*

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観て(ネタバレあり)

 

Cms1567134857

 

 

 

久しぶりにタランティーノ映画を観た。

 

ネタや伏線、虚実があれもこれもと散りばめられた、相変わらずのタランティーノ節を堪能した。

 

実際にあった凄惨なシャロン・テート事件のお話、それをタランティーノが監督するって聞いただけで、血みどろの凄惨な感じになるんだろうなって先入観があったので、最後までハラハラした。

 

タランティーノ映画は、血が大量に出て、残酷なシーンがあったりするが、

キルビル以降は、社会的弱者に光をあてる。スカッとさせる、優しさが溢れてる。

 

キルビルでは、無敵の女性が男どもをバッタバッタと斬りまくる。

デスプルーフもしかり、女性が男をぶっ飛ばす。

イングロリアス・バスターズでは、ユダヤ人がナチスをぶっ殺す。

ジャンゴでは、黒人が白人をぶっ殺す。

 

ぶっ殺すからそれらりに血みどろなんだけど、凄惨に感じず、スカッとする。

憎むべき相手にはl、とことん残酷になれるってことなのだろう。

 

今回の相手は、カルト集団、

もしカルト集団が、シャロン・テートではなく、ブラッド・ピットを襲ってたら。

 

ブラッド・ピット無双の無双感半端ない。

 

それに、

意味なく上半身裸になったり。

ブルース・リーをぶっ飛ばしたり。

ブラピ女子にはたまらないんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ガフールの伝説

フクロウ・アドベンチャー「ガフールの伝説」を観た。 ひとことでいえば、 ( 「ロード・オブ・ザ・

記事を読む

映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のディカプリオの迫真の演技に人生にサバイブすることを教わる

          レオナルド・ディカプリオが初めてオスカーをとった話題の映画「レヴェナン

記事を読む

映画『ジョーカー』を観て(ネタバレ注意)

          ネタバレ注意 ※結末の重要な箇所に触れています。           1940

記事を読む

no image

リンカーン

「妥協」「策略」 ときいて、どう感じますか? いいイメージは湧かないですよね。 ネガティブなことばか

記事を読む

映画『インターステラー』を観て、時間というもの、人生の選択というものについて考えた。

        ※ネタバレ注意 TIME IS MONEY

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

『パラサイト 半地下の家族』を観て(ネタバレ注意)

グロバリゼーションは世界の貧富の格差を着実に無くしつつある。 一

ビットコインを始めてから6年経つ

  今朝Facebookを立ち上げると、 6年前の今日、ビ

『イノベーションのジレンマ』のクリステンセンさんが亡くなられた。

        「イノベーションのジレンマ」のクリステンセンさんが亡

映画『家族を想うとき』を観て

    グロバリゼーションやテクノロジーは世界的な格差を狭めたが、 先

除夜の鐘ゴーンゲーム

昨年の大晦日、大ニュースが駆け巡りました。 「カルロス・ゴーンが

→もっと見る

    • 851247総閲覧数:
    • 263今日の閲覧数:
    • 809昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑