*

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

 20180226215211

 

 

「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。

 

一言で言うと、

 

ヒュー・ジャックマンのためのヒュー・ジャックマンな映画。

ディズニーがアニメでしたことを人間でしたらこうなる。

究極のリア充映画。

中身がない。

 

って言葉が浮かぶ。

 

 

 

しかし、中身がないんだけど、

一瞬たりとも目が離せない。

上映時間1時間45分があっというま。

 

なぜ、こんなの中身がないのに、面白いのだろう。

圧倒的なダンスと楽曲、そして愛すべきキャラクター、テンポの良い展開で、

中身がないことなんて、どうでもよくなる。

 

サウンドトラックに捨て曲がなく、ノンストップでPVを見るって感じ。

 

ダンスシーンはマジですごい。

特にロープのところ。

 

とってつけたような、多様性へのメッセージだが、嫌味はなく、

思春期にみたら絶対元気づけられたと思う。

 

 

と、中身がない・中身がないと連発したが、

最後の最後に出てくる主人公バーナムの引用にハッとした。

(バーナムが実在の人物ってのにも驚いた)

 

ここまで中身のない俗っぽいものを見せた挙句、この引用かよと唸った。

 

傑作「バードマン」でもテーマになった、結局、芸術って何よってこと。

バーナムの興行は見世物小屋で、俗っぽいものかもしれないが、観客はみんな笑顔で会場から出てくる。

 

映画だってそれでいいんじゃないか。

 

近年のアカデミー賞は、実際にヒットした映画は完全に無視されており、世間と乖離している。

 

考えすぎかもしれないけど、

この映画は、バーナムという実際のグレイテスト・ショーマンの話を通じて、小難しくなったアカデミー賞などの権威へのアンチテーゼなのかもしれない。

 

 

 

中身がない?

だからどうした。

俺の映画をみたあとは、みんな笑顔になって出て行くぜ。

 

ってヒュー・ジャックマンの声が聞こえてきそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

「アナと雪の女王」を観て思う ありのままに生きることの大切さと責任の重さ、そして真実の愛

    (ネタバレ注意) 世界中で大ヒットの『アナと雪の女王』を観ました。

記事を読む

キャプテン・フィリップス

「海賊王に、俺はなる」 (モンキー・D・ルフィ) 「俺は、俺の旗の下に、自由に生きる」 (宇宙

記事を読む

no image

41歳のオッサンが見た「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の感想

今夜の金曜ロードショーはエヴァンゲリオン。 私は 顔はオタクっぽいので、バリバリのエヴァ信者と思われ

記事を読む

刺激を受け続けると鈍感になる 〜『ホビット 決戦のゆくえ』を観て

    人間、刺激を受け続けると、慣れるものです。 最近の映画は特殊

記事を読む

ハート・ロッカー

今年のアカデミー賞作品賞の「ハート・ロッカー」を観た。 さすが、アカデミー賞受賞作。 見ごたえた

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

JR山陽本線 広島・岩国間の駅名を「高輪ゲートウェイ」のようにカッコよくしてみた

  今回のブログは「そこは広島 Advent Calendar 201

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

        11月24日、偶然にもフレディー・マーキュリーの命日

台北をブラタツヤ(その2:観光編)

  Maker Faire 台北 に出展するため、台北にやってきました

台北をブラタツヤ(その1:グルメ編)

    Maker Faire 台北に出展するため、台北にやってき

「Maker Faire 台北」に出展しました(エピローグ:MF台北からNT広島へ)

    その3からの続き     Maker Faire 台北 が終わ

→もっと見る

    • 344233総閲覧数:
    • 141今日の閲覧数:
    • 203昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑