*

ヒックとドラゴン

公開日: : 映画感想文

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」
というハリウッド娯楽映画によくあるストーリーを軸に
父親との葛藤やウブな恋、友情があったりと、良くできた映画です。
なんといっても、ドラゴンの飛行シーン!
「アバター」の翼竜の飛行シーンで度肝を抜かれたが、
この映画のスピーディでスリリングな飛翔感は、アバターのそれを遥かに凌ぎます。
クライマックスのアクションは、ただただ凄いというしかない。
少年時代に持ってたはずの「夢」がいっぱい詰まってる。
ドリームワークスよ、文字通り「夢」を作ってくれて、ありがとう。
年甲斐もなく、ワクワクできたよ。
公式サイト
http://www.hic-dragon.jp/

さて、この映画から学んだ教訓
■その1
ソリューションは従来の発想にしがみついてはいけないってこと。
バイキングのリーダーの使命は「国民が安心して暮らせる社会」にすること。
たまに食料を強奪に来るドラゴンが社会不安の材料だ。
その目的を達成するたけには、「ドラゴンをせん滅すること」しかない。
そのために、「ドラゴンを殺して一人前」というイデオロギーのもと、戦士を育て、ドラゴンと戦っている。
しかし、それは解決にならない。殺しあいの無限ループでしかない。
そして、「ドラゴンをせん滅する」という手段がいつの間にか目的になってしまっている。
しかし、ヒックのようにまったく違った視点からものを見て、行動することによって、この国が抱えている問題を根本的に解決でき、平和が訪れた。

■その2
相手は自分の鏡ということ。(「鏡の法則」みたい)
相手を憎めば、相手も自分を憎む。
相手を愛せば、相手も自分を愛す。
憎んでる相手も、実際は善良な市民だったりする。
よくわからんイデオロギーがそれを困難にさせている。
(ここでは「バイキングはドラゴンを倒して一人前」という考え方)
それと、過去からの憎しみの連鎖がそれを困難にさせている。
(ここでは「ドラゴンにたくさんの仲間が殺された」という事実)
そんな当たり前だけど、人類の永遠の課題をヒックは教えてくれる。

PS,
残念なのが、日本ではまったく売れてないこと。
まったく新しいキャラクターなので、浸透させるのが難しかったこと。
「アリエッティ」や「トイストーリー」という強力なライバルがいたこと。
身近ではないバイキングという題材
などいろいろ考えられるが、
オードリーを全面に使ったCM展開がいけんかったとおもう。
私の脳は、オードリーを見た一瞬で「面白くなさそう」という判断を下した。
といっても、アメリカでも公開当時はそれほど売れてなかったのが、口コミで大ヒットになったから、まだわからないかも。
そういう私も、まったく観るつもりがなかったけど、私のTwitterのTL上での評判が大変良かったので観に行ったんですけどね。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ザ・バンク 堕ちた巨像

安っぽいB級映画みたいな題名だけど、 原題は THE INTERNATIONAL その原題のとお

記事を読む

20世紀少年 第2章

人気原作映画の宿命か、登場人物が多いうえに、ストーリーの展開が早く、 原作読んでなかったら、わけわ

記事を読む

映画『チョコレートドーナツ』を観て、生きる価値について考えた

          資本主義の世の中で働いていると、 人間を優秀とかそうじゃないとか

記事を読む

ココ・シャネル

シルバーウィークは映画と読書三昧です。 昨日に続き、今日もシャネルの映画を観ました。 昨日はフラ

記事を読む

no image

スペル

「死霊のはらわた」で有名な もとい、 今や「スパイダーマン」シリーズで有名なサム・ライミ監督の新作

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録メモ】「福岡 Machine Learning/Deep Learning Meetup」潜入レポート

  先日、このイベントに参加しました。     福岡 Machine

映画『レディ・プレイヤー1』を観て

          最近、VR機器「Oculus」の新製品が発売され

「Startup Weekend Tokyo 深圳」に参加しました。

    いつか起業したいなーという思いはあるのですが、ずっと「いつか」

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

→もっと見る

    • 289290総閲覧数:
    • 24今日の閲覧数:
    • 198昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑