*

App Storeの審査期間が分かるサイト

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 アプリ開発 , ,

今回のiPhoneアプリは、AppStoreに申請して9日目でリリースとなりました。
審査期間中は、いつになるんだろうと、気をもみますが、
いまの審査期間がどれくらいかが分かるサイトを発見しましたので、
これを参考にしたら、審査期間中も落ち着いていられるのではないでしょうか。
それが、こちらです。

Average App Store Review Times

リンク
http://reviewtimes.shinydevelopment.com/

どうやら、制作者さんからの自主申告、
Twitterで #iosreviewtimeというハッシュタグを使うことで、
データを収集してるようです。
たとえば、こんな感じでつぶやきます。

ここから9日というデータを獲得してるようです。
ネットの特性を使ったおもしろいアイデアですね。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

40代素人オッサン初めてのiPhoneアプリ開発チャレンジ日記(その4)〜EINなんかいらない?の巻

    ご無沙汰してました。 約3ヶ月ぶりのiPhoneアプリ

記事を読む

40代素人オッサン初めてのiPhoneアプリ開発チャレンジ日記(その5)〜エラー解決の巻

  distributionのビルド時にこんなエラーが出て、 お手上げな私。 C

記事を読む

アルジェリアからダウンロード

この前のエントリーでは、 タンザニアの人が、私のオリジナルiPhoneアプリ 「Mind-Read

記事を読む

【iPhoneアプリ開発備忘録】Objective-cで処理を一定時間止めたい

  質問: Objective-cで、処理を一定時間止めるにはどうしたらいいですか? ゲームの

記事を読む

オリジナルiPhoneアプリ第2弾 「路面電車でレッツらゴー 広島編」 リリース

ついに、tatsuya's オリジナルiPhoneアプリ第2弾 「路面電車でレッツらゴー 広島編」

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

中国 深センで開催された IoT展示会「China International Internet of Thing Exhibition」レポート

    ITといえばシリコンバレー、IoTといえば深センと言われる昨今

中国のITサービスを体験してみた(その2:自転車シェアリングサービス Mobike )

    中国のスマホ社会は、日本の何歩先も進んでると言われています。

中国のITサービスを体験してみた(その1:スマホ決済 WeChat Pay)

     お盆休みに中国の深センに旅行してきました。 そのついでに、最

「Makers Faire 東京 2017」に参加しました

        2017年8月5日・6日と東京ビッグサイトで開催され

選択するのが面倒な現代人へ 〜僕のチャットボットとアプリを紹介

        消費者は買い物をするとき、選ぶのが面倒だと感じている

→もっと見る

    • 216272総閲覧数:
    • 171今日の閲覧数:
    • 253昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑