*

ダークナイト ライジング

公開日: : 映画感想文

クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズの最終章。
前作の「ダークナイト」がヒース・レジャーの常軌を逸した凄まじい怪演がスゴかっただけに、いやがおうにも期待が高まる。

シリーズ完結編って、
スターウォーズ ジェダイの復讐
ロードオブザリング 王の帰還
マトリックス レボリューション
スパイダーマン3
などなど
これで終わるぞ、終わるぞという感じが好き。

前作のダークな雰囲気そのままに、北斗の拳さながらの世紀末感が全編を覆う。
そして、最後は、今まで抑圧されていたものを解放するかのようなスーパーアクション。
前作を「静」とすれば、今作は「動」といった感じか。

そして、なんといっても、プラダを着た悪魔じゃなくてキャットなラバースーツを着た悪魔のアン・ハサウェイがめちゃくちゃビューティフォー。
彼女の登場するシーンはマバタキさえ惜しいほどの魅力。
ずっと孤独だったバットマンにとってキャットウーマンの存在がよいアクセントとなっており、ラストのアクションに色を添える。

本作の根底に流れるのはなんだろう。
オキュパイ・ウォールストリートさながらの格差への反発、資本主義/物質至上主義への反動、テロリズムなど世界的な問題が色濃く反映されている。
デヴィット・フィンチャーの「ファイトクラブ」(1999年)の続きの世界のようにも見えた。
シリーズを通じて流れるテーマ「正義は誰でも行使でき、ヒーローは誰でもなれる」ということは健在だ。
バットマンはこう言う。
「ヒーローは何処にでもいる。少年の肩に上着をかけ、優しく励ますような男の事だ」
そう、誰でもヒーローになれるんだ。

アメリカン・コミックのヒーローの映画化は、下手をしたらクソみたいな子供だまし映画になってしまう危険がある。
バットマンを映像化するのに一番の問題は、
なんで、この人は大金持ちなのに、へんなコウモリのコスプレをして、夜を徘徊し、悪党と戦うのか?
ということを、納得させること。
たしかにティム・バートンの「バットマン」(1989)は、ダークなユーモアをまじえ、それをうまく表現したが、あくまでもファンタジーの世界だった。
ノーラン版バットマンは、あたかも現実世界のようなリアリティを感じさせ、スタイリッシュに見せることに成功している。
変なコスプレを着た人間が、普通に存在することに何の違和感もなく、逆にクールに見えるほど。

ノーラン監督の前作『インセプション』のようなラストシーンには、賛否両論だろう。
でも、僕はあれが完璧だと思う。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

人間は1人では生きていけない〜『her/世界でひとつの彼女』を観て(ネタバレ注意)

    (ネタバレ注意)     なんとも、不思議な映画を観た。   人工知能を持った

記事を読む

戦場でワルツを

この映画はなんて表現したらよいのだろう。 アニメーション? ポップアート? ドキュメンタリー?

記事を読む

映画『ダンケルク』を観て

      人間は何度も何度も困難に打ちひしがれると絶望になる。   三途の川にある賽の河原では、

記事を読む

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て

    生活保護受給者に対して世間の目は冷たい。   ある自治体が「生活保護舐めんな」というジャンパ

記事を読む

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観て、人生に愛されるためにはどうしたらよいのか考える。

        And did you get what you wanted from this

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】mocha によるテスト

自分用備忘録   イーサリアムによるブロックチェーンを作る講座を受

【備忘録】Solidity スマートコントラクトのコンパイルエラー

GWはブロックチェーンを勉強中のTatsuyaです。   Udem

熊本をブラタツヤ2019(NT熊本)

      ブラタツヤとは、Tatsuyaが街をブラブラする様子を綴っ

アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」を観た

          アカデミー賞作品賞の「グリーンブック」観た。  

Uber(ウーバー)が広島にやってきた

      ついに、Uber(ウーバー)が広島にやってきました。 4

→もっと見る

    • 512760総閲覧数:
    • 2214今日の閲覧数:
    • 1882昨日の閲覧数:
    • 9現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑