*

劇団四季『美女と野獣』広島公演を観てきました。

公開日: : 最終更新日:2015/08/06 劇団四季, 広島 , , ,

 

 

看板

 

 

さっき、劇団四季『美女と野獣』広島公演を観てきました。

 

実は私は映画ファンを公言してるくせに、映画「美女と野獣」を観たことないです。

だから、まったくストーリーを知らずに、純粋に楽しむことができました。

 

劇団四季の演劇鑑賞は今回で4回目ですが、毎回そのクオリティに圧倒されます。

これぞ、「プロ」の仕事って、いつも感心します。

 

鍛え上げられた役者さんたち、

 

計算し尽くされた振り付け、演出、大道具の動き・使い方。。。。

 

あの演出はいったいどうやってしてるんだろう。。。

って驚きの連続でした。

 

私が一番すげーと開いた口が閉まらなかったのは、前半のクライマックス、食器、調度品が大人数で踊るシーン。

圧巻です。

すごいものを見てしまった。。。

こんなすごいものが、広島で見れるなんて。。。。

 

 

 IMG 0670

 

 

 

 

「美女と野獣」にもディズニーをはじめとして、スピルバーグとかアメリカの娯楽作品に共通する設定が流れてます。

片田舎で、ちょっと文系な趣味(読書好き、パソコン好きとか)を持つ人が、みんなから変わってると言われてるという設定。

44歳のいまだからわかるけど、子供のころに周囲と同じだっら、大人になっても凡庸になります。子供の頃に創造性を発揮できる環境にいた子のほうが大成しているような気がします。

この主人公のように、本をたくさん読めば、広い世界に興味を持つようになりますが、本を読まないと、田舎の狭い世界の価値観(結婚して家を買って子供をたくさん作って幸せな家庭を作ることが夢)に染まります。

本を読んで育った子は狭い価値観の周囲に同調されることを嫌悪し、より広い世界に旅立ちたいと思う気持ちが強くなります。

僕もいまだに広い世界に出たいと思ってるので、そんな主人公にとても共感しました。

 

 

おっと、脱線しました。

 

 

 

とにかく、こういったプロの仕事を目の当たりにして、刺激を受けるっていいことです。

 

偉そうなこというけど、妖怪ウォッチやプリキュアもいいけど、たまにはお子さんにもこういう「本物」を見せてあげたほうがいいかと思います。

 

 

 IMG 0669

 

 

それと、ビジネスパーソンのお父さん・お母さんにも大変刺激になると思います。

劇団四季という企業の戦略を体感し、ビジネス感覚を刺激するからです。

 

劇団四季は、優良企業としていろいろなメディアに取り上げられています。

劇団といえども企業論理で経営する代表の浅利慶太氏の経営手腕はビジネス界でも広く知られるところです。

古いですが1998年の日経ビジネス(1998.11.23)の記事からの抜粋です。

 

劇団四季の成長の大きな理由は、企業や自治体の資金援助に頼らず、「自らの演劇活動でメシが食える」仕組みを実現するため、市場開拓(顧客の獲得)、製品開発(完成度の高い演目)等の企業努力を地道に取り組んできたことにある。

 

①市場開拓(顧客の獲得)

・積極的な地方巡業公演による地方の顧客の獲得

・常設劇場を全国に展開

・会員組織「四季の会」による顧客の囲い込み、リピーターの獲得

 

②製品開発(完成度の高い演目)

・俳優を品質を高く維持するため、俳優の育成強化

 →充実した設備の自前の稽古場、工房

・場数を踏まし俳優を鍛える場としての地方巡業

 

 

あと、2009年の浅利慶太氏のインタビューを抜粋。

日経ビジネス(2009.3.23)より

 

・劇団は、掲げられた理念を信じるメンバーの団結が基本にある集団です。

 

・劇団四季の作品に共通するテーマは「生きていることの感動」です。人生は生きているに値するものだというメッセージがなければ、劇団四季の作品ではありません。

 

・我々は社会に帰属し、社会の恵みから利益を得ています。劇団四季の舞台をご覧になったお客さまの人生を豊かにすることが、唯一の恩返しだと思います。

 

・経営の合理性だけを追求するのではなく、企業が社会に何を与えたのか、与えられるのかを考え、行動すべきではないでしょうか。そう考えれば安易に人は減らせないはずです。

 

 

芸術性とマーケティングを両立した劇団四季という会社がどういうものなのか、劇団四季の舞台を観るとこは、必ずビジネスマインドを刺激すること間違いなしです。

 

 

 

「そうはいっても、ミュージカルなんて。。。」

「登場人物が急に歌い出すじゃん。あれって、なんか抵抗あるし、見てる方が恥ずかしくなるんだよね」

 

 

その気持ち分かります。

でも、アナ雪で、そのミュージカル特有の恥ずかしさも、慣れたんじゃないですか?

 

 

 

食わず嫌いならば、1度は観に行くべしです。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

  

PS.今まで観た劇団四季の舞台のブログ

 

 

CATS (2013.1.5)

http://tatsuya1970.com/?p=781

 CATS

 

マンマ・ミーア (2010.6.5)

http://tatsuya1970.com/?p=320

1275818644

 

人間になりたがった猫  (2009.7.19)

http://tatsuya1970.com/?p=140

 1248035071

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

『はだしのゲン』を読んで 〜戦争を起こさないためには情報弱者にならないこと

  8月です。   広島人にとって、8月6日は特別な日です。 8時15分という時刻を知らない

記事を読む

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 2018」の5日目の記事を兼ねてます

記事を読む

GEEK NIGHT 広島

    2017年12月9日18時〜21時 GEEK NIGHT広島というイベントを開催しまし

記事を読む

巨大クロネコ出現 in 広島

    広島駅地下街を歩いていると、   ひとだかりが。。。       なんだこれは?     巨

記事を読む

ノーベル平和賞受賞者世界サミット 平和アピール

ノーベル平和賞受賞者世界サミットは今日で終了。 平和記念公園で献花とスピーチ、最終宣言が行われ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355203総閲覧数:
    • 61今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑