*

ハゲタカ

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 映画感想文

小説、ドラマは見てませんが、
友人から「金融マンなら必ず見るべし!」と言われたので観に行きました。
中国の政府系ファンドが日本の自動車メーカーの買収を画策。
それを阻止するホワイトナイト。
っていう話なんですが、
経済のことに疎くても ついていける痛快娯楽作品であると同時に、
プロの鑑賞にも耐えられるのではないかと思うほどの完成度です。
それに、派遣労働者の実態をからめることで、話に厚みをもたせ、
現代日本を多角的にとらえた社会派作品でもある。
派遣労働者の若者と中国人ファンドマネージャーのやりとりは、
モノのように扱われ生きる希望をなくした若者に対して「目を開け」と訴える。
今まで、経済関係のドラマって、ウソっぽいのが多かったけど、
本作のようなことは、現実に起こってもおかしくないし、
(最近ではラオックスの件が記憶に新しい)
登場人物がみんな本職と思えるような雰囲気を醸し出しており、
(特に主人公と嶋田久作はまさに適役!)
映画の世界にすんなりと入っていけました。

なお、本作で気に入ったセリフ。
「Greed is Good の時代は終わった。」
「私はただのファンドマネージャーです。」
(社長に経営不振を批判した後、社長から「あなたなら、どうしたんですか?」と問われた時の回答)
「この世には2種類の人間がいる。
金が無くて不幸な人間。 そして、金があって不幸な人間。
金は人間を不幸にする。」

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のディカプリオの迫真の演技に人生にサバイブすることを教わる

          レオナルド・ディカプリオが初めてオスカーをとった話題の映画「レヴェナン

記事を読む

遺体 明日への十日間

明日で震災から2年が経ちます。 お亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

記事を読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート

(注意)ネタバレあり マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の 「ウルフ・

記事を読む

おくりびと

アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」観ました。 地味な題材ながら、笑いあり、涙ありのと

記事を読む

no image

ジャンゴ 繋がれざる者

久しぶりのタランティーノ映画 「ジャンゴ」を観た。 今回も相変わらずの血のりたっぷりのタラノンテ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

エストニアの電子国家の住民になりました!!

      先日のブログの続き、   2018年4月9日 私は、東京の

新国立競技場(建設中)周辺をブラタツヤ

  2018年4月9日。 ある用事のために、銀座線外苑前を降りる。  

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観て

          今年のアカデミー賞作品賞を受賞した 「シェイプ・

映画って楽しければいいじゃん 〜「グレイテスト・ショーマン」を観て

      「グレイテスト・ショーマン」という映画を観た。   一言で

【備忘録メモ】第26回八子クラウド座談会「こんなに進んでいるFintech!完全キャッシュレス時代に突入!」レポート

     4月7日(土)、このイベントに参加しました。   八子クラウ

→もっと見る

    • 282782総閲覧数:
    • 145今日の閲覧数:
    • 209昨日の閲覧数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑