*

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

 

 

正月休み、暇してたので映画でも観ようと、

広島市内で上映している映画を検索。

 

「ガンジス」の文字が目に止まる。

 

4年前の情景が浮かんできた。

 

 

 

 

僕は4年前、ガンジス河が見たくて、インドのバラナシに行った。

バラナシにはたった2泊の滞在だったけど、強烈な印象が残った。

 

入り組んだ迷路のような街

生と死が隣り合う感覚

ガンジス河

火葬

 

インド中から、火葬のため遺体が送られてくる。

インド中から、死を迎えるために人々がやってくる。

 

 

その時の体験を電子書籍化した。

是非、読んでください。

 

 

 

 

 

 

で、

その思い出に浸りたく「ガンジスに還る」という映画を観に行った。

 

Ga

 

 

 

 

題名の通り、全編ガンジス河の街バラナシが舞台。

 

インド映画特有の歌と踊りのパーティはほとんどなく、

ただただ、死を待つ人たちの日常を淡々を描いてる。

 

多分、バラナシ行ったことなければ面白くないと思う。

 

 

 

ガンジス河

火葬場

プージャー(ヒンズー教の儀式)

 

 

この2時間だけは、僕はガンジス河に戻った。

バラナシの記憶が呼び起こされた。

 

 

 

また行きたい。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。       今年は映画館で観た

記事を読む

パイレーツ・ロック

2010年最初の映画は、 イギリスに実在した 海の上からロックばかりかける文字どおりの海賊ラジオ放送

記事を読む

no image

20世紀少年 <最終章>

ついに20世紀少年 最終章。 物語の始めの頃は、壮大な今までにない世界観にワクワクしたものだが、 い

記事を読む

「アベンジャーズ エンドゲーム」を観た

      約1ヶ月前、ゴールデンウィークに「アベンジャーズ エンドゲーム」を観た。   今更ブロ

記事を読む

【44歳中年サラリーマン、初めてのインドひとり旅】2日目早朝その2:ニューデリー駅 絶望から新たなる希望へ

    ここからは、自分のバカさ加減を晒すようで書きたくなかったが、これからインドに行く人が同じ目に

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 826985総閲覧数:
    • 870今日の閲覧数:
    • 1592昨日の閲覧数:
    • 10現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑