*

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

公開日: : 最終更新日:2015/11/09 映画感想文 , ,

 

ノーベル平和賞のアウンサン・スー・チーさんの激動の半生を映画化した
『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』
を見た。

私はミャンマーという国って、あまりイメージがわかない。
古くは「ビルマの竪琴」の中井貴一のイメージ。
そして、我々ビジネスマンにとっては、ミャンマーといえば、ネクストフロンティア。
急速に市場を開放しつつあり、豊富な天然資源、安価で勤勉な労働力が注目され、日本企業も続々進出している。
あの冒険投資家ジム・ロジャーズが一番注目している国でもある。
とはいえ、政治的な負の面が払拭されたわけではない。
2010年11月にアウンサンスーチーさんの自宅軟禁を解除し、現在は急速な民主化がすすんではいるが、いまだに拷問など政治的弾圧を受けている人間は多い。

さて、映画のほうだが、
まさにスーチーさん本人が出演してるかのような、ミッシェル・ヨーの白熱の演技に心を奪われる。
信念の人、強い人というイメージが先行するスーチーさんを、ひとりの普通の女性として描いているところが、物語への感情移入を容易にさせてくれる。
私は40代になって急速に涙腺がユルくなったのだが、今回も2カ所で涙腺が決壊した。
ノーベル平和賞の受賞をラジオで聞いた後に弾くピアノのシーン。
そして、夫の死をテレビで知り、泣き崩れるシーン。
家族をとるか、ビルマをとるか、
究極の選択を迫られる中での壮絶なプレッシャーの日々をずっと耐えてきた。
それでも、夫の死に目に会えなかったことで、彼女の中で抑えていた感情がすべて解き放れて泣き崩れるシーンには、もはや何もいうことはない、ただただ一緒に涙するだけだ。

とにもかくにも、本作は
「2時間で分かるアウンサンスーチー入門」といったところ。
現在世界で最も注目される国の1つのミャンマーの歴史を知るにはちょうどいい。
だから、生粋の映画ファンよりもビジネスパーソンにこそすすめたい。

そして、強く思ったこと。
世界の多くの人たちは死ぬ思いで民主主義を獲得しようともがいてる。
しかし、我々は生まれながらにあたえられた権利をドブに捨ててる人がいかに多いことか。
自由は当たり前ではない。
投票に行かないなんてもってのほか。
じゃあ、エラそうなこと言う私に何ができるか。
何もできない。
クーラーのきいた部屋で世界のかわいそうな人を「かわいそう」って傍観するだけ。
しかし、そういう事実があるってことを心に留めるだけでもいいと思う。
そういう意識を持つ人間が多ければ、きっと世界は良い方向に変わるはず。

 

最後に、ロックアーチストながらもアクティビストでもあるボーノ率いるU2のスーチーさんに捧げる曲「WALK ON」を紹介する。
この曲は映画では使われてないが、U2の他の曲が2曲使用されている。
スーチーさんの息子がU2のTシャツを着てるシーンには、U2ファンとしてはニンマリしたところ。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『 ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー 』を観ました

          (ちょっとしたネタバレあり)     スターウォーズのスピンオフ 「ローグワン

記事を読む

アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を観て

        僕は米アカデミー賞作品賞の映画はとりあえず観ることにしてる。   今年の

記事を読む

no image

チェ 28歳の革命

今やTシャツやポスターなど若者のファッションアイテムと化してる キューバの革命家「チェ・ゲバラ」の映

記事を読む

テレビに簡単に支配されてる私たちが人工知能に勝てるわけがない。~映画「エクス・マキナ」を見て(ネタばれ注意)

          「ググれカス」という言葉がある。 ネット上でくだらない質問をした

記事を読む

桐島、部活やめるってよ

僕は映画が好きだ。 2時間の間、主人公に感情移入することで、 せちがない現実を忘れることができる

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 508447総閲覧数:
    • 1272今日の閲覧数:
    • 1562昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑