*

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観て(ネタバレあり)

 

Cms1567134857

 

 

 

久しぶりにタランティーノ映画を観た。

 

ネタや伏線、虚実があれもこれもと散りばめられた、相変わらずのタランティーノ節を堪能した。

 

実際にあった凄惨なシャロン・テート事件のお話、それをタランティーノが監督するって聞いただけで、血みどろの凄惨な感じになるんだろうなって先入観があったので、最後までハラハラした。

 

タランティーノ映画は、血が大量に出て、残酷なシーンがあったりするが、

キルビル以降は、社会的弱者に光をあてる。スカッとさせる、優しさが溢れてる。

 

キルビルでは、無敵の女性が男どもをバッタバッタと斬りまくる。

デスプルーフもしかり、女性が男をぶっ飛ばす。

イングロリアス・バスターズでは、ユダヤ人がナチスをぶっ殺す。

ジャンゴでは、黒人が白人をぶっ殺す。

 

ぶっ殺すからそれらりに血みどろなんだけど、凄惨に感じず、スカッとする。

憎むべき相手にはl、とことん残酷になれるってことなのだろう。

 

今回の相手は、カルト集団、

もしカルト集団が、シャロン・テートではなく、ブラッド・ピットを襲ってたら。

 

ブラッド・ピット無双の無双感半端ない。

 

それに、

意味なく上半身裸になったり。

ブルース・リーをぶっ飛ばしたり。

ブラピ女子にはたまらないんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

ヒミズ

園子温監督の最新作『ヒミズ』を観た。 自称映画ファンのくせに。園子温監督の映画は初めて。 ずっと

記事を読む

アバター

ついに、映画もここまで来たか・・・ 圧倒的な大迫力、文句なしの大傑作! 約30年前に「スターウォ

記事を読む

少女は自転車に乗って

「少女は自転車に乗って」という映画を観た。 自転車を買うために奔走する女の子のお話。 それって、

記事を読む

no image

レッドクリフ PartII

ジョン・ウー版三国志の第2弾。 三国志の設定をもとに、ふんだんにオリジナルストーリーを入れて、 観る

記事を読む

ソーシャル・ネットワーク

年間アクセス数でグーグルを抜いたり、MYSPACEを危機に陥れたり、ゴールドマンサックスから出資を受

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

京都をブラタツヤ

      ちょっと古い話ですが、 8月24日に京都に行ってきました。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観て(ネタバレあり)

        久しぶりにタランティーノ映画を観た。   ネタや伏線

NeoPixelでアイアンマンのようなものを作ったよ

前回の投稿の光るSDGsバッジを作って、SNSに投稿したら、ある人か

NeoPixelで光るSDGsバッジ作ったよ

    最近、こんなバッジ付けてる人、よく見かけますね。

レッドハッカソンひろしま2019

          プロローグ   広島では毎年、広島県主催の「レッ

→もっと見る

    • 748200総閲覧数:
    • 2今日の閲覧数:
    • 1014昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑