*

タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 映画感想文

本日は9・11ということで、
広島市中区大手町のカフェ・パコで
第80回米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した衝撃作
「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」
の上映会がありました。
(アムネスティ主催)

内容をざっと言うと、
2002年12月アフガニスタンのタクシー運転手ディラウォルさんは
いつものようにお客を乗せていたところ、テロ容疑者として拘束され、
アメリカに引き渡された後、裁判も無く、拘束施設での拷問により、5日後に死亡した。
普通のマジメな一般人ディラウォルさん、
なぜそのディラウォルさんが想像を絶する拷問を受け、死ななければならなかったのか?
関係者の証言から恐るべき事実が明らかになる。
米軍の捕虜に対する拷問・虐待は、一部の「腐ったリンゴ」の仕業でなく、
ブッシュ大統領をトップとした組織的な指揮系統に基づいて行われていたのだ。
もちろん直接ブッシュが拷問しろと言ってるのではなく、
組織的にそうなるのが不可避な体制だったからだ。
挙句の果てには、
「フセインはアルカイダと9・11に関係している」という拷問の末の証言を
イラク進行の口実に使うなど、めちゃくちゃだ。
めちゃくちゃな世の中だ。
これは、アフリカの独裁国家での話ではない。
スターリンでもポルポトでもない。
911後ブッシュのもとでおかしくなった自称正義の国アメリカの仕業なのだ。
なぜ、ここまで人間は非人道的になれるのか?
これが人間の本性なのか?
あまりにもヒドすぎる・・・。
しかし人ごとではない。
だれもが、ディラウォルさんを拷問する可能性はあるのだ。
ディラウォルさんを拷問した人がこう言った。
「なぜ、だれも拷問を止めなかったかって?
言うのは簡単だが、その場にいたら誰も止めることはできない。」
話はずれるが、いじめの問題にも通じる。

ただし、アメリカも前進している。
オバマ大統領は就任直後にキューバのグアンタナモ収容所を1年以内に閉鎖すると言ってる。
まだまだ課題は多いが、1日も早く無実の人たちが解放されてほしいと願う。
そして彼らへの賠償や前政権の責任者への追及を推し進めていってほしいものだ。
私たちにも微力ながらできることがある。
アムネスティのサイトからオバマ大統領へメールを送ることだ。
http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=webaction02_Obama_100days

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

希望の国

先日の総選挙で自民党政権が誕生しました。 我が国はいろいろな問題をかかえていますが、その1つ原発問題

記事を読む

ネコを探して

フランスのドキュメンタリー映画 予告編の「ネコかわいい」っとした雰囲気とは違い、ピリっと皮肉のきい

記事を読む

no image

スペル

「死霊のはらわた」で有名な もとい、 今や「スパイダーマン」シリーズで有名なサム・ライミ監督の新作

記事を読む

映画『アクト・オブ・キリング』からインドネシアの歴史の暗部を知る

      殺人は許されない。 殺した者は罰せられる。 鼓笛を鳴らして大勢を殺す場合を

記事を読む

シャーロック・ホームズ

本当はアカデミー作品賞の「ハート・ロッカー」を観にいくつもりでした。 ソレイユのバルト11のチケッ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355209総閲覧数:
    • 67今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑