*

ヒューゴの不思議な発明

公開日: : 最終更新日:2018/05/06 映画感想文 ,

「ジョジョの奇妙な冒険」
じゃなくて
「ヒューゴの不思議な発明」
を観た。
現存する世界最高峰の映画監督マーティン・スコセッシが、初めて3DCGに挑戦したという話題の作品だ。
あのスコセッシが3DCGをどう使うのか興味深い。

さて、この映画、
予告編から感じるアドベンチャーやファンタジーを期待しないほうがいい。
とても地味なヒューマンドラマだからだ。
ひとことでいうと
マーティン・スコセッシ版「フィールド・オブ・ドリームス」
もしくは
マーティン・スコセッシ版「ニューシネマ・パラダイス」
という表現がまっさきに浮かんだ。

古き良き映画への郷愁とリスペクト、映画への愛がいっぱいに溢れている。
それを単なる郷愁ではなく、無声映画に最新の3DCGをたっぷりと、さりげなく施し、映画創世記を切り開いた人たちへのリスペクト、そして今も昔も映画はイノベーター達のたゆまぬ好奇心、冒険心によって進化し続けているということを若い世代へ語りかけてるかのようだ。

主人公は時計職人。
なので、歯車がたくさん出てくる。
僕は「歯車」という言葉からはすごくネガティブな印象を受ける。
チャップリンのモダンタイムスしかり、
「会社の歯車」って使い方するように。
しかしこの映画から受ける「歯車」の印象はまったく違う。
あのカチカチという音からどことなく懐かしさと温かさを感じる。
ヒッチコックばりの時計台のシーン。
サスペンスなシーンなんだけど幼少のころ感じた冒険心を刺激する。
これがサーバーだらけのコンピュータ室のシーンだと無機質で冷淡な印象しか感じないんだよね。

主人公はこんな感じのことを言ってた。

機械の部品の1つ1つには目的がある。
人間だって同じだ。
何か目的があるために産まれてきた。
目的を忘れた人間は哀しい。

歯車という言葉をネガティブに捉えるのはやめよう。
僕たちは社会の歯車だ。
それが、どうした。
歯車で何が悪い。
僕たちには必ず何らかしらの目的がある。
1人として意味のない人間はいない。

しかし、
目的を忘れた人間
目的を探そうとしない人間
は、空虚だ。

だから、僕は今でも何かを探し続けている。
それが何かはいまだに分からないけど。。。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

最強のふたり

このブログでは、いつも難しそうな本の話題ばかり書いてますけど、実は私は結構マンガ好きだったりします。

記事を読む

30年ぶりのマッドマックスの新作「怒りのデスロード」から生きる勇気をもらう

          30年ぶりのマッドマックスの新作を観ました。   「怒りのデスロード」   この

記事を読む

ホビット 竜に奪われた王国

この世の中にファンタジー映画はたくさんありますが、 いまだに私の中では『ロード・オブ・ザ・リング』

記事を読む

no image

歩いても歩いても

世間は盆休みモードで、田舎に帰省している人も多いことでしょう。 盆休みの雰囲気を感じる中、 ふと、以

記事を読む

映画『沈黙‐サイレンス‐』を自分を含めた全てのダメ人間とプライドに囚われた全ての人間に捧げる。

      ネタバレあり     昨日、居酒屋で隣のカップルがこんな会話をしていた。 「外国人と日本

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

映画『ガンジスに還る』を観てバラナシの思い出に浸る

    正月休み、暇してたので映画でも観ようと、 広島市内で上映してい

IoTを学ぶ第1歩にオススメの本『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部分かる教科書』について

    個人的な印象ですが、昨年1年間を振り返ってみると、新聞やニュー

Tatsuya’s Blog 年間アクセスランキング 2018

今年を振り返る自己満足企画最終回       今回は、Tatsuya

Tatsuyaの2018年ベスト映画

  今年を振り返る自己満足企画第2弾。   今度は、映画編です。  

Tatsuyaの今年よく聴いた曲2018

    2018年もあと僅か。 年末恒例のTatsuyaの今年を振り返

→もっと見る

    • 355208総閲覧数:
    • 66今日の閲覧数:
    • 545昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑