*

映画「アリータ: バトル・エンジェル」を観た

公開日: : 最終更新日:2019/03/25 映画感想文 , ,

 

 53327548 2132667133448476 3727764354293039104 n

 

 

 

日本の漫画「銃夢」のハリウッド映画版の「アリータ:バトル・エンジェル」を観に行った。

 

僕の主観でいうと、日本の漫画の映画版で成功した作品を観たことがない。

今回もどうなることかと思いきや、原作の前半部分が違和感なく忠実に再現されていた。

 

おそらく、ジェームス・キャメロンがサイバーパンク

ロバート・ロドリゲスがアクションと、

彼らの得意分野爆発で、銃夢の世界がスクリーンで再現されていたのには、感動した。

ハリウッドの超大物に日本のコンテンツを再構成してもらえるなんて、僕が子供の頃には考えられなかったことだ。

 

この作品の魅力はサイバーパンクな世界観もそうだが、主人公アリータの魅力がほとんどだと思う。

可愛らしい女の子なのに、最強戦士というところ。

アリータの目が大きすぎて不気味だという批判も多いらしいが、僕の個人的感覚では、不気味の谷をギリギリ攻めていて、そのおかげでサイボーグらしさが出てる。原作の主人公ガリィ(原作ではアリータではなくガリィという)の魅力を損なっていない。

 

モーターボール、格闘シーン、アクションはとても素晴らしく、ワクワクして観た。

 

欲を言えば、原作の持つ残酷さ、グロさ、人間とは何かというテーマ、SF的うんちく要素が全くなく、娯楽映画に徹していたところ。(娯楽映画だからしょうがないけど)

 

 

そして、えっ、もう終わりという感じで唐突に終わる。

続編を匂わすエンディングだが、全米の興行業績は振るわないときく。

これで打ち止めの可能性も高い。

ここで終われば、すごく中途半端な映画で終わる。

銃夢の物語を1つの映画として2時間に収めるのは難しいのだろう。

 

何卒、続編ができますように。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ドラゴン・タトゥーの女

『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィット・フィンチャー監督が、 全世界6500万部のベストセラー『ミ

記事を読む

no image

ワールド・オブ・ライズ

レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ そしてリドリー・スコット監督といえば、もう観るしかない。

記事を読む

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。       今年は映画館で観た

記事を読む

no image

127時間

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最近作を観た。 断崖で岩に腕を挟まれた状態のまま、

記事を読む

映画「それでも夜は明ける」と現代の奴隷

黒人監督の作品として初のアカデミー作品賞をとった 「それでも夜は明ける」 を観ました。 よく分

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

SORACOMでお手軽電子工作 〜SORACOMと私〜

   2020年1月31日 「SORACOM ユーザーグループ広島」が

初めてのXRLT ~AR草刈り機で登壇したよ

    2020年2月のTsukuba Mini Maker Fair

広島のレモンの島のハッカソンからメイカーフェアに至るまで

  2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Tsuk

「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」に出展しました

    2020年2月15日、16日と茨城県つくば市で開催された「Ts

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

→もっと見る

    • 884089総閲覧数:
    • 117今日の閲覧数:
    • 910昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑