*

チャイナパワー「膨張する中国マネー」

公開日: : 最終更新日:2017/12/15 ドキュメンタリー, 中国 ,

中国と聞いてどういうイメージを持ちますか?
確かに、成長はしているが、洗練されていないし、
安い人件費で、安かろう悪かろうな粗悪な商品を作っている二流国
というイメージを多くの人が持っているでしょう。
しかし、そんなイメージを持っている人は、
既に終わってます。
世界経済が後退しているからこそ、
逆に、巨大な外貨準備額を保有する中国は
着々と、世界を席巻し始めています。
そういった様子を、
中国の投資銀行を舞台に、ドラマ「ハゲタカ」ばりに紹介してた
今夜のNHKスペシャル 「チャイナパワー」
第3回「膨張する中国マネー」
を見ました。

中国は、中国企業の世界進出を国家戦略として位置付けている。
経済成長により、
人件費は高騰
→世界の工場として輸出に頼るのは限界
生活水準の向上による自動車普及、電力消費増大
→資源不足
このような理由により、
200兆円のも昇る莫大な外貨準備額を持つ中国は、
国家をあげて企業の海外進出、投資を後押ししている。
なかでもM&Aは一番手っ取り早い。
自社でコツコツ成長するよりも
M&Aで短期に技術、特許、知名度などの経営資源を手に入れることができるからだ。
世界市場に打って出るため、アメリカのメーカーに触手を伸ばしている。
世界的景気後退で投資してほしい企業がいっぱいだ。
日本の企業だってヤバい。
日本企業を買収することで、世界市場が開けるし、
株価低迷の日本は今や買い時だ。
「日本は世界への飛び石」
なんてことを中国の投資銀行の幹部は言っていた。
もはや我々も人ごとではない。

映画「ハゲタカ」を見たことはありますか。
日本の大手自動車会社が中国の政府系ファンドに買収されそうになる話です。
そんな訳あるわけないというあなた。
日本のパソコン販売大手「ラオックス」の買収
GMのハマーブランド買収の報道
裏口上場という手段を使ったナスダックへの上場
(なん300近い中国企業が裏口上場にてナスダックに上場)
などなど
これでも、まだ中国の脅威を感じませんか?
数年後には、
あなたの会社の筆頭株主は中国人になっているかもしれません。
あなたの上司も中国人になっているかもしれません。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

中国が仮想通貨を発行したがってるらしい

    年初来、中国経済の失速によって世界中の市場がパニックになっています。 そんななか、中国

記事を読む

no image

インドの衝撃(膨張する軍事パワー)

今夜のNHKスペシャルは、インドの軍事外交について。 インドの衝撃 第1回「膨張する軍事パワー」 経

記事を読む

深圳に行ってきた 2017.11(その4:深圳でみたIT関連ネタ(スマホ決済、シェアリングなど))

  2017年11月に深圳に行ってきました。   そのことについて、 このブログでシリーズでお送りし

記事を読む

no image

ドバイ

さっきのNHK特集の「ドバイ」はすごかった。 ドバイは空前の開発ラッシュ、世界中の富が集まるドバイ・

記事を読む

上海に行ってきました

2月9日から2月11日まで上海に行ってきました。 上海はすごく興味深い街でした。 人・人・人の熱

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 344226総閲覧数:
    • 134今日の閲覧数:
    • 203昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑