*

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

 

 

正月休み、暇してたので映画でも観ようと、

広島市内で上映している映画を検索。

 

「ガンジス」の文字が目に止まる。

 

4年前の情景が浮かんできた。

 

 

 

 

僕は4年前、ガンジス河が見たくて、インドのバラナシに行った。

バラナシにはたった2泊の滞在だったけど、強烈な印象が残った。

 

入り組んだ迷路のような街

生と死が隣り合う感覚

ガンジス河

火葬

 

インド中から、火葬のため遺体が送られてくる。

インド中から、死を迎えるために人々がやってくる。

 

 

その時の体験を電子書籍化した。

是非、読んでください。

 

 

 

 

 

 

で、

その思い出に浸りたく「ガンジスに還る」という映画を観に行った。

 

Ga

 

 

 

 

題名の通り、全編ガンジス河の街バラナシが舞台。

 

インド映画特有の歌と踊りのパーティはほとんどなく、

ただただ、死を待つ人たちの日常を淡々を描いてる。

 

多分、バラナシ行ったことなければ面白くないと思う。

 

 

 

ガンジス河

火葬場

プージャー(ヒンズー教の儀式)

 

 

この2時間だけは、僕はガンジス河に戻った。

バラナシの記憶が呼び起こされた。

 

 

 

また行きたい。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

人間の感覚を失う恐怖〜「サウルの息子」を観て

              numb 発音nʌ'm   (形容詞)麻痺している、感覚を失った    

記事を読む

no image

愛、アムール

昨年のカンヌのパルムドール受賞作品、今年の米アカデミー賞外国語映画賞の 「愛、アムール」 を観ました

記事を読む

戦争と家庭どっちが大切なの? ~『アメリカン・スナイパー』を観て。

  スナイパーといえば、ゴルゴ13。 いかなるときも冷静沈着、完璧な仕事をします。

記事を読む

遺体 明日への十日間

明日で震災から2年が経ちます。 お亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

記事を読む

no image

ワールド・オブ・ライズ

レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ そしてリドリー・スコット監督といえば、もう観るしかない。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

    IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試して

2週間後にVJをやらざるを得なくなった時に読むブログ(TouchDesignerでVJに挑戦)

  たった2週間でVJだと。 VJ舐めんな。 Touch Design

NT(なんか作ってみた)と MG(迷ったらゴー)で、 走りながら学ぶ

    2月23日「オープンセミナー広島2019」での私の登壇内容をブ

「オープンセミナー広島2019」で登壇しました。

    2月23日(土)に「オープンセミナー広島2019」で登壇しまし

映画『ファースト・マン』観たけど、観てない。

          『ファースト・マン』観た。     すごく良い映画

→もっと見る

    • 394426総閲覧数:
    • 157今日の閲覧数:
    • 1260昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑