*

漫画『惡の華』は『ノルウェーの森』に匹敵する純愛物語だと思う

公開日: : , 漫画 , , , , ,

 

さえない中学生の男の子が、魔が差して、憧れのクラスメートの女子の体操着を盗んでしまいます。その様子を見てた別の女子が、このことをばらされたくなかったら、私の言うことを聞けと脅迫します。

 

こんな感じではじまる変態思春期漫画としての側面で有名な「惡の華」を一気に全巻読みました。

 

 

惡の華(1)
惡の華(1) 押見修造講談社 2010-03-17 売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

by G-Tools 惡の華(2) 惡の華(3) 惡の華(4) 惡の華(5) 惡の華(6)

 

たしかに、6巻までの前半は変態思春期漫画としてぶっ飛んだ内容で一気に突っ走りますが、7巻からは一転して、贖罪、再生の静かで深淵な純愛物語にがらっと代わり、深い感動を呼ぶ素晴らしい作品に仕上がってます。

 

あえて例えると、

村上春樹の「ノルウェーの森」のような喪失感と再生感が同居した純愛物語であり、「エヴァンゲリオン」「スタンドバイミー」のように、少年が思春期の冒険を経て大人になっていく成長物語といえます。

 

もちろん、前半の変態部分があってこその後半の感動ですので、1巻から読まないとこの素晴らしさは理解できないでしょう。

変態描写に嫌悪感を持つ人もいるかもしれません。しかしそれがラストの感動のつながっています。

最初は普通の少年少女を演じていた登場人物たちが、1人の少女に振り回されながら、もがき苦しむなかで、本当の自分でいることの大切さに気づく一方で、現状を変えることができない絶望感に陥ります。世界を変えることはできない、現実と折り合いをつけるために、過去と向き合い、生きることは何なのか、人を愛するということは何なのかを問う後半の再生の物語が、素晴らしい感動を呼びおこします。

 

 

多分、思春期には誰もが思います。

自分とは何者なのか?

自分は特別の存在であり続けたい。

このまま普通の人生を送りたくない。

自分は普通のやつらと違う。

 

そういって、聞いたこともない外国人のバンドのファンになったり、

理解できないのに難しい本を読んだり、

奇妙なファッションに身を包んだり、

ついつい背伸びをし、自分は特別なんだと、周りの人間を心の奥底で見下すようになります。

 

主人公の春日くんは、ボードレールの「悪の華」を擦り切れるまで読む文学少年でした。後に苦行のような読書といってました。

「この町でボードレールなんか読む奴はいない。僕は特別なんだ」

僕もそんな春日くんの気持ちは痛いほどわかります。

 

そこへ、破天荒な女の子仲村さんと出会います。最初は、体操服を盗んだという弱みを握られた隷属関係だったのですが、その関係を続けるうちに普通ではない仲村さんに惹かれていき、このクソムシだらけの世界から逃げたいという奇妙な同士関係になり、一気にカタルシスまで突っ走ります。

結局、この町を変えることはできず、自らの命を絶つこともできず、彼らの小さな革命は失敗に終わります。

 

 

で、3年経ち、後半になるのですが、

こういった前半のエピソードを回収していきます。

ここからのエピソードは静かですが、とても深いです。

新たなヒロイン常盤さんの存在が、どうしようもないこの鬱な物語を希望の物語へ持っていきます。

常盤さんはスクールカーストの最上級でリア充を謳歌してるように見えますが、みんなには隠してるけど本当は文学少女で、同じ文学少年の主人公と意気投合します。

常盤さんは、本好きの自分を理解しないであろうリア充の友達グループから、別の世界へ連れ出してくれる可能性のある主人公に惹かれていきます。

この常盤さんとのやりとり、自分が本当に好きなもので意気投合できる相手ができることが、とても羨ましく思い、思春期のトキメキを思い出しました。

 

この常盤さんの存在のおかげで、人間は特別でなくてもいい、普通でもいい、ただ周りに同調するのではなく、本当の自分というもので社会と折り合って生きて行くことの素晴らしさを主人公は知ります。

 

最終巻の、主人公と常盤さんが、仲村さんと対峙する場面は、漫画の神様が降り立ったかのような素晴らしい描写です。

読んでで、無我夢中で、我を忘れるほどでした。

 

変態な面だけがクローズアップされがちな作品ですが、これほどまで思春期から大人になるということに深い洞察力をもった漫画は読んだことはありません。

 

『ノルウェーの森』にも匹敵する純愛物語だと思います。

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

平社員のときはエースだったのに、、、 上司からも同僚からも「仕事ができるヤツ」だとチヤホヤされてた

記事を読む

ノマド化する時代

私が住んでる広島という地方の田舎都市にも、この前、H&Mがやってきました。 みんな待ち通しかったの

記事を読む

企業が「帝国化」する  〜アップル、マクドナルド、エクソン 新しい統治者たちの素顔

今さらながら、ジャレド・ダイヤモンドの名作、ピューリツアー賞受賞作「銃・病原菌・鉄」の上巻を読み終え

記事を読む

ノマドワーカーという生き方

昔、私はスズキの四駆「エスクード」という車に乗ってました。 その「エスクード」の中に「ノマド」とい

記事を読む

『フリー〈無料〉からお金を生み出す新戦略』を読んで

  「ブラックスワン」以来、久しぶりにビジネスマインドを刺激させられる本を読

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 342635総閲覧数:
    • 112今日の閲覧数:
    • 153昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑