*

映画「アリータ: バトル・エンジェル」を観た

公開日: : 最終更新日:2019/03/25 映画感想文 , ,

 

 53327548 2132667133448476 3727764354293039104 n

 

 

 

日本の漫画「銃夢」のハリウッド映画版の「アリータ:バトル・エンジェル」を観に行った。

 

僕の主観でいうと、日本の漫画の映画版で成功した作品を観たことがない。

今回もどうなることかと思いきや、原作の前半部分が違和感なく忠実に再現されていた。

 

おそらく、ジェームス・キャメロンがサイバーパンク

ロバート・ロドリゲスがアクションと、

彼らの得意分野爆発で、銃夢の世界がスクリーンで再現されていたのには、感動した。

ハリウッドの超大物に日本のコンテンツを再構成してもらえるなんて、僕が子供の頃には考えられなかったことだ。

 

この作品の魅力はサイバーパンクな世界観もそうだが、主人公アリータの魅力がほとんどだと思う。

可愛らしい女の子なのに、最強戦士というところ。

アリータの目が大きすぎて不気味だという批判も多いらしいが、僕の個人的感覚では、不気味の谷をギリギリ攻めていて、そのおかげでサイボーグらしさが出てる。原作の主人公ガリィ(原作ではアリータではなくガリィという)の魅力を損なっていない。

 

モーターボール、格闘シーン、アクションはとても素晴らしく、ワクワクして観た。

 

欲を言えば、原作の持つ残酷さ、グロさ、人間とは何かというテーマ、SF的うんちく要素が全くなく、娯楽映画に徹していたところ。(娯楽映画だからしょうがないけど)

 

 

そして、えっ、もう終わりという感じで唐突に終わる。

続編を匂わすエンディングだが、全米の興行業績は振るわないときく。

これで打ち止めの可能性も高い。

ここで終われば、すごく中途半端な映画で終わる。

銃夢の物語を1つの映画として2時間に収めるのは難しいのだろう。

 

何卒、続編ができますように。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

キャピタリズム ~マネーは踊る~

銃社会、イラク戦争、医療問題・・・ と、弱者を食い物にする国アメリカの暗部に鋭く切り込んできた戦う映

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2014

  今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は17本の映画を劇場で観ました。  

記事を読む

映画『スティーブ・ジョブズ』にドラマを期待してはいけない。映画的表現・技巧・演技を楽しむ映画なのだから。

    スティーブ・ジョブズ THE MOVIE を観た。   監督が「スラムドック・ミリオネア」の

記事を読む

no image

Tatsuyaのベスト映画2012

今年を振り返る企画。 今度は映画編です。 今年は22本の映画を劇場で観ました。 ミッション:インポ

記事を読む

ワルキューレ

ヒットラー暗殺計画という実話に基づいた映画。 ナチスも決して一枚岩でなく、ヒットラーを快く思ってい

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

新元号予想

    ついに今日のお昼前に新元号が発表されます。   せっか

とりあえずのエピローグ

    2019年3月17日夕方 「とびしまハッカソン」終了    

とびしまハッカソン

          まず最初に意識高い皆んなにとってお馴染みのデレク・

セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました。

昨日、セブン銀行の次世代ATMのアイデアソンに参加しました

→もっと見る

    • 444207総閲覧数:
    • 983今日の閲覧数:
    • 2435昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑