*

オリジナルiPhoneアプリ、リリース1年経過レポート

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 アプリ開発 ,

2011年8月4日にリリースした
生まれて初めて作ったオリジナルiPhoneアプリ
「Mind-Reading」

http://itunes.apple.com/jp/app/mind-reading/id453928036?mt=8
リリースから1年が経過しました。
ここいらで、総括してみようと思います。

が、正確な数字を用いての総括ができません。
というのが、iTunes Connect という自分が作ったアプリの売上やダウンロード数、ダウンロードされた国などの統計をとるサービスを使ってデータをとろうとしたら、データは2週間しか保持しないことが判明し、結局この1年間の分析ができないことが分かりました。
データはCSV形式でダウンロードできるので、たまにダウンロードしなければいけなかったことに後悔しています。
そうはいっても、リリース当初1ヶ月のデータはとってましたので、
それと最近の2週間のデータを使って解説いたします。


まず、
総ダウンロード数(推測)
約3300
(根拠)
リリース当初1ヶ月458件、最近2週間131件より
458+(131*2)*11

絵に描いたようなロングテールです。
1年経っても、1日10件はダウンロードされてます。
そろそろ、ダメモトで、広告を載せるなど、マネタイズを考えてみようかしら。


そして、英語版もリリースしているので、世界中の方々からダウンロードしていただきました。
ありがとうございました。
Thank you!
ダウンロードしていただいた
37カ国以上
地図にすると、こんな感じです。
(濃いほどたくさんダウンロードあり)

※参考までに世界地図の色塗りはこちらのウェブサービスを利用させてもらいました。
http://www.chireki.com/geography/chart_t_1.htm

数はこちら
(2011.8.4〜2011.9.3 、2012.7,21〜2012.8.3)

なんと、日本よりアメリカが圧倒的に多いです。
それにしてもiPhone大好き中国が以外に少ない。
お次は中国語版もつくらなければ。
そして、第2弾のアプリも作らなければ。
アプリ作るのって、寝食を忘れて没頭してしまうので、仕事しながらでは、なかなかできないのが悩みのタネ。
3連休などまとまった休みがあるときにしようと思います。

それにしても、こんなしょうもないアプリでも、世界中の人たちがダウンロードしてくれるなんて、スゴい可能性があることを実感しました。
普通の個人でも、知恵とアイデアがあれば、ダイレクトに世界のマーケットを相手にできる可能性があるのです。
だからこそ、これからの時代は、ネットリテラシーと英語は必須条件なんだと思います。

最後に、「Mind-Reading」をリリースした当初のプロモーションビデオを紹介します。
英語の発音がめちゃくちゃで、恥ずかしいですが、今はもっとうまくなってますよ。

では、次回作に乞うご期待!

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

オリジナルiPhoneアプリ、リリース1ヶ月経過レポート

生まれて初めて作ったオリジナルiPhoneアプリ 「Mind-Reading」 http:/

記事を読む

タンザニアからダウンロード

どうでもいいことですが、 私のオリジナルiPhoneアプリ「Mind-Reading」

記事を読む

no image

オリジナルiPhoneアプリ「路面電車でレッツらゴー」 リリース1ヶ月リポート

オリジナルiPhoneアプリ「路面電車でレッツらゴー」 https://itunes.apple.

記事を読む

米国アップルからの電話

先週のことです。 iPhoneの着信履歴に見慣れぬ国際電話番号が。。。

記事を読む

クラウドソーシングで、外国の人と一緒にアプリを作ることに挑戦(その2:ロシア人に仕事を頼む)

  前回はこちら 「クラウドソーシングで、外国の人と一緒にアプリを作ることに挑

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「伊那市LoRaWANハッカソン」に参戦!

  ※ 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉の使

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その3)~ Arduino + ソラコムLoRaWANで温度データをアマゾンのクラウドAWSのS3へ送ってみた

    ※ 私は IoTやIT全般に関してはスーパー初心者です。記載

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

              野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その2)~ Arduino + ソラコムLoRaWANで 温度データをクラウドに投げ可視化してみた

    ※ 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容、言葉

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その1) 〜 IoT電子工作体験キット(ソラコム+ラズベリーパイ)でIoTデビュー

  (お願い) 私は IoTに関してはスーパー初心者です。 記載内容

→もっと見る

    • 201674総閲覧数:
    • 365今日の閲覧数:
    • 1204昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑