーに変え、パフォーマンスを高め、コストを最適化することで経験と効率を高めます。 最先端のAIおよびIOTプラットフォームを使用して、その目標は、人々のために毎日行うエンドユーザーに、生産性を向上させ、運用コストを削減し、利便性を提供する次世代空間を提供する能力を不動産開発者および企業に提供することです 効果的で記憶に残るものを使用してください。 同時に、スマートなソリューションのためのエンドツーエンドの統合プラットフォームにコミュニティを活性化し、関与させます。

詳細については、https://www.smartenspaces.com/をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

SpaceAge Labs (シンガポール)

SpaceAge Labs is a Singaporean IoT start-up with a vision to help its customers develop and deploy IoT Solutions quickly and easily. Its technology is low in CAPEX and OPEX to ensure quick return on investment on IoT projects.

To achieve this vision, it has developed a modular and customizable hardware cum software IoT platform (remoteEye) that will help turn existing machines and sensors into smart wireless IoT devices. remoteEye hardware is a plug ‘n play communication modem that can connect any industry standard machine, sensor or meter to the cloud via low cost, low power wide area wireless networks (LPWAN) such as Sigfox, LoRa and NB-IoT. remoteEye IoT Cloud enables you to store, analyze, share and visualize the data from these devices.

SpaceAge Labs is one of the few start-ups incubated by NUS Enterprise at the Deep Technology Hub at Singapore Science Park. It is currently doing pilot projects and trials with major industrial customers such as Schneider Electric, TE Connectivity, LKH Precicon, Hitachi and more. It has strong partnerships with key IoT players such as Sigfox, Singtel, AWS and Microsoft.

For more information, please visit http://spaceagelabs.com.sg/

 

SpaceAge LabsはシンガポールのIoTスタートアップ企業で、IoTソリューションの開発と導入を迅速かつ容易に行うためのビジョンを示しています。その技術はCAPEXとOPEXが低く、IoTプロジェクトへの投資の迅速な回収を保証します。

このビジョンを達成するため、既存のマシンとセンサーをスマートなワイヤレスIoTデバイスに変えるのに役立つモジュラーでカスタマイズ可能なハードウェアIoTプラットフォーム(remoteEye)を開発しました。 remoteEyeハードウェアは、Sigfox、LoRa、NB-IoTなどの低コスト、低消費電力の広域無線ネットワーク(LPWAN)を介して、業界標準のマシン、センサー、またはメーターをクラウドに接続できるプラグアンドプレイ通信モデムです。 remoteEye IoT Cloudを使用すると、これらのデバイスのデータを保存、分析、共有、視覚化することができます。

SpaceAge Labsは、NUSエンタープライズがシンガポールサイエンスパークのDeep Technology Hubでインキュベートした数少ない新興企業の1つです。現在、Schneider Electric、TE Connectivity、LKH Precicon、Hitachiなどの主要な産業顧客とのパイロットプロジェクトや試験を行っています。 Sigfox、Singtel、AWS、Microsoftなどの主要なIoTプレイヤーと強力なパートナーシップを結んでいます。

詳細はhttp://spaceagelabs.com.sg/をご覧ください。

 

 

 

 

 

The Photonics Institute (シンガポール)

The Photonics Institute (TPI), one of the most advanced institutes in the field today, is the culmination of over 20 years of photonics research at Nanyang Technological University (NTU). It is an interdisciplinary research institute that consolidates various research centres in the area of photonics within NTU, and is in partnership with the Optoelectronics Research Centre at the University of Southampton UK. The TPI has established Singapore as a world leading centre of research excellence in applied and fundamental photonics.

Website: http://tpi.ntu.edu.sg  

 

今日の最先端研究所の一つであるフォトニクス研究所(TPI)は、ナンヤン工科大学(NTU)で20年以上のフォトニクス研究の成果です。 NTU内のフォトニクス分野のさまざまな研究センターを統合し、サウサンプトン大学のオプトエレクトロニクス研究センターと提携している学際的な研究機関です。 TPIは、シンガポールを適用フォトニクスと基礎フォトニクスにおける研究優位性の世界的リーダーとして確立しました。

ウェブサイト:http://tpi.ntu.edu.sg

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その1) 〜 IoT電子工作体験キット(ソラコム+ラズベリーパイ)でIoTデビュー

  (お願い) 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉の使い方がおかしいところ

記事を読む

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その3)~ Arduino + ソラコムLoRaWANで温度データをアマゾンのクラウドAWSのS3へ送ってみた

    ※ 私は IoTやIT全般に関してはスーパー初心者です。記載内容、言葉の使い方がおか

記事を読む

シンガポールをブラタツヤ(その1:観光編)

2013年8月10日 ついに人生初のシンガポール入りしました。 ワクワクドキドキ。 チャン

記事を読む

シンガポールのスタートアップ関連英文記事を要約してみるシリーズ(その1:SGInnovate)

訳あって当面シンガポールのスタートアップ事情を調べることになったのですが、日本語の情報が少な

記事を読む

MAKERS ―21世紀の産業革命が始まる

もう何十年も前からのことだけど、 日本の人件費は高い、電気代も高い、税金も高い、何するにしても高い

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 342652総閲覧数:
    • 129今日の閲覧数:
    • 153昨日の閲覧数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑