*

イギリスのEU離脱について雑感。「グローバリゼーションの終焉。そして世界は縮小する」

 

 

最近、「グローバリゼーション」って言葉を聞かなくなった。

死語なのかもしれない。

 

10年前くらいにトーマス・フリードマンの「フラット化する世界」を読んで、グローバリゼーションは全人類を発展させるものだと僕は大きな夢を抱いた。

確かにグローバリゼーションは、世界中の貧困を減少させ、国家間の格差を縮小させた。

しかし、その一方で、先進国と言われる国家はその煽りを受けている。

国家間の移動がかつてなく簡単になり、移民・難民によって仕事を奪われた先進国の失業者は面白くない。

 

 5088196294 4ddd90ff28 z

EU / Derek Bridges

 

イギリスがEUを離脱した。

予想外のことに、大変驚いた。

 

ニュースを見ると、日経平均は1200円も下げ、ドル円は一瞬99円まで円高になるほど、マーケットは大パニックだった。

 

このようにイギリスEU離脱は、主に経済問題が議論される。

しかし、実際のところは、難民・移民問題なのではないかと思う。

 

 

中東の混乱から生じた多くの難民。

EU離脱に集まった票は、難民受け入れ反対に集まった票であろう。

つまり、イギリス国民の過半数は、難民を受け入れたくないと思ってるということだ。

難民を支援する金があるんなら、国民の賃金を増やすべきだ。雇用を守るべきなのだと。

 

そもそも中東を混乱させたのは、お前らイギリスがオスマントルコを分断し、適当な直線で国境を引いたからだろうに。

めぐりめぐって自らの首を絞めた結果がこれだ。

笑えない冗談だ。

 

 

ナチスは、国内の不満を、ユダヤ人にぶつけることで、精力を拡大した。

中国共産党は、たまに反日をうたい、国内の不満を背けさせる。

ドナルド・トランプは、イスラムを敵視することで、人気をとっている。

 

2016年にもなって未だに、大衆を操作するには、徹底的な敵を設定することが有効なのだ。

 

 

 

今回のことで思った。

国家は簡単に分断されるものだと。

 

じゃあ国家の意味は何なのだろう。

 

ジャック・アタリは、今後国家の影響力は減り、個人の時代、ノマドの時代がやってくるという。

 

ノマドになれない人間には辛い人生が待っている。

世界の格差がなくなるということは、住んでる国、人種に関係なく、同一労働同一賃金になるということだからだ。

 

だから、グローバリゼーションの反動が、世界中のいろいろなところで起こっている。

 

 

グローバリゼーションは終焉し、世界は縮小していくのだろうか。

 

そして、世界は分裂していくのだろうか。

 

 

キナ臭い時代になりそうな予感がする。

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

朝起きると、パリが、、、、

        朝起きて、いつもの習慣で、まずスマホのツイッターをひらく。 タイムラインがパリのこと

記事を読む

イジメについて雑感

大津市のイジメが大きな社会問題となっています。 この酷いありようには、深い哀しみとともに、大きな怒

記事を読む

リーマンショックから5年目の雑感

今から5年前 2008年9月15日 リーマン・ブラザーズが破綻し、世界的な金融危機が起こりました

記事を読む

90年代最強のロックバンドのドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」を観て、ロックンロールについて思いつくままに書いた。

        1964年、ビートルズが「抱きしめたい」で初めて全米チャート1位となった。 それから

記事を読む

no image

明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます。 なお、この日の出の写真は、こちらの著作権フリー画像より頂

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 343346総閲覧数:
    • 70今日の閲覧数:
    • 160昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑