*

刺激を受け続けると鈍感になる 〜『ホビット 決戦のゆくえ』を観て

公開日: : 映画感想文 , , ,

 

 Hobbit 3 Horizontal Teaser

人間、刺激を受け続けると、慣れるものです。

最近の映画は特殊効果が凄すぎて、ちょっとやそっとのことでは、凄いと感じなくなりました。

この前、ホビット3部作の完結編を観たのですが、10数年前に初めて「ロード・オブ・ザ・リング」を観た衝撃はもうありませんでした。

CGや特殊効果は、めちゃくちゃ凄いんです。

アクションも、めちゃくちゃ凄いんです。

それなりに、面白いんです。

でも、何かが足りないんです。

この映画から新しい刺激を受けることはありませんでした。

冒頭からアクションの連続です。

息をつく暇がありません。

豪速球ばかりが投げられますが、配球が単調なので、展開に驚きません。

せっかくのすごい特殊効果が単調です。

 戦闘シーンも、「ロード・オブ・ザ・リング」「ボビット」その他亜流映画で幾度となく似たような戦闘シーンを見てるので、感覚が慣れてしまい、眠気を感じるほどでした。

豪速球ばかりでなく、緩急をつけ、変化球もおりまぜないと、たとえ160キロの豪速球にも目が慣れてしまいます。

緩急を使い、意外なところに変化球を使うなど、ドラマに厚みを持たせて欲しいところでした。

今回は、「金」に魂を奪われダークサイドに陥る王の演技、描写が見ものだったはずなのですが、表面的で苦悩を感じられませんでした。ダークサイドから回復するあたりの描写もあっさりしていて、「えっ、そんなので元に戻るの?」と拍子抜けしました。

その点、前シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」では、指輪をめぐるフロドやゴラムの苦悩はとても鬼気迫り、人間の業の恐ろしさに恐怖を感じさせるほど、素晴らしい演技、描写でした。

同じく「ロード・オブ・ザ・リング」の3作目のラスト近くの、溶岩だらけの山でフロドが巨大なワシに助けられ、やっと終わったんだと心から安堵した感覚、ホビット村に戻って、自分が長い旅から戻ってホッとしたあの感覚を、今回も期待してたんだけど、ラストもあっさりしていました。

と、けなしてばかりですが、

映画自体は悪くはないと思います。

ただ、僕の感覚が変わっただけなんだと思います。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaのベスト映画2016

   今年を振り返る自己満足企画第4弾。 今度は映画編です。 今年は14本

記事を読む

桐島、部活やめるってよ

僕は映画が好きだ。 2時間の間、主人公に感情移入することで、 せちがない現実を忘れることができる

記事を読む

天使の分け前

ケン・ローチ監督の最新作 「天使の分け前」を観ました。 ウイスキーは、樽熟成して味わいが

記事を読む

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

    生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。   ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパ

記事を読む

no image

Tatsuyaのベスト映画2012

今年を振り返る企画。 今度は映画編です。 今年は22本の映画を劇場で観ました。 ミッション:インポ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 342649総閲覧数:
    • 126今日の閲覧数:
    • 153昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑