*

ヒューゴの不思議な発明

公開日: : 最終更新日:2018/05/06 映画感想文 ,

「ジョジョの奇妙な冒険」
じゃなくて
「ヒューゴの不思議な発明」
を観た。
現存する世界最高峰の映画監督マーティン・スコセッシが、初めて3DCGに挑戦したという話題の作品だ。
あのスコセッシが3DCGをどう使うのか興味深い。

さて、この映画、
予告編から感じるアドベンチャーやファンタジーを期待しないほうがいい。
とても地味なヒューマンドラマだからだ。
ひとことでいうと
マーティン・スコセッシ版「フィールド・オブ・ドリームス」
もしくは
マーティン・スコセッシ版「ニューシネマ・パラダイス」
という表現がまっさきに浮かんだ。

古き良き映画への郷愁とリスペクト、映画への愛がいっぱいに溢れている。
それを単なる郷愁ではなく、無声映画に最新の3DCGをたっぷりと、さりげなく施し、映画創世記を切り開いた人たちへのリスペクト、そして今も昔も映画はイノベーター達のたゆまぬ好奇心、冒険心によって進化し続けているということを若い世代へ語りかけてるかのようだ。

主人公は時計職人。
なので、歯車がたくさん出てくる。
僕は「歯車」という言葉からはすごくネガティブな印象を受ける。
チャップリンのモダンタイムスしかり、
「会社の歯車」って使い方するように。
しかしこの映画から受ける「歯車」の印象はまったく違う。
あのカチカチという音からどことなく懐かしさと温かさを感じる。
ヒッチコックばりの時計台のシーン。
サスペンスなシーンなんだけど幼少のころ感じた冒険心を刺激する。
これがサーバーだらけのコンピュータ室のシーンだと無機質で冷淡な印象しか感じないんだよね。

主人公はこんな感じのことを言ってた。

機械の部品の1つ1つには目的がある。
人間だって同じだ。
何か目的があるために産まれてきた。
目的を忘れた人間は哀しい。

歯車という言葉をネガティブに捉えるのはやめよう。
僕たちは社会の歯車だ。
それが、どうした。
歯車で何が悪い。
僕たちには必ず何らかしらの目的がある。
1人として意味のない人間はいない。

しかし、
目的を忘れた人間
目的を探そうとしない人間
は、空虚だ。

だから、僕は今でも何かを探し続けている。
それが何かはいまだに分からないけど。。。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

タンタンの冒険を観ました。 スピルバーグとピーター・ジャクソンの夢の共演。 いかにもスピルバーグって

記事を読む

借りぐらしのアリエッティ

久しぶりにジブリ作品を観た。 ひとりぐらしのアリエッティ もとい その日暮らしのアリエッテ

記事を読む

ブッシュ

昨日に引き続き、911関係の映画を見た。 オリバー・ストーンの「ブッシュ」(原題は「 W.」)

記事を読む

ネコを探して

フランスのドキュメンタリー映画 予告編の「ネコかわいい」っとした雰囲気とは違い、ピリっと皮肉のきい

記事を読む

映画『スリー・ビルボード』を観て

    池に石を投げると、波紋が広がるように、 行動を起こせば、何かが起こる。 誰かに会えば、何かが

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってきた

        先日、「チームラボ 広島城 光の祭」に行ってき

映画「アリータ: バトル・エンジェル」を観た

          日本の漫画「銃夢」のハリウッド映画版の「アリータ:

iPhone X バキバキに割れた

    先日、自分のiPhone Xの画面を割ってしまった。  

40代中年文系オッサンの IoTへの道(その5)~ラズベリーパイとGrovePiで、温湿度データをGoogleスプレッドシートに保存する。

    IoTを理解するために、「実際に作って見るべ」といろいろ試して

2週間後にVJをやらざるを得なくなった時に読むブログ(TouchDesignerでVJに挑戦)

  たった2週間でVJだと。 VJ舐めんな。 Touch Design

→もっと見る

    • 403660総閲覧数:
    • 203今日の閲覧数:
    • 1699昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑