*

若者危機

公開日: : 新聞・雑誌等


週刊東洋経済 2009.1.10号
「未来に希望を描けない!若者危機」は衝撃の内容でした。
今の非正規雇用の問題を鋭くえぐる一方
若者への苦言・応援、政府、大企業への批判・・・
さまざまな立場・角度から、現代の「蟹工船」の実態を暴いています。
(今夏「蟹工船」が映画化されるそうだ・・・)
例によって、心に残った語録を抜粋
まずは、若者にカツを入れる意見

●中国やインドは言うに及ばず、日本から一歩外に出れば、ハングリーでアンビシャスな若者が山といる。これが「世界標準」だが日本では若者の温室教育を加速している。日本人の能力が劣ったわけではない。芸術やスポーツ選手など世界を相手にする日本人は一流だ。不思議なことに、日本の企業や役所に勤める人だけが世界の寒風にさらされていない。(大前研一)
●今の若い人は「給料が安くても自分らしい仕事ができる会社がいい」などというが、とにかく儲かっている大企業に行け。儲かってない中小の企業に行って、やりたいことなんてでいない。会社が小さいということは、やりたくないことも山ほどやらないと、組織がまわらない。(三田紀房)

次に、中高年に問題があるという立場

●大企業の中高年正社員の多くは、今の若者を「甘い」と嘆く。「こらえ性がない。すぐ会社を辞める」と。だが、これを言うのは、新卒で大企業に入り、定年まで働くものと思い込んでいる「昭和的価値観」の人だ。まずは中高年が既得権を手放すことから始めないと・・・。(城繁幸)
●今40代・50代の人々のものを考える力が衰えていて、これが若い人たちに波及している。一般教養や学識をきちんと束ねられない大人たちが、どうして若者の問題を論じられるかが一番の問題であって、若者の責任は2番目でしょう。(富野由悠季)

社会システムに問題があるという意見

●米国の失業率はどの年代も同じような推移なのに対し、日本では近年若年層の失業率が突出して悪化しており、社会的リスクを若者だけに負わしている。(メアリー・C・ブリントン)

最後に、会社とは何か、働くとは何か ということを考えさせられる言葉を紹介します。

●会社が人の効率化を求めすぎると、自分で考えることができない社員を作ってしまう。人間は頭と体を使って働くのが自然なこと。頭を使い、体を使って働く環境を提供する。厨房に包丁がないような会社にはしたくない。 (平成建設(静岡県)社長)

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

新7つの大罪

ブラット・ピット主演の映画「セブン」のネタともなった7つの大罪。 怠惰、嫉妬、大食、貪欲、色欲、激怒

記事を読む

BYD

世界的な不況により、ビッグ3、トヨタなどの自動車産業も大打撃を受けている中、 今がチャンスとばかり

記事を読む

no image

最近の中国経済 (日経ビジネスより)

昨今の世界大不況でも経済成長率は6.5%と底堅い中国経済。 最近の情勢はどうなのか、日経ビジネス(

記事を読む

no image

実践的「哲学」入門(東洋経済)

週刊東洋経済2010.8/14-8/21合併号の 『実践的「哲学」入門』 を興味深く読んだ。 政

記事を読む

no image

無敵の営業力

年度末ですね。 営業は最後の追い込み、そして来期に向けた種まきの時期です。 そういう時期だからか、ビ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

SORACOMでお手軽電子工作 〜SORACOMと私〜

   2020年1月31日 「SORACOM ユーザーグループ広島」が

初めてのXRLT ~AR草刈り機で登壇したよ

    2020年2月のTsukuba Mini Maker Fair

広島のレモンの島のハッカソンからメイカーフェアに至るまで

  2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Tsuk

「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」に出展しました

    2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Ts

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

→もっと見る

    • 884084総閲覧数:
    • 112今日の閲覧数:
    • 910昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑