*

映画『デッド・ドント・ダイ』を観て 〜行き過ぎた物質文明の先は「デウス・エクス・マキナ」しかないのか?

 

80年代後半から90年代前半、私が大学生の頃、映画通と呼ばれるひとたちは、ジム・ジャームッシュ、ヴィム・ベンダース、アキ・カウリスマキなどの映画を観ていたように思う。

 

私も映画通を自認してたので、背伸びした。

今考えると、無理矢理観ていたようだったし、今振り返ってみると、内容をさっぱり覚えてない。

 

 

そんな映画通好みのジム・ジャームッシュがゾンビ映画を作るだなんて、それだけですごく興味をそそられた。

 

それが、『デッド・ドント・ダイ』だ。

106374477 3100574029991110 7081045764037362592 n

 

今回も私の感性が幼いのか、何がいいたいのか、よく分からなかった。

多分、1年後には心に残ってないと思う。

 

この映画のゾンビは物質文明に魂を抜かれた現代人のメタファーらしいが、同じ物質文明を皮肉った『ファイト・クラブ』のような真面目さガチンコさはなく、テーマはどこかとってつけた感がある。

 

UFOが現れたり、主人公がこの映画自体が映画の撮影であることをほのめかすなど、随所にかつて古代ギリシャで物語が破綻するときに絶対神が出てきて物語を収束させる手法「デウス・エクス・マキナ」を感じさせる。

 

もう収束のつかない我々が生きている物質文明は、「デウス・エクス・マキナ」でしか解決できないという開き直りなのだろうか。この社会はコメディにして笑うしかないのだろうか。

 

106172364 3100574019991111 7307141518052245204 n

 

 

 

と、あまり深く考えないほうがいいと思う。

ジム・ジャームッシュが、気心知れた仲間と学生のノリでゾンビ映画を作った。

 

それで十分ではないか。

 

 

 

 

個人的には、日本刀でゾンビを切りまくるティルダ・スウィントンのキル・ビルを彷彿とさせるキャラクターがツボだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ad

    この記事が気に入りましたら、ぜひTwitter、facebookボタンをお願いします。
    ブログを書くモチベーションになります。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事が良かったらビットコインで寄付をお願いします。
ビットコイン投げ銭ウィジェット



関連記事

Tatsuyaのベスト映画2016

   今年を振り返る自己満足企画第4弾。 今度は映画編です。 今年は14本

記事を読む

遺体 明日への十日間

明日で震災から2年が経ちます。 お亡くなりになられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

記事を読む

Tatsuyaのベスト映画2013

今年を振り返る自己満足企画第3弾。 今度は映画編です。 今年は14本の映画を劇場で観ました。

記事を読む

no image

ヒックとドラゴン

「周りと違うSTRANGEな少年が、動物との冒険とともに成長していく物語」 というハリウッド娯楽映画

記事を読む

チェ 39歳別れの手紙

チェ・ゲバラの映画第2弾。 今回はボリビアでのゲリラ活動、そして銃殺されるまで。 ボリビアでのチ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

【備忘録】ZoomでPCの音を共有する方法

個人的備忘録です。 Zoom  で、動画を共有したときの音声を共有の

Free > Innovation 〜分解のすすめ第2回 「見て考えるべし 見てない人は妄想が多い」を見て

  2ヶ月も前の話になりますが、6月にこのオンラインセミナーを見た。

50歳になった記念に「自分の人生オールタイムベスト50映画」を発表します

          先日、50歳になった記念に「自分の人生とともにあっ

VRMファイルのアバターで格ゲーができる神ゲーム「VRAST!」に自分のリアルアバターで参戦!

    神ゲーム発見!   VRAST! https://rc-cob

N88-BASICで「Go To キャンペーン」

        いよいよ、7月22日から「Go To キャンペーン」

→もっと見る

    • 1040822総閲覧数:
    • 154今日の閲覧数:
    • 512昨日の閲覧数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年4月29日カウント開始日:
PAGE TOP ↑