*

U2の来日公演に行ってきた!

公開日: : 音楽 ,

 

約30年前、

高校生のとき付き合っていた彼女に、U2の「ヨシュア・ツリー」のレコードを貸した。

洋楽など聴かない娘だったが、とても気に入ってくれた。

 

彼女はまだU2を聴いてるのだろうか?

 

 

 

 

 

時は流れ、2019年、

U2が「ヨシュア・ツリー」を完全再現するライブで、日本にやってきた。

12月5日さいたまスーパーアリーナ。

 

U2は13年ぶりの来日公演。

 

僕にとっては、大学生のこと以来、30年ぶり。

1989年の LOVE COMES TO TOWN TOUR の大阪城ホール以来。

 

 79124263 2606560802725771 1093648181373173760 n

 

 78350890 2606560956059089 7784999094426009600 n

 

 

一曲目のSunday Bloody Sunday のラリーのドラムが叩かれた瞬間に自然と涙が流れた。

 

数々のヒット曲に自分を重ねた。

 

ボノの声が全盛期に比べて全然出てないような気がした。

でも、そんなことはどうでもいい。

 

ボノはすっかり好好爺かのごとくご機嫌だった。

肩の荷がぬけたかのような幸福感に包まれてた。

 

 

U2は僕の人生とともにあった。

中坊のくせにに、キング牧師のため歌おうぜ、マンデラのためにに歌おうぜとか意識高い黒歴史があった。

でも、彼らのおかげで世界にWideAwakeすることができた。

グローバリゼーションを自分ごとに感じる癖がついた。

 

 

90年代に入り、デジタルを多用しボノが道化師になって現れた。

突然今までのファンを置き去りにした。

この時が分岐点だったと思う。

賛否両論あった。

僕もついていけず、ファンを辞めそうになったけど、あれがあったから彼らは今までサバイブできた。

ほとんどのバンドは大スターになり肥大化する自分たちに押しつぶされるか、メディア、商業主義に飲み込まれ凡庸なものに陥る。

しかし、U2は自分たちを批評・再構築し、メディア、テクノロジーをも取り込み、商業主義とアクティビティストの両立を成し遂げたと思う。

 

僕は進化し続けることの大切さを学んだ。

テクノロジーに関心を持つこともできた。


 

その試行錯誤の90年代が2000年代の無双につながった。

「Beautiful Day」を聞いたとき、「お帰り」と思った。

昔ののU2が成熟して戻ってきた。

 

僕も分別のある大人にそれなりに成長していた。

 

 

ただ、流石のU22010年代は過去の人になっていた。

僕は、あれだけ好きだったU2の新作を追わないようになっていた。

 

今回のコンサートの客層は、ほぼ全員が中年以上だった。

もはやU2はフロントランナーではない。

ストーンズのような懐メロ大御所スターの地位。

 

若者から見ると、ダサいと思う。

 

 

でも、こうやって同じ時代を過ごし、

一緒に老いていく。

 

その連帯感。

 

そんな対象は、僕にとって彼ら以外いない。

 

 

僕の人生はU2とともにあった。

 

 

 

 

僕の10年前のブログに、こんなこと書いてた。

「願わくは、もう1度、U2が解散する前か私が死ぬ前までに、見たい」

 

 

それが実現した。

 

苦しまないのなら、

もう死んでもいいのかなとも思う一方で、

新たな自分の人生が始まったような気もしてきた。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

サマソニ2015ヘッドライナー発表!

        今年のサマソニのヘッドライナーが今日発表されました。   オフィシャルページ ht

記事を読む

私がよく聴いたザ・ローリング・ストーンズの曲ベスト3

なにやら、今、ザ・ローリング・ストーンズの50周年記念ライブがWOWOWで生中継されてます。 私は

記事を読む

2010年マイベストソング(今年よく聴いた曲)

今年もあとわずか、 さきほどまで、マイベスト本、マイベスト映画と立て続けに発表しましたが、 次は

記事を読む

Paul Weller LIVE@広島

4月9日 Paul Weller in Hiroshima 老若男女さまざまの客層。 ジャムやス

記事を読む

映画「メタル・ヘッドバンカーズ・ジャーニー」を観て、ヘヴィメタの素晴らしさを知る

  最近、「BABY METAL」のおかげで、ヘヴィーメタルが一般ピーポーにも注目を集

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 828459総閲覧数:
    • 435今日の閲覧数:
    • 935昨日の閲覧数:
    • 6現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑