*

北野唯我さんのブログ記事「凡人が、天才を殺すことがある理由」を読んで

公開日: : 雑感 , , , ,

 

 

 

Tensai boy

 

 

 

 

 

 

北野唯我さんのこのブログ記事に共感したので、雑感。

 

 

凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?

http://yuiga-k.hatenablog.com/entry/2018/02/23/113000

 

 

 

僕は天才じゃないけど、ちょっとだけ普通の人より変人・自称クリエイティブなので、ここでいう「病める天才」に近かったと思う。

 

自分は他人と違いクリエイティブな人間だと思っていたけど、周囲の評価は全く違うし、現実はうまくいかない。

決められた定型業務を押し付けられる毎日、型にはまることを要求される毎日に、自分のクリエイティビティは社会に必要なものではない。いや、そもそも自分はクリエイティブでは無い、ただ現実から逃げてるだけじゃないかと、ずっと長く病んでいた。

 

 

しかし、ネットで発信し続けたこと、行動を続けて来たことで、最近は様々な局面で「共感の神」のような人が現れ、都度、助けていただいている。

 

大げさにいうと、人生がうまく回り出したような気がする。

 

 

 

このブログ記事の続編

【続編】天才を殺すのは、実は「秀才」ではないか?等への回答10選

http://yuiga-k.hatenablog.com/entry/2018/02/27/220032

 

にも書かれているが、

「共感の神の見つけ方は、発信すること」

 

 

そう、発信すること。発信し続けること。

 

 

あと、僭越ながら、

「行動すること」も付け加えたい。

 

 

 

 

 

SNSの緩い繋がりは、何かの機会に太く繋がる。

通常はすごく細いけど、ハマった時は太い線で繋がり、SNS以前の社会では考えられないようなミラクルが起こる。

 

最近の僕の身は、そういうことが恐ろしいほど、立て続けに起こっている。

そのあたりのことを、近々まとめて書くつもりだ。

 

 

 

凡人の中に埋もれている天才に光を当てられる人間になりたい。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

フィンテックについての戯言

  最近、フィンテックって言葉をよくきく。   今週の日経ビジネス、エコノミストという主要ビジネス誌

記事を読む

老人が若者を「喝!」する社会の終焉

最近のトピックやニュースが1本の線でつながってるように感じるので、思考を整理すべく、戯れ言を綴ります

記事を読む

no image

新入社員に送るアドバイス

4月最初の週末です。 新入社員の皆さんは緊張の連続からほっと一息ついているところでしょうか。 花見の

記事を読む

オリンピック2020年東京開催決定をうけての雑感

2020年のオリンピックが東京に決まりました。 おめでとうございます。 さて、今日は、オリン

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます。 なお、この日の出の写真は、こちらの著作権フリー画像より頂

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

イノベーションって何か知りたければ、映画『パッドマン』を観ればいい

    最近よく、「起業しないんですか?」って聞かれる。   僕は、今

(戯言)アクセラレーターと靴磨きの少年

  ちょっと、戯言。   多方面から怒られそうな内容だけど、まあいいか

NT広島2019を開催しました

      2月2日(土)に「NT広島2019」という個人の電子工作

【Touch Designer 備忘録】Touch Designerの画像を外部モニターやプロジェクターに投影する方法

  私はTouch Designerを初めて1週間くらいの超初心者です

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

→もっと見る

    • 370473総閲覧数:
    • 230今日の閲覧数:
    • 634昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑