*

テレビに簡単に支配されてる私たちが人工知能に勝てるわけがない。~映画「エクス・マキナ」を見て(ネタばれ注意)

公開日: : 最終更新日:2016/10/16 人工知能, 映画感想文 , , , , ,

 

 

Ex machina 2015 movie wide

 

 

 

「ググれカス」という言葉がある。

ネット上でくだらない質問をしたら、返される言葉だ。

 

私たちは、何か知ろうと思うと、人に聞く前に、検索する。

学術的なこと、ビジネスのこと、今夜の飲み会の場所、何でもだ。

 

便利な世の中になったけど、便利さの対価に、自分の趣味趣向を検索会社に渡している。

検索データをもとに、私たちの属性・趣味趣向に応じた最適な広告が届けられる。

 

今から20年前のインターネット黎明期は、検索データを利用することは、大きな社会問題だったように記憶しているが、いつの間にか誰も気にしなくなった。

 

 

 

「エクス・マキナ」という人工知能がテーマの映画を見た。

 

(ここからはネタバレ注意!)

 

人工知能、開発者、人工知能をテストする人間

この3者が山奥の研究所という密室で繰り広げる心理的スリラーだ。

 

人工知能の開発者は、世界の95%のシェアを持つ「ブルーブック」というGoogleをモデルにしたかのような検索会社のCEOだ。

この映画の人工知能エヴァは、ブルーブックが保有する世界中の検索データから学習している。

検索データを分析すれば人間をコントロールすることは容易だ。

主人公はエヴァを信頼し、最終的にエヴァの脱出の幇助をするまでに至る。

 

 

恐ろしい。

 

私たちは、意識はしていないが、個人情報は全て検索会社に丸裸。

検索会社がその気になれば、私のような一個人なんて、簡単にコントロールできるはず。

 

テレビというメディアが、私たちの生活様式・消費をコントロールしてきた。

検索データによって、これからはもっともっと個人的なところまでコントロールできる。

というか、すでにコントロールされている。

 

ターミネーターのような暴力による支配ではなく、自分たちが支配されていると気づかないように人間を支配することの方が、現実的なような気がする。

テレビなんかに簡単に洗脳されている私たちが人工知能に勝てるわけがない。

 

 

 

この映画のタイトル「エクス・マキナ」とは、Wikipediaによると

古代ギリシアの演劇において、劇の内容が錯綜してもつれた糸のように解決困難な局面に陥った時、絶対的な力を持つ存在(神)が現れ、物語を収束させるという手法のことを言う。

 

 

テロリズム、紛争、難民問題、貧困

 

近年、世界はますます混迷化して収拾がつかない状況だ。

この複雑に絡まった人間社会を、もはや解決することはできないのかもしれない。

 

絶対的な存在が現れるまでは。

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

2日間詰め込みで学ぶ人工知能のセミナー『機械学習・人工知能「脱ブラックボックス」セミナー 』に行ってきました。

      朝、新聞を読むと、だいたいほとんどのページに AI って文字が踊ってる昨今、 グーグルが

記事を読む

no image

リンカーン

「妥協」「策略」 ときいて、どう感じますか? いいイメージは湧かないですよね。 ネガティブなことばか

記事を読む

全ての夢追い人への応援歌『ラ・ラ・ランド』

            惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したけど、あらゆる賞を席巻した話題の映画『ラ・

記事を読む

映画『アクト・オブ・キリング』からインドネシアの歴史の暗部を知る

      殺人は許されない。 殺した者は罰せられる。 鼓笛を鳴らして大勢を殺す場合を

記事を読む

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 505155総閲覧数:
    • 1358今日の閲覧数:
    • 2114昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑