*

刺激を受け続けると鈍感になる 〜『ホビット 決戦のゆくえ』を観て

公開日: : 映画感想文 , , ,

 

 Hobbit 3 Horizontal Teaser

人間、刺激を受け続けると、慣れるものです。

最近の映画は特殊効果が凄すぎて、ちょっとやそっとのことでは、凄いと感じなくなりました。

この前、ホビット3部作の完結編を観たのですが、10数年前に初めて「ロード・オブ・ザ・リング」を観た衝撃はもうありませんでした。

CGや特殊効果は、めちゃくちゃ凄いんです。

アクションも、めちゃくちゃ凄いんです。

それなりに、面白いんです。

でも、何かが足りないんです。

この映画から新しい刺激を受けることはありませんでした。

冒頭からアクションの連続です。

息をつく暇がありません。

豪速球ばかりが投げられますが、配球が単調なので、展開に驚きません。

せっかくのすごい特殊効果が単調です。

 戦闘シーンも、「ロード・オブ・ザ・リング」「ボビット」その他亜流映画で幾度となく似たような戦闘シーンを見てるので、感覚が慣れてしまい、眠気を感じるほどでした。

豪速球ばかりでなく、緩急をつけ、変化球もおりまぜないと、たとえ160キロの豪速球にも目が慣れてしまいます。

緩急を使い、意外なところに変化球を使うなど、ドラマに厚みを持たせて欲しいところでした。

今回は、「金」に魂を奪われダークサイドに陥る王の演技、描写が見ものだったはずなのですが、表面的で苦悩を感じられませんでした。ダークサイドから回復するあたりの描写もあっさりしていて、「えっ、そんなので元に戻るの?」と拍子抜けしました。

その点、前シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」では、指輪をめぐるフロドやゴラムの苦悩はとても鬼気迫り、人間の業の恐ろしさに恐怖を感じさせるほど、素晴らしい演技、描写でした。

同じく「ロード・オブ・ザ・リング」の3作目のラスト近くの、溶岩だらけの山でフロドが巨大なワシに助けられ、やっと終わったんだと心から安堵した感覚、ホビット村に戻って、自分が長い旅から戻ってホッとしたあの感覚を、今回も期待してたんだけど、ラストもあっさりしていました。

と、けなしてばかりですが、

映画自体は悪くはないと思います。

ただ、僕の感覚が変わっただけなんだと思います。

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

リンカーン

「妥協」「策略」 ときいて、どう感じますか? いいイメージは湧かないですよね。 ネガティブなことばか

記事を読む

最初の一歩を踏み出せないあなたへ 〜映画『モアナと伝説の海』を観て

  こんな田舎から早く出たい。 こんな境遇から早く抜け出したい。   しかし、そんなことを思う人に限

記事を読む

デニス・ホッパー追悼

ハリウッドの反逆児デニス・ホッパーが亡くなりました。 米俳優D・ホッパー氏死去(日本経済新聞)

記事を読む

人生は一瞬一瞬の積み重ね〜『6才のボクが、大人になるまで。』を観て

        今年の映画賞レースの大本命と言われている「6才のボクが、大人になるまで。」を観ました

記事を読む

『クリード チャンプを継ぐ男』を観て、本当の敵は自分自身なのだと改めて思う

       昨年の紅白歌合戦は明らかに40代の中年をターゲットにしてたかのようでした。 トリがマッ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 500180総閲覧数:
    • 544今日の閲覧数:
    • 2457昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑