*

おおかみこどもの雨と雪

公開日: : 映画感想文

話題のアニメ
「おおかみこどもの雨と雪」を見た。
私は映画にいちいち意味を求めるクセがあるけど、
この映画はそんなものはどうでもいい。
美しい自然と、美しくも無垢な人間愛、
躍動感あふれつつも、人間の心情を深く描写した一級のアニメーションを堪能しよう。
オオカミ人間の子供を育てる母親のお話。
この一見変わった設定も、まったく違和感なくスッと物語の世界、主人公に感情移入できる演出のすばらしさ。

母の無償の愛。
それがすべて。
子供の将来を親が決めることはできない。
親が出来る事は、無償の愛で見守ること。
子供を有害なモノから遠ざけ、環境を整え、
自分が何者であり、自分の進むべき道を自分で見つける手助けをすること。
そして、本能や直感にしたがって生きる勇気を持たせること。
繰り返すが、親はただただ、無償の愛でそれを見守るだけ。

ノーベル平和賞のムハマド・ユヌス氏のグラミン銀行が女性を中心に融資している理由を思い出す。
男は自分のためにしか金を使わないが、女性は子供のために使う。
長い目で見たら、社会に良い影響を与えるレバレッジは計り知れない。
(こんな感じの理由だったと思う)

世界は女性の力で動いてる。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

韓国映画『哭声/コクソン』はルビンの壺だ

        「ルビンの壺」という絵がある。     物事は、見方によって、全く別物に見えるとい

記事を読む

no image

ワールド・オブ・ライズ

レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ そしてリドリー・スコット監督といえば、もう観るしかない。

記事を読む

no image

愛、アムール

昨年のカンヌのパルムドール受賞作品、今年の米アカデミー賞外国語映画賞の 「愛、アムール」 を観ました

記事を読む

no image

長ぐつをはいたネコ

映画「シュレック」のスピンオフというべきか、 「シュレック」で大人気の「長ぐつをはいたネコ」が単独

記事を読む

英語学習のモチベーションが下がった君へ、映画『マダム・イン・ニューヨーク』を観よう!

私は、なぜか40歳を超えてマジメに英語を勉強し始め、当初400点台だった

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

カープ優勝、おめでとう

  9月18日 2年連続8度目の優勝!   37年ぶりの連覇!

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。  

LINEのスマートスピーカーWAVE(先行体験版)が我が家にやって来た。

    7月に予約したLINEのスマートスピーカー「WAVE」の先行体

浜松をブラタツヤ

  8月下旬に浜松に行きました。   新幹線で東京に行くときに、

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その4)~ ラズベリーパイで、1-Wireデバイスの温度センサーを使って、温度データをLINEへ通知する(Windows)

    ※ 私は IoTやIT全般に関しては初心者です。記載内容、言葉

→もっと見る

    • 224450総閲覧数:
    • 19今日の閲覧数:
    • 213昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑