*

ハゲタカ

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 映画感想文

小説、ドラマは見てませんが、
友人から「金融マンなら必ず見るべし!」と言われたので観に行きました。
中国の政府系ファンドが日本の自動車メーカーの買収を画策。
それを阻止するホワイトナイト。
っていう話なんですが、
経済のことに疎くても ついていける痛快娯楽作品であると同時に、
プロの鑑賞にも耐えられるのではないかと思うほどの完成度です。
それに、派遣労働者の実態をからめることで、話に厚みをもたせ、
現代日本を多角的にとらえた社会派作品でもある。
派遣労働者の若者と中国人ファンドマネージャーのやりとりは、
モノのように扱われ生きる希望をなくした若者に対して「目を開け」と訴える。
今まで、経済関係のドラマって、ウソっぽいのが多かったけど、
本作のようなことは、現実に起こってもおかしくないし、
(最近ではラオックスの件が記憶に新しい)
登場人物がみんな本職と思えるような雰囲気を醸し出しており、
(特に主人公と嶋田久作はまさに適役!)
映画の世界にすんなりと入っていけました。

なお、本作で気に入ったセリフ。
「Greed is Good の時代は終わった。」
「私はただのファンドマネージャーです。」
(社長に経営不振を批判した後、社長から「あなたなら、どうしたんですか?」と問われた時の回答)
「この世には2種類の人間がいる。
金が無くて不幸な人間。 そして、金があって不幸な人間。
金は人間を不幸にする。」

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

no image

第9地区

いやー、すごい映画だった。 映画の始まりから終わりまで、息をつかせぬとはこのこと。 多少グロいシーン

記事を読む

野村萬斎が満載の映画「花戦さ」を観て

              野村萬斎祭りという感じの、野村萬斎が満載な映画「花戦さ」を観た   映

記事を読む

闇の列車、光の旅

ホンジュラスからアメリカへ、よりよい暮らしを目指して、列車の屋根に乗って旅する少女。 どうすること

記事を読む

no image

スター・ウォーズ エピソード1 /ファントム・メナス 3D

昨今の3D映画ブームですが、 ついにいよいよ、あのスターウォーズが、3Dでやってきました! それを記

記事を読む

少女は自転車に乗って

「少女は自転車に乗って」という映画を観た。 自転車を買うために奔走する女の子のお話。 それって、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

「IoT Conference 2018 デジタライゼーションの未来」 備忘録メモ

  6月15日に、このイベントに参加しました。   IoT Confe

映画『万引き家族』を観て(ネタバレあり)

        (注意)ネタバレあり     カンヌ映画祭でパルムド

「InaHack 2018 1st Session “ideathon”」に参戦!

  6月16日・17日と、長野県伊那市で開催された「InaHack

香港をブラタツヤ(2018.05)

  今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 そのシリー

成都をブラタツヤ(その3:パンダづくし)

   今年のゴールデンウィークは中国をブラブラしてきました。 その記録

→もっと見る

    • 306108総閲覧数:
    • 148今日の閲覧数:
    • 372昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑