*

【44歳中年サラリーマン、初めてのインドひとり旅】2日目朝〜夕方まで:ニューデリー観光・インド製のスマホ購入

 

 

ニューデリー駅を出て、日本人の駆け込み寺シゲタトラベルへ向かい、メインバザールをひたすら歩く。

凄い喧噪で、オートリキシャ、サイクルリキシャの呼び込みの声が浴びせられるけど、バラナシ行きの夜行列車のチケットを確保し、心に余裕を取り戻した僕にとっては、その呼び込みの声さえ心地よい。

 

2014 09 07 17 21 32

 

 

最近、インドのモディ首相が訪日したからか、「シンゾーアベ」とか、「ニッポンとインドは友達ネ」てな感じで話しかけるインド人が結構いた。

なかには、急に「ナンでやねん」と突っ込んでくるインド人もいたりして、とても面白い。

それに、ニューデリー駅みたいにしつこくないといころがいい。

 

いやー、心に余裕があると、みんな楽しく聞こえてくる。

メインバザールを歩きながら、適当に話相手になったり、無視したり、デリーの朝を楽しんだ。

 

 2014 09 07 10 05 20

 

 

さて、本日の予定。

さっきニューデリー駅でホームレスに混ざって考えたプラン。

シゲタトラベルで夕方までのステイ先を確保し、デリー観光、

そして、インドの携帯ショップに行って、SIMフリーのスマホを買う。

 

 

1人の少年が、オートリキシャはどうかと、つきまとってきた。

感じがいい少年だったので、

「わかった。今日1日オートリキシャをチャーターしたいがハウマッチ?」

と交渉し、いくらか忘れたけど、交渉成立。

 

すると、少年は僕をいかつい兄ちゃんのところに連れて行く。

彼が運転手だという。ブラザーだから大丈夫と行って去っていった。

 

可愛い娘の呼び込みに釣られ、オバさんが出てくるスナックのようなものか。

 

 

 

まず、いかつい兄ちゃんは、シゲタトラベルまで連れてってくれた。

 

シゲタトラベルは、Cottage Yes Pleaseというホテルの中にあり、そのまま、そこのホテルに夕方までステイすることになった。

料金は950ルピー。

 

部屋はこんな感じ。

 2014 09 07 09 03 17

 

 

久しぶりのシャワー、

お湯は出なかったけど、シャワーを浴びると、心が落ち着いてきた。

元気も復活してきた。

ドラクエのホイミという呪文って、きっとこんな感じなんだろうな。

 

荷物を整理、

部屋で少しまったりし、

さあ、観光に出かけよう。

 

さっきのいかつい兄ちゃんのオートリキシャを貸し切り、ニューデリーの街を巡る。

 

 2014 09 07 10 26 45

 

 

インド門

 2014 09 07 10 30 06

 

 

世界遺産 ラールキラー(レッドフォート)

 

 IMG 1790

 

IMG 1791

 

IMG 1783

 

 

 

おお、ビルにガンジーが、

 IMG 1779

 

 

道路の風景

 IMG 1796

 

さすが、首都だけに、街中は信号があり、そこそこ交通に秩序がある。

 

 

 

信号待ちのたびに、物乞いが寄ってくる。

片手のないジイさんが無言で手を差し出してきたり、

小さな女の子が、バク転したり、歌を歌ったりして寄ってくる。

 

インドは急成長し中間層も劇的に増加している。

でも、街中に物乞いがいる。

小さな女の子の物乞いは見るに耐えれない。

お金を上げたとしても、ろくでもない大人の手にわたるだけなのだろう。

だから、物乞いに来るたびに都度1ルピーくらい上げた自分は凄くアマちゃんなのだろう。

 

グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌスが言うように、本当に世界から貧困はなくなるのだろうか?

 

 

 

 

さて、 旧跡、遺跡にたいした興味のない僕は、

今回の旅でやってみたかったことの1つ、

インドでスマホを買うことにトライする。

 

ドライバーに、ホテルの近くの携帯ショップに連れてもらう。

 

「この店で最も安いスマホをくれ」

 というと、インドの大手電機メーカーMicromaxのスマホが6000ルピーという。

 

3000ルピーでどうかというと、

「お客サーン、通話しかできない携帯でさえ2000ルピーですわ」

初めてインド人があきれた顔をするのを見た。

 

「わかった、せっかくニッポンからきたばかりなので、ちょっと安くしてくれ」

 

1000ルピーまけてくれた。

(うーん、我ながら交渉力が弱い)

 

で、本体は5000ルピー(約9000円)

1ギガのSIMカードを200ルピー(350円)で購入

 

 2014 09 10 22 15 36

 

パスポートをみせ、写真を撮り、書類を書く。

あとは、今日の19時か明日の朝に指定した電話番号に電話して、オペレーターの質問に答えれば、使えるようになるとのこと。

 

早朝のことで、全インド人に対して疑り深くなった僕は、

「今すぐできないか。信じていいのか」

と疑問を投げかける。

 

店長らしき男は、

「信じろ。俺はここに根を張って商売してるのに、そんなアコギなことできるか」

のようなことを言いきった。

 

でも19時って、夜行列車の中にいるよなあ。大丈夫かなあ。

 

まあ何とかなるさ。

 

 

 

ホテルの近くにあるレストランで昼飯。

インドに来て初めてまともな食にありつく。

 2014 09 07 13 00 42

 

 

 

そういえば、昨日からほとんど寝てないよなあ。

 

午後はホテルのベットに吸い込まれるようにバタンキュー。

 

そのまま、いつの間にか夢の中へ。

ラリホー 

 

 

 

 

To Be Continued.

 

「2日目夜:ニューデリー駅から夜行列車に乗る」へ続く

http://tatsuya1970.com/?p=4176

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

香港をブラタツヤ

    この盆休みに、香港、深セン、マカオに行ってきました。   今回の旅は、深センが目的だったので

記事を読む

セブをブラタツヤ[その3:シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ(マクタン島) ]

前回までセブをブラブラしてきましたが、 普通、セブといえば、ビューティフォーなビーチですよね。

記事を読む

【44歳中年サラリーマン、初めてのインドひとり旅】エピローグ

          人生は短い、遠くまで行って世界を見よう   (ジム・ロジャーズ)      

記事を読む

上海に行ってきました

2月9日から2月11日まで上海に行ってきました。 上海はすごく興味深い街でした。 人・人・人の熱

記事を読む

カンボジアをブラタツヤ(その3:シェムリアップのパブストリート)

さて、遺跡観光はこれくらいにして、午後は街へ繰り出そう。 トゥクトゥクでゴー! まずは、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Maker Faire Tokyo に出展したIoTクソゲー「うちわdeファイト」の作り方

       8月4日・5日 Maker Faire Tokyo 20

映画作りのワクワク感に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を観て(ネタバレなし)

    僕は、勤務先の送別会や忘年会などの余興で動画を作ることがよくあ

高知をブラタツヤ

    9月1日に「四国クラウドお遍路」というイベントに参加するため、

AWSのコミュニティのイベント「四国クラウドお遍路 2018」に参加しました

    先週9月1日、高知市で開催された「四国クラウドお遍路 2018

48歳中年サラリーマン はじめてのコミケ出展の巻

  2018年8月12日(日) 東京ビッグサイトで開催されたコミックマ

→もっと見る

    • 321959総閲覧数:
    • 107今日の閲覧数:
    • 154昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑