*

リーマンショックから5年目の雑感

公開日: : 最終更新日:2016/01/10 雑感 , ,

今から5年前
2008年9月15日
リーマン・ブラザーズが破綻し、世界的な金融危機が起こりました。
それにちなんで、ちょっとダラダラ雑感。


人類は、自然をコントロールしようと、文明を発達させました。
しかし、それは諸刃の剣でもありました。
スピルバーグが映画化したマイケル・クライトンの「ジェラシック・パーク」にカオス理論というのが出てきます。
学術的なことはよく分かりませんが、ほんのちょっとした初期値の違いで、結果はまったく予期できない事態が起こるのだとか。
なんか、そんな感じだったと思います。(違ったら、誰か教えて)
絶滅した恐竜を現代に甦させたのですが、カオスなこの世の中では、科学者的にはコントロールできたはずの恐竜たちが制御不能になり、人間を襲い始めます。

ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン,Michael Crichton,酒井 昭伸

早川書房
売り上げランキング : 128142

Amazonで詳しく見る by AZlink

原子力発電所は人類の叡智が詰まってます。
不安定なウランやプルトニウムを自在にコントロールすることで、莫大なエネルギーを生み出してます。
しかし、ひとたび想定外なことが起こると、破滅的な事態を招きます。
抗生物質を摂取すればするほど、伝染病に罹りやすくなるといわれます。
潔癖すぎると、バイキンやウイルスに弱くなります。
このように
変化の少ない環境、つまりボラティリティの小さい環境を作ろうとすれば、
ちょっとしたことで、想定のしない破滅的なことが起こるのです。

経済もそう。
我々は変動を嫌い、リスクをもコントロールすることができると思い、ここまでの文明を発達させました。
しかし、コントロールすればするほど、ちょっとしたことで、制御不能な壊滅的なことが容赦なく襲ってきます。
統計の話、リスクの話になると、正規分布のベル型カーブがでてきます。
しかし、実際にはこの世は正規分布のベル型カーブの中では捕らえきれません。
その外の世界「ベキ乗」の世界で成り立っています。
ブラックマンデーは、宇宙の一生が数十億回繰り返してやっと1回起こるほどの確率だそうです。
でも、起こりました。
こういう事象のことをナシーム・ニコラス・タレブは「ブラック・スワン」と名付けました。
何千年もの間、白鳥はすべて白いというのが当たり前でしたが、黒い白鳥が発見され、今までの定説は完全に覆さたことから、あるはずのないことを黒い白鳥「ブラック・スワン」に例えたのです。

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質 ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ,望月 衛

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 23660

Amazonで詳しく見る by AZlink

過去ブログ「ブラックスワン」
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=2318133

人類の歴史はリスクに挑戦する歴史でもありました。
それは神々への反逆の歴史でした。
それは、ピーター・バーンスタインの「リスク」で描かれています。
おかげで、私たちは安心して枕を高くして眠ることができるのです。

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫) リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
ピーター バーンスタイン,Peter L. Bernstein,青山 護

日本経済新聞社
売り上げランキング : 14298

Amazonで詳しく見る by AZlink

過去ブログ「リスク―神々への反逆」
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=3561724

しかし、私たちが安心といってるのは、ボラティリティが低いということであって、
リスクがゼロということではありません。
ひとたび、想定外のことが起こると、壊滅的なことが起こります。
それが、リーマンショックでした。

今やフラット化されたこの世界では、情報は一瞬で世界を駆け巡ります。
そのためかどうか、天文学的な確率で起こるはずのブラックマンデーやリーマンショック級の金融危機のおこる周期が短くなっているように感じます。
制御すればするほど、危機も起こりやすくなっています。
それも大規模な危機が。。。

そうはいっても、
我々人類の根底を支配しているのはアニマルスピリットです。
そして、我々人類はGREED(強欲)です。
映画「ウォール街」のゴードン・ゲッコーは言います。
GREED is GOOD
だと。
我々の持つそのGREEDな性質が、人類を発展させたのも事実です。

ウォール街〈特別編〉 [DVD] ウォール街〈特別編〉 [DVD]
マイケル・ダグラス,チャーリー・シーン,ダリル・ハンナ,スタンリー・ワイザー,オリバー・ストーン

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
売り上げランキング : 119666

Amazonで詳しく見る by AZlink

アニマルスピリット アニマルスピリット
ジョージ・A・アカロフ,ロバート・シラー,山形 浩生

東洋経済新報社
売り上げランキング : 70143

Amazonで詳しく見る by AZlink

過去ブログ「アニマルスピリット」
http://pub.ne.jp/TakeTatsu/?entry_id=2998779

だから、我々には何もしないという選択肢はありません。

鮫は泳ぎ続けるしかありません。
レミングの群れは、死ぬまで走り続けるのです。

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

北野唯我さんのブログ記事「凡人が、天才を殺すことがある理由」を読んで

                  北野唯我さんのこのブログ記事に共感したので、雑感。     凡

記事を読む

シリア難民についての戯言

  Hassan Saad, 13, who fled Idlib in Syria, flash

記事を読む

2011年を振り返って

今年もあと数時間を残すのみ。 Tatsuyaの今年を振り返るシリーズの最後に、重大ニュースで締めく

記事を読む

《空想小説》20年後のデジャブ

        早朝、イスラム教の礼拝を呼びかけるアザーンの音で目がさめる。 ここはグリーンランドの

記事を読む

オリンピック2020年東京開催決定をうけての雑感

2020年のオリンピックが東京に決まりました。 おめでとうございます。 さて、今日は、オリン

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

ベルリンをブラタツヤ(観光編2)

      7月初旬にベルリンに行ってきました。   目的はTOAとい

ベルリンをブラタツヤ(観光編1)

  7月初旬にベルリンに行ってきました。   目的はTOAというヨーロ

ベルリンをブラタツヤ(グルメ編)

7月初旬にベルリンに行ってきました。 目的はTOAというヨーロ

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その3:最終日とツアー全体の感想)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーンさん主催

TOAオフィシャル視察ツアー2019(その2:TOA)

  2019年7月2日(火)~7月5日(金)に、インフォバーンさん主催

→もっと見る

    • 633500総閲覧数:
    • 183今日の閲覧数:
    • 351昨日の閲覧数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑