*

90年代最強のロックバンドのドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」を観て、ロックンロールについて思いつくままに書いた。

 

 

 

 

1964年、ビートルズが「抱きしめたい」で初めて全米チャート1位となった。

それから20年後の1984年、僕は生まれて初めてレコードを買った。

ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」

昨年亡くなったプリンス、ジョージ・マイケルが絶好調の年でもあった。

その10年後の1994年、オアシスのデビューアルバムが発売。

ウィンドウズ95が発表される1年前だ。

 

 

 

それから20年以上が経っている。

 

 

なんで、こんな話をするのかというと、昨日90年代イギリス最強のロックバンド オアシスのドキュメンタリー映画「スーパーソニック」を観て、興奮する中、いや待てよと思ったからだ。

 

僕にとって、オアシスのデビューは衝撃的で、デビューアルバム、セカンドアルバムと立て続けに、ぶっ飛んだ。最高にクールなロックンロールだと今でも信じている。

 

 

 

 

でも、

いや待てよ。

1964年のビートルズは最高にイカしたバンドだったはずなのに、1984年の中学生の僕からすると20年前のビートルズにはどこか古臭い感があった。みんなが凄い凄いというので、それを古臭いだなんていうことができない存在だった。

 

で、今の若いひとも、同じなのだろう。

あのオアシスのセカンドから20年以上も経っている。

ギャラガー兄弟も中年だし、今の若い人から見たら古臭いのかもしれない。

 

でも、オアシスをリアルタイムで観た僕からすると、いまだにクールなんだ。

労働者階級のチンピラからロックンロールスターに成り上がったギャラガー兄弟は、売れても襟を正さず、ずっと不良だった。この映画でも描かれるけど、本当のクズ野郎だった。政治的になることもなく、ヒューマニズムに訴えることもなく、悪態つき、喧嘩ばかりして世間を騒がせ、適当に作ったであろう意味不明の歌詞で、リアムは観客を見下ろしながら歌う。

 

人間的には、多分クソ野郎なんだろう。

クソ野郎を演じていただけかもしれないけど、やっぱりクソ野郎なのだろう。

 

いやそれでいい。

そもそもロックンローラーはクソ野郎がやる音楽だろ?

 

 

 

僕は、絶頂期をちょっと過ぎてから、2回ほどオアシスのライブを観た。

その後解散後も、リアムのバンド「ビーディ・アイ」と、ノエルのバンドのライブも観た。

リアムを観たのは真夏の炎天下のサマーソニックだった。

40度はあるだろうクソ暑いステージでの、モッズコートを脱がず、「ハロージャパン」とも「コンニチハ」とも言わず、ただただ両腕を後ろに組んで、観客を見下ろして、歌う。

 

 

天上天下唯我独尊

 

リアムを見てると、その言葉が浮かんできた。

 

 

 

 

 

 

 

いつの時代も、中年ロックファンはロックは死んだという。

ピストルズでロックは死んだというオッサンもいれば、ジョン・レノンの暗殺で、ロックは殺されたというオッサンもいる。

カート・コバーンでロックは復活し、その自殺とともにロックは死んだなどというオッサンもいる。

(僕もその一派だ)

あろうことにか、レニー・クラヴィッツが「Rock is Dead」と歌ったこともあった。

レニークラヴィッツ、お前がそんなことを歌う資格があるのか?と呆れた。(そういうお前は何様?というツッコミは横に置いとく)

 

 

 

最近の情勢を知らないから、違ってたらごめん。

最近のロックスターと呼ばれる人たちはお行儀が良すぎるのでは。

計算高いのではないか。

 

音楽で世界を救う?

 

そんなことできないのは、ウッドストックで証明済みだろ。

 

ロックンロールには意味はない。

 

ロックンロールとは、一生階級から抜け出ることのできないチンピラが成り上がる唯一の手段。

つまらない人生を忘れさせるもの。

 

 

リアムは、熱狂する何十万人の観客を冷静に見下ろして、人生最高の瞬間だとシミジミと感傷に浸る。

 

嘘偽りのない正直な気持ちだろう。

 

 

実力と運を兼ね備えた一握りのクソ野郎が、最高の自己肯定ができる。

 

そのクソ野郎が、ロックンロールスターなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaのベスト映画2013

今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は14本の映画を劇場で観ました。

記事を読む

no image

ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズの最終章。 前作の「ダークナイト」がヒース・レジャー

記事を読む

no image

パイレーツ・ロック

2010年最初の映画は、 イギリスに実在した 海の上からロックばかりかける文字どおりの海賊ラジオ放送

記事を読む

R.I.P. デヴィッド・ボウイ 〜世界中からの追悼ツイッターとともに

      伝説のロック・アーティスト デヴィッド・ボウイが亡くなりました。 享年69歳。    

記事を読む

Paul Weller LIVE@広島

4月9日 Paul Weller in Hiroshima 老若男女さまざまの客層。 ジャムやス

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343336総閲覧数:
    • 60今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑